スマホ高額請求を防げ!海外旅行に行く前に知っておきたいこと

海外旅行に行く際にも、使い慣れているスマホを持っていきたいという人は多いです。しかし海外だと通信料が高額になったり、そもそも使えなかったりすることもあります。今回はスマホの高額請求を防ぐための方法をご紹介します。

まずはモバイルデータ通信を確認

スマホの通信料金が高額になる原因の一つが、「現地のモバイルデータ通信を利用してしまう」ことです。現地のモバイルデータ通信には日本の料金プランが適用されないため、高額になってしまうのです。
そのためまずはモバイルデータ通信を確認する方法をご紹介します。

ネットも電話もオフなら、機内モードをONにする

まず初めに行いたいのが、スマホの機内モードをONにすること。機内モードはその名の通り飛行機の中でも使える状態になるモードです。飛行機の運航の妨げとならないように、電話、Bluetoothなど電波をやり取りする全ての機能が遮断されます。
インターネットができなくなりますが、通信が発生しないので高額な料金請求を防ぐにはぴったりの方法です。しかし機内モードの状態でも、インターネットに繋ぐ方法があります。それが「Wi-Fi」です。

機内モードの状態でもインターネットに繋げられる

機内モードに設定していても、「Wi-Fi」をONにすればWi-Fiに繋げられます。カフェやホテルなどにある無料Wi-Fiや、Wi-Fiルーターを利用すれば問題なくインターネットが使えます。
この方法なら、高額請求の原因である「現地のモバイルデータ通信を利用する」ことがなくなるので安心です。

電話だけは使いたいなら、データローミングをOFFにする

うっかり海外の電波を使用しないためには、「データローミング」をOFFにしておきましょう。データローミングとは日本の携帯会社の電波が届かない場所では、その国の携帯電話会社の電波を使って通信を行う機能です。日本と同じ様に通信はできるのですが、日本の料金プランは適用されません。つまりパケット定額などが適用されないので、高額になってしまいます。

データローミングをOFFにしても電話とWi-Fiは使えます。「緊急時のために電話機能は残しておきたいけれど、通信料の高額請求は避けたい」という方は、機内モードではなくデータローミングOFFを使うのがおすすめです。

スマホのモバイルデータ通信を切った上で接続する方法

  高額請求は防ぎたいけれど、現地で料金を気にせずにインターネットを繋ぎたい方も多いと思います。そこでここではスマホのモバイルデータ通信を切った状態でも、インターネットに繋ぐ方法をご紹介します。
海外でも使えるポケットWi-Fiを持っていく

家族やグループなどでWi-Fiを使いたい方は、海外でも使えるポケットWi-Fiを持っていくのがおすすめです。一台あれば複数人で使うことができます。

ホテルやレストランのWi-Fiが弱い、どこでもスマホをインターネットに繋げたいという時に便利です。ほとんどの会社で定額料金でのレンタルを行っているので、後日高額な料金を請求されることはありません。ただし申し込んだ渡航国や地域以外で使用すると、後日別料金が請求されることもあります。特に飛行機の乗り換えをする際は、渡航国に着く前に電源を入れないようにしましょう。

海外用のポケットWi-Fiは多くの会社でレンタルを行っていますので、料金プランや速度など自分にぴったりのものを見つけられます。

キャリアの海外定額サービスに申し込む

docomo、au、Softbankは、海外用のパケット定額プランが用意されています。日本の定額プランよりは高額ですが、海外でいくら使っても定額なので安心です。使用するには事前の申し込みが必要です。
どの渡航先で使えるかはキャリアによって異なりますので、事前に確認しておきましょう。

プリペイドSIMを購入する

SIMフリーのスマホに、現地のプリペイドシムSIMを差し込んで使う方法です。Wi-Fiルーターをレンタルしたり、海外定額サービスに申し込むよりも安く済む場合が多いです。
ただし、プリペイドSIMに合わせてスマホの設定を変更しなければいけません。
プリペイドSIMは現地の空港などで販売しています。

せっかくの海外旅行も、スマホの高額請求を気にしていては楽しめなくなってしまいます。機内モードをONにしたり、ポケットWi-Fiを持っていったりなど対策をしっかりして、海外旅行を目一杯楽しみましょう。

関連記事

出発前の1分で読める!海外旅行時のスマホの設定をおさらい
アメリカ旅行用のSIMカードを出発前に日本のAmazonで買えた!
実録!海外旅行で役立つアプリ「Expedia」と「Booking.com」が頼もしかった話

ピックアップ

月木なつめ

会社員を経てフリーランスに。文化財学科出身なので趣味で歴史系の分野を調べることも。IT・旅行・ゲームなどの分野で執筆活動中。

記事(4本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック