時間を問わずかかってくる固定電話のワンギリ、何が目的なの?

深夜に、固定電話がワンコールだけ鳴って切れる......。
間違い電話かと思いきや、日に何度もかかってくることもある謎の電話は、「非通知設定で」「ワンコールだけ鳴って切れることが多く」「仮に電話に出てもすぐ切れてしまう」のが特徴です。

夜な夜なかかってきて眠りを妨げられる人も多いのではないでしょうか。

数年前のいわゆる「ワン切り」とは違う?

「ワン切り」といえば1990年代後半頃、携帯電話や固定電話に電話がかかってワンコールで切れ、着信履歴にかけ直すと「ツーショットダイヤル」などのサービスにつながり、高額な通話料を請求されるという、悪徳業者からの被害が多発していました。

当時、社会問題となった「ワン切り」は、現在の架空請求などの振り込め詐欺のさきがけのような存在となっています。

ところが今回問題のワン切りは「非通知」でかかってくるため、折返しもできないので目的がはっきりしません。

与信会社が無作為にかけているという説が有力?

昼夜を問わずいきなりかかってくる固定電話へのワン切り電話は、いったい何が目的なのでしょうか?

このワン切り電話、正体がはっきりわかっていないものの、与信情報を調べる(信用調査)会社が無作為に電話をかけているという説が有力であるといわれています。

電話番号が実際に使われているものかどうか、レンタル電話ではないか、電話料金を滞納していないか、頻繁に電話番号を変える人物ではないかといった情報を、実際に電話をかけることで調査している、というもの。

こうした会社が、集めた情報を不動産関連企業やカード会社、金融機関など、与信情報を必要としている企業に売っているというしくみだそうです。

また、使われているとわかった電話番号のリストを作って悪徳業者に売っているという説も......。

コンピュータで自動的にかけるシステムを使っているため、こちらの都合はおかまいなしで、昼夜を問わず電話がかかってきます。

どんな理由にせよ、なんとも迷惑な話です。

安眠を取り戻そう。迷惑なワン切り電話対策!

それでは、固定電話の非通知ワン切り対策をご紹介します。お金がかかるものもあって腹立たしい気もしますが、自分にあった方法を選んでくださいね。

<ナンバー・リクエスト機能を活用する>

NTTやIP電話サービスを扱う各社では、相手先の番号を通知する「ナンバーディスプレイ」機能をオプションでつけることができます。

その上で、電話番号非通知でかけてきた相手に対して、電話番号を通知してかけ直すように自動音声で伝えるサービス「ナンバー・リクエスト」機能を使えば、非通知でかけてくる電話そのものをシャットダウンできるので、今回のようなケースにピッタリです。

ナンバー・リクエスト機能は、ナンバーディスプレイの契約も必要なのでご注意を。

<電話機の「迷惑電話対策機能」を使う>

お使いの電話機自体に「迷惑電話対策機能」が搭載されている場合は、上記のナンバー・リクエストを契約しなくても、電話機本体の非通知拒否機能を設定すれば着信拒否をすることができます。

ただ、この場合もナンバーディスプレイの契約が必須です。

<着信音をオフにする>

メインは携帯電話で、FAXを使っているなど、何らかの理由で予備的存在として固定電話を置いている、という人も多いのではないでしょうか。

「普段、通話はほとんど使わない」という人は、着信音をオフにしてしまいましょう。

お金もかからず、すぐにできる対策です。

<携帯電話、スマホにかかってくる非通知ワン切り対策>

携帯電話やスマホにも非通知ワン切りがかかってくる場合があるようです。各キャリアで非通知着信からの受信を拒否する方法があるので、困っている人は活用してください。

・ドコモ「番号通知お願いサービス」
「148」に発信→キーパッドで「1」を入力すれば非通知着信を拒否できる(申し込み不要・無料)。

・au「番号通知リクエストサービス」
「1481」に発信すれば非通知着信を拒否できる(申し込み不要・無料)。

・ソフトバンク「ナンバーブロック」
「144」に発信→キーパッドで「1」→「♯」を入力→「お断りガイダンス」を選択→「♯」を入力すれば非通知着信を拒否できる(My SoftBankもしくはソフトバンクショップより申し込みが必要・月額税抜100円)

スマホや携帯本体の設定によっては、公衆電話からの受信も拒否してしまうので、公衆電話からの着信が日常的にある場合や、災害など有事の際に公衆電話を使用する場合などは注意してください。

固定電話の場合、ナンバーディスプレイを契約しないときっちり対策ができないのが悔しいところですが......。非通知ワン切りに困っている人はぜひ参考にしてくださいね!

関連記事

Wi-Fi利用者は忘れずに、ルーターの設定でセキュリティ強化!
防犯に役立つアプリ。警視庁が公開した「Digi Police」って何?
iPhoneの緊急SOSってなに? 発動するとどうなっちゃうの?

ピックアップ

Kana.mM(かな)

編集プロダクション勤務を経てフリーライターとして独立し、そろそろ10年。旅行、不動産、広告、生活系のジャンルで執筆活動中。趣味は野球観戦と戦争ゲーム。アナログ心を忘れないデジモノ好きを目指しています。

記事(226本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • Google+で最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック