誰もが一度は憧れるソムリエという名の称号。あなたも手に入れたくはないだろうか。

一般人でも著名人でも、「ソムリエです」と言われるだけで無条件にその人を見る目が変わってしまうことがある。この優雅な響きは人々を酔わせ、その人を憧れの的にする力があるのかもしれない。

ただし今回紹介するのは、ワインや日本酒、野菜のソムリエではない。
「温泉ソムリエ」である。

実はこの資格、事前の知識や難しい試験勉強は必要ない。温泉ソムリエ協会が主催するセミナーもしくは一泊二日のツアーに参加することで取得できる。温泉旅行を楽しむのと同時にソムリエにもなれるなんて、これほど素晴らしいことはないだろう。

ちなみに、温泉ソムリエの認定を受けた人はまだ5千人ほどだという。つまり日本人2万人に1人の割合でしか、温泉ソムリエとは出会うことができないのである。

それほど希少価値が高く、「自慢のタネ」になる資格を見逃す手はない。響きのかっこよさや希少性だけではなく、資格取得で得られる知識は使い所が満載だ。

例えば会社の部下が温泉旅行の計画を練っているとしよう。どこの温泉に行こうか迷っている部下に対して、「こっちの温泉は硫黄泉だから美肌効果が期待できるよ」などと、したり顔でアドバイスが可能なわけだ。

温泉ソムリエの知識をさりげなく日常生活に織り込めば、あなたの株も急上昇だ。

また、資格を通じて「温泉の魅力に目覚めてしまった」という〝通〟には、さらに温泉を極める上位ルートも用意されている。

趣味だけではもったいない!"上級"温泉ソムリエへの道

旅行感覚で取得できる「ソムリエ」の称号

温泉ソムリエには、温泉業界への貢献度や知識に応じた上位ライセンスも用意されている。道を極めれば、温泉好きを活かしたセカンドキャリアも夢じゃない!?

温泉ソムリエマスター

温泉ソムリエ協会のステップアップセミナーを受講するか、温泉ソムリエ協会以外の温泉資格を取得し、知識をより深めた者に与えられる。温泉ソムリエ仲間から一目置かれる存在に。

温泉ソムリエインストラクター

温泉ソムリエ認定セミナーの講師として教鞭をふるえるレベル。趣味のレベルを超え、週末のサイドビジネスに早変わりするかも?

温泉ソムリエアンバサダー

温泉の魅力や正しい入浴方法の普及に尽力したソムリエに与えられる。資格を取ってブログやSNSで発信すれば、注目されること間違いなし。


癒しを求めるだけの温泉旅行からもう一歩。ソムリエという至福の湯船に足を踏み入れれば、もう後戻りはできないかも!?

ピックアップ

安川幸利(やすかわゆきとし)

元サーイ・イサラ編集部員。旅に出ることが好きで、学生時代には貧乏旅行で国内外を周遊した。お金があると使ってしまう性格なので、未だに貧乏旅行が多い。

記事(5本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック