【Excel】VLOOKUP関数の使い方

Excelでたくさんある商品リストを表にまとめている場合、必要なデータを目視で探し出すのは大変な作業です。今回はそんな作業を一瞬でこなすVLOOKUP関数の使い方をご紹介します。

VLOOKUP関数はExcelの関数の中でも計算を行わない、検索系の関数です。たとえば、扱っている商品の点数が数千点以上にもなる場合、目で追って商品の情報を見つけるのは難儀である上、ミスを誘発しがちです。顧客名簿から住所を取り出す場合も同様です。

このような時、VLOOKUP関数を使えば、必要な情報が簡単に手に入ります。
以下に、使い方をご紹介しましょう。

VLOOKUP関数の構文

列も行もたいへんに長い表を想像してみてください。商品IDから商品名と単価を取り出すことができるのが、VLOOKUP関数です。

VLOOKUP関数の構文は次のように、四つの部分から成り立っています。

=VLOOKUP(検索値, 範囲, 列番号, 検索の型)

()の中を引数といいます。VLOOKUP関数では、四つの引数を指定しなければなりません。

[検索値]……どのデータで
[範囲]……どこを検索して
[列番号]……どの列にある値を取り出すか
[検索の型]……検索する値が見つからない場合、どう処理するか

以上を指定します。検索の型はTRUEかFALSEですが、たいていの場合はFALSEを指定しておけば大丈夫です。

VLOOKUP関数を入力する

まずセルA3に探したい商品IDを入力しておきます。このセルが上で説明した引数の「検索値」になります。
ここで注意点がひとつ。検索値の検索対象は表[範囲]の左端の列にしておかなければなりません。2列目や3列目を検索することはできないので、たとえば「商品名」で検索したいなら、表の左端の列を商品名にしておく必要があります。

それでは進めていきましょう。
セルA3を検索値にします。

次にB3にVLOOKUP関数を入力します。関数の引数を入力する画面があらわれるので、それぞれ数値や範囲を指定していきます。

まず関数を入力するセルB3をクリックしたら(下図①)「関数」アイコン(同②)をクリックして、「検索/行列」(同③)から「VLOOKUP」を選択し(同④)、「OK」(同⑤)をクリックしましょう。

関数の引数を入力するダイアログボックスがあらわれるので、検索値の矢印をクリックします。

関数の引数というダイアログに切り替わるので、「検索値」にあたるA3をクリックします。A3が入力されたら、×をクリックしましょう。

次に「範囲」の矢印をクリックします。商品ID、商品名、単価の全範囲を指定し、「×」をクリックします。

「列番号」の場合は、範囲を指定するのではなく、対象となる列が何列目かを手打ちで入力します。今回は商品名が2列目にあるので、「2」を入力します。

検索方法は「0」を手打ちすると、FALSEになります。これでOK。
これで引数の入力を終えたので、「OK」をクリックしましょう。

最後に入力した検索方法は、「1」にするとTRUEに、「0」にするとFALSEになります。求める値がない場合、TRUEだと[検索値]を超えない最大値を表示し、FALSEではエラーを表示します。VLOOKUP関数では、完全に一致する値を探すことが多いため、FALSEを指定したほうが目的に適うことが多いでしょう。

引数を正しく入力すると、B3のセルに該当する商品名が表示されます。
同様にして、C3にもVLOOKUP関数を入力しましょう。引数の入力はほぼ前回と同じで、「列番号」の指定のみ「3」に変えます。

▲前回と同様の手順を踏み、VLOOKUP関数を入力する

以上で、A3セルに任意の商品IDを入力すると、商品名と単価の情報を引き出すことが可能になります。
なお、全体の注意点としては、VLOOKUP関数は指定した範囲を先頭から検索値で検索していきます。そのため、該当するセルが複数箇所あったとしても最初のセルの情報しか表示されません。

より実用的な指定方法

これまでしてきた指定方法は、関数のセルとデータが同一シートにある場合、しかも、情報量が固定している場合の指定方法でした。
実際には、VLOOKUP関数を使うシートとデータシートは別々に分かれている場合が多いでしょうし、データは日々増えていくことでしょう。
そこで、別シートのデータを指定する方法についても見ていきましょう。

1の検索値のセルは、VLOOKUP関数を入力するシートのセルでOKです。
2の範囲の場合は、指定先のシートをデータの入っているシート(この例だと「商品マスタ」)に切り替えます。そして、セル単位ではなく、列単位で指定します。具体的にはAからCの列を指定します。ダイアログボックスの表示は「商品マスタ!A:C」となります。

「範囲」を指定する場合、シートを切り替え、AからCまでを指定します。

「列番号」は前回と同じく「2」を指定します。検索方法も「0」を指定。

「範囲」に別シートの列を指定することでより柔軟になります。

以上で、日々商品数が増えていっても困らないVLOOKUP関数の指定ができました。

この一連の方法を動画にしてみましたので、わかりづらく感じた方は動画でも確認してみてください。

慣れるまでは今回の記事をチェックしながら、ゆっくり試してみてください。

インターネットを最大限楽しむには「ビッグローブ光」の光回線がオススメ!

「インターネット回線が遅い」
「インターネット料金が高い」
などのお悩みはありませんか?

安定した速度とリーズナブルな光回線なら、
IPv6接続(IPoE方式)*1で最大1Gbps*2の「ビッグローブ光」がオススメです。

「ビッグローブ光」なら他社の光回線(フレッツ光・コラボ光)をお使いでもお乗り換えはかんたんです。
工事費実質無料、おトクな特典もご用意しています。

 

*1 IPv6に対応していないサービス/サイトはIPv4接続となります。

*2 最大通信速度は光回線タイプによって異なります。最大通信速度はお客さまのご利用機器、宅内配線、回線の混雑状況などにより低下します。

 

ビッグローブ光について詳しく知りたい方は、こちらのバナーをクリック! 

あなたにオススメ

深川岳志

1960年、兵庫県生まれ。大学時代はSF大会(Daicon3、4)の運営にのめり込む。卒業後、編プロを経てITライターに。ショートショートを書くのが趣味。note:https://note.com/fukagawa