WindowsユーザーがMacbookに乗り換える際のメリットとデメリット

大好きなMacbookなのに...

りんごのマークでおなじみのApple。
iPhoneだけでなく、Macbookも機能や操作性に定評があり、一度使うとWindowsに戻れない、というユーザーも多いですよね。

根強いファンの多いMacbookですが、Windowsに買い変えざるを得ない大きな理由の一つに、「Windowsでしか使えないソフトがある」ということも挙げられます。

ここでは実体験に基づいて、かつてWindowsユーザーだった私がMacbookに変えたにもかかわらず、Windowsへ戻らざるを得なかった理由やMacに変えるときの注意点についてまとめました。WindowsにするかMacにするか、という選び方で迷っている方の参考にもなりますよ!
 

MacからWindowsへ舞い戻った理由

一番の理由は対応ソフトがWindowsのみだった

一番致命的だったのは、仕事で絶対に使わなければいけないソフトがWindows版しかない、ということでした。私の場合は仕事上使う頻度が高い校正ソフト「ジャストライト」のMac版が取り扱われていないため、悩んだ末Windowsに戻らざるを得ないことに。

たいていのソフトはWindowsでもMacでも取り扱いがありますが、「ホームページビルダー」のようなホームページ作成ソフトや会計ソフトなどはWindows版しかない、ということもあります。ビジネスで利用するソフトがある場合は、対応OSを確認しておくのが必須です。

別の方法としては、Apple公式の「ブートキャンプ」を利用すればMacでもWindows OSをインストールして利用することができるので、Windows用のソフトを使うことができます。ただし、起動時にWindowsを選択することでWindows用のソフトが利用できるので、画面を切り替えながら使う、ということはできません。 

元WindowsユーザーがMacに変えるときの注意点

・まず、対応OSのMSOfficeを用意するかどうか

Windowsはもちろんですが、MacでもMicrosoft Officeは使えます。ただし、Windows用とMac用はそれぞれ別ソフトで、互換性はありません。

私の場合は、元々Windowsを使っていたのでWindows用Officeを持っており、DL版なのでWindowsのパソコンならどの端末でも使える状況でした。しかし、MacBookでも使いたい場合は、新たにMac用のソフトを購入する必要があります。

・WindowsからMacに変えるメリット・デメリットを整理してみる

Macbookはマウスもいらないほど操作が快適で、軽く・薄く・バッテリーの持ちが良い、など機能性やデザイン性に優れています。この点はMacに変える大きなメリットです。

一方で、元Windowsユーザーなら、Macの基本的な操作に戸惑ってしまうことがよくあります。例えば、フリーズしたときの再起動の方法など、ちょっとしたトラブルに対しての応急処置は、不慣れな場合調べないと分かりません。

他にも、Macにあらかじめ入っているアプリや、公式で提供されているアプリなら、インストール方法や使い方などの情報がウェブですぐに見つかります。しかし、非公式のアプリになると情報が少なく、初心者には難しい内容が多いため、インストールに手間取ってしまうこともあります。
WindowsとMacではもともとのシステムが違うので、手順を理解するところから作業開始することになり、ちょっとした壁になってしまうのです。

メリット・デメリットを見決めて慎重な選択を!

個人的にですが、Macbookの操作性やデザインはとても気に入っており、今まで使ってきたパソコンの中で抜群に優秀でした。

しかし、仕事で使用するソフトや周囲のパソコン利用状況などもろもろのことを考え、Windowsに戻ることになりました。

OSの選択は非常に重要です。メリット・デメリットを考えてよく検討することをおすすめします

関連記事

AndroidとiPhone、仕事で使うならどちらを選ぶべき?
Macの「スマートフォルダ」って一体何?
Windowsとここが違う!Macにソフトをインストールする方法

ピックアップ

中野友希(なかのゆき)

税理士補助や経理、職場の衛生管理者としてメンタルヘルスケアに取り組むなど、探求心旺盛な会社員時代を過ごす。出産後、楽しい物事を文章で伝えることに使命感を燃やしながら、フリーライターとして独立。ヘルスケア、ペット専門のオウンドメディアなどを中心に執筆中。

記事(45本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • Google+で最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック