パソコンの「OneDrive」とは?使い方をご紹介!

マイクロソフトが提供する無料のクラウドストレージサービス「OneDrive」。いろいろ便利に使えるOneDriveですが、この記事では、OneDriveの概要と基本的な使い方をご紹介します。

OneDriveとは、マイクロソフトアカウントを作ったら無料で使えるクラウドストレージサービスです。写真や動画、文書などのファイルをオンライン上に保存できるので、万が一パソコンが壊れてしまった時でも安心! OneDriveにバックアップしておけば、そこからデータを復旧できます。
この記事では、OneDriveの概要や基本的な使い方をご紹介します。

もうバックアップに困らない!OneDriveとは?

OneDriveとは、マイクロソフトアカウントを作れば無料で利用できるクラウドストレージサービスです。クラウド上に用意されたデータ保存場所に、さまざまなデータを保存することができます。
OneDriveは標準で5GB、Office365を使っているなら1TBまで無料で使えますよ。

こんな時に便利!OneDriveの活用方法

OneDriveはたとえば以下のような活用ができます。

パソコンを買い替えた時にデータを引っ越しさせたい

パソコンを買い替えたら、データを丸ごと引っ越しさせなくてはいけませんよね。でもハードディスクやUSBなどさまざまな場所に保存したデータを移動するのは面倒なもの。
OneDriveならさまざまなデータを一ヵ所にまとめておくことができます。さらに古いOneDriveで保存したデータを、新しいパソコンにダウンロードするだけなのでとても簡単に移動できます。

スマホやタブレットの写真や動画を保存したい時

OneDriveはスマホやタブレットからでも、専用アプリやブラウザを使ってアクセスできます。つい容量いっぱいになりがちな写真や動画も、OneDriveに移動しておけば安心です。
また、スマホで撮影した写真をOneDrive上にアップロードすれば、パソコンからもその写真を見たり保存したりできます。
「スマホやタブレットで撮った写真や動画をパソコンにもバックアップしたい」という悩みを解決してくれる便利なサービスです。

さっそく使ってみよう!OneDriveの設定方法

OneDriveを使うには、事前に設定が必要です。ここではパソコン(Windows10)とスマホ・タブレットでの設定方法をご紹介します。

まずはマイクロソフトアカウントを作ろう!

パソコンでもスマホ・タブレットでも、まずはマイクロソフトアカウントが必要です。マイクロソフトアカウントを使用すれば、さまざまなマイクロソフト製品やサービスにアクセスが可能です。

  1. マイクロソフトアカウントのページに移動し、「サインイン」→「作成」をクリックします。
  2. メールアドレスを入力し、「次へ」をクリックします。
  3. マイクロソフトアカウント用のパスワードを設定し、「次へ」をクリック。
  4. 登録したメールアドレスにコード(4桁の数字)が送られてくるので、その数字をチェックして入力したら完了です。

パソコン(Windows10)で使う場合

OneDriveはWindows10にはデフォルトで搭載されています。起動してサインインし、同期させたいフォルダーなどを選びます。
パソコンに入っていない場合は、こちらからダウンロードしましょう。または、ブラウザからアクセスすることも可能です。

1. パソコンのエクスプローラーを起動すると、左側に「OneDrive」が表示されます。

 

2. 「OneDrive」には「ドキュメント」や「ピクチャ」などのフォルダがあるので、保存したいフォルダを選びます。ここでは「ピクチャ」を選びます。「新しいフォルダ」を作ることもできます。

3. 「OneDrive」の「ピクチャ」フォルダに、保存したい画像やファイルをドラッグします。

また「コピー&ペースト」でも可能です。

4. フォルダ内に画像が表示されていれば、「OneDrive」に保存できています。

これらのファイルは、クラウド上の「OneDrive」と同期しているので、スマホやタブレットでも見られます。

ブラウザ版でも使い方は基本的に同じです。

スマホ・タブレットで使う場合

スマホやタブレットで使う場合は、ブラウザでアクセスする方法とアプリを使う方法があります。専用のアプリには写真のアップロードなどの機能がありますので、ここではアプリを使って写真を保存する方法をご紹介します。

 

1. OneDriveのアプリをインストールします。

2.アプリを起動して「サインイン」をタップし、メールアドレスとパスワードを入力します。

3.パソコンと同じフォルダーが表示されます。

4.写真を保存したいフォルダーを表示し、右上の「…」をタップし、「アイテムの追加」を選びます。

5.「既存のフォルダーから選択」をタップし、アップロードしたい写真を選びます。

 

OneDrive上にアップロードした写真は、クラウド上に保存されます。そのためスマホ・タブレット内のデータを削除しても、OneDrive上に写真は残ります。

  • iOS版「OneDrive」のインストールはこちらから
  • Android版「OneDrive」のインストールはこちらから

大切なデータのバックアップに便利

OneDriveはマイクロソフトアカウントがあれば5GBまで(Office365を使っていれば1TBまで)使える無料のクラウドストレージサービスです。
無料で使えるので、大事なデータや写真のバックアップに気軽に使ってみてはいかがでしょうか。

あなたにオススメ

月木なつめ

会社員を経てフリーランスに。文化財学科出身なので趣味で歴史系の分野を調べることも。IT・旅行・ゲームなどの分野で執筆活動中。