●紙幣が破れたら・・・銀行で交換できる!

紙幣が破れてしまった場合、どこで交換できるのでしょうか?

ズバリ、銀行です! 

郵便局でもお金を扱っているので何となく交換してもらえる気がしますが、郵便局で破れた紙幣の交換は行っていないので注意。最寄りの銀行に持ち込みましょう。

ただ、破損の具合によっては日本銀行での鑑定が必要な場合があります。その場合は日本銀行・および日本銀行の支店での鑑定を受けるため、時間を要します。

ただ、「紙幣の端っこが切れた」とか「2つに裂けてしまった(※)」というような場合は、鑑定なしで交換可能。窓口に持ち込めばその場で交換してもらえます。

※破れた紙幣が双方そろっている状態

●紙幣はどこまで残っていれば交換できる?

日本銀行では、破れたり燃えたりして破損してしまった紙幣がどの程度残っていれば、交換ができるかを下記のように定めています。

  • 面積の2/3以上残っていれば、全額と交換できる
  • 面積の2/3未満、2/5以上残っていれば半額と交換できる
  • 面積の5/2未満であれば、残念ながら交換は不可

例えば1万円札が破れても、手元に残った紙幣の面積が3/2以上あれば、1万円札と交換できるということ。もし破れてしまった場合は、手元にある欠片を全部持っていきましょう。

●硬貨が変形してしまったら?

10円玉などの硬貨が変形してしまった場合も、模様が確認できること、重さが半分を超えていることを条件として、同額の硬貨と交換ができます。まずは銀行に持ち込んでみましょう。

筆者はサイフのジッパーに巻き込んで破れてしまったことがありますが、銀行で無事交換ができました♪

もしもの時の参考にしてくださいね!

ピックアップ

Kana.mM(かな)

編集プロダクション勤務を経てフリーライターとして独立し、そろそろ10年。旅行、不動産、広告、生活系のジャンルで執筆活動中。趣味は野球観戦と戦争ゲーム。アナログ心を忘れないデジモノ好きを目指しています。

記事(247本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック