月払いで使える「Microsoft 365」がおトクな人はどんなタイプ?

オフィスアプリの定番「Microsoft Office」を年額・月額料金で使えるサービス「Microsoft 365(旧:Office 365)」っておトクなの? 支払いは1回だけのパッケージ版(オンラインコード版)と比べて使ったほうがおトクな人はどんな人か、まとめました。あなたはどうする?

パソコンで書類作成するときに欠かせないアプリといえば、ご存じMicrosoft Office(マイクロソフト オフィス)。文書作成アプリWord(ワード)や表計算アプリExcel(エクセル)、プレゼンテーションアプリPowerPoint(パワーポイント)と聞けば、使ったことがある人も多いのではないでしょうか。

Microsoft 365はどんな内容?

Microsoft 365とは

「Microsoft 365(旧:Office 365)」はそのMicrosoft Officeの主要なアプリ群を月額・年額料金で使えるサービスで、最近流行の「サブスクリプション」と呼ばれるサービスのひとつです。個人向けのプラン「Microsoft 365 Personal(旧:Office 365 Solo)」の場合、料金は年間1万2,984円(税込)または月額1,284円(税込)です。

▲旧:Office 365の時の管理画面。Windows/Mac向けのアプリはここからダウンロードできます

(1)仕事で使うならMicrosoft 365がオススメ

支払いは1回だけのパッケージ版(オンラインコード版)の「Office Personal 2019」で使えるアプリは書類作成アプリのWord(ワード)、表計算アプリのExcel(エクセル)、メールアプリのOutLook(アウトルック)の3つ。
オフィスアプリを仕事で使う人ならお馴染みのプレゼンテーションアプリPowerPoint(パワーポイント)をパッケージ版で使うには、割高な「Office Home & Business 2019」(3万8,284円/税込)を購入する必要があります。
一方、Microsoft 365ではWord、Excel、PowerPoint、Outlookが利用できて年間1万2,984円(税込)。このほかにも資料デザインアプリのPublisherとデータベース管理アプリのAccessのWindows版も使い放題になっています。

(2)クラウドストレージも使える

そして、Microsoft 365では、二つのクラウドサービスの特典が用意されてます。クラウドストレージのOneDrive(ワンドライブ)では、1TB(1,000GB)分のデータを保存可能です。
クラウドストレージは簡単に言うと、ネット経由でアクセスできる自分だけの保存場所。たとえば、スマホで撮った写真をすべて転送して、スマホの本体の容量をあけるといったときに便利。1TBという容量は、スマホで撮った写真を1枚2MBとすると、50万枚が保存できる容量です。
また、OneDriveには共有機能もあり、書類や写真などを人に送るときに便利に使えます。

(3)国内・海外宛の電話が毎月60分まで無料

Microsoft 365で使えるもう一つのクラウドサービスは、通話アプリのSkype(スカイプ)です。Skypeは、アプリを入れた人同士で無料で通話できるというアプリですが、有料で「電話番号宛の発信」ができます。
Microsoft 365を契約すると、この電話機能を毎月60分まで無料で使うことができます。Skypeからの通話は、携帯電話の番号(090など)にはならないため、知り合い宛の通話には不向きですが、レストランの予約などの電話にSkypeを使えば、電話料金を節約できるでしょう。さらにSkypeは国際電話でも月60分までなら無料になるため、海外に電話する用事がある人なら、携帯電話で国際電話をかけるよりもずっとおトクに使えます。海外旅行中の連絡手段として使うのも良いでしょう(Skypeの通話はデータ容量を消費するという点だけはご注意ください)。

(4)同時に5台まで使える(スマホ、タブレットでも!)

パッケージ版の「Office Personal 2019」では、インストールして使えるのは2台のパソコン(Windows)までです。
一方、Microsoft 365では、iPhone、iPadやAndroidのスマホ・タブレットでも使えます。同時に最大5台まで登録して、保存データの同期なども使えます。
たとえばパソコンで仕上げた書類を、スマホでサッと直したり、iPadを使って人に見せたりといった使い方ができます。Office アプリを入れて同じアカウントでログインしておくだけで、作成した書類の内容は自動で同期されるので、いちいちデータを保存してスマホに送ったりする必要もありません。

(5)ブラウザからも使える

WordやExcelはダウンロードして使うアプリですが、実はブラウザー版(Webアプリとも言います)が用意されています。これはMicrosoft 365の契約者なら、無料で使うことができます。
office.comにアクセスしてMicrosoftのアカウントでサインイン(ログイン)すると、WordやExcel、PowerPointなどの機能をブラウザーから使えます。OneDriveに保存したファイルの編集も可能です。たとえば、出先のパソコンでoffice.comにログインして書類の手直しをするといった使い方が便利です。

▲パソコンのブラウザーからWordやExcelを使えます

Microsoft 365がオススメなのはこんな人

冒頭に記載したように、Microsoft 365の料金は、個人向けのプラン「Microsoft 365 Personal(旧:Office 365 Solo)」の場合で、1万2,984円(税込)または月額1,284円(税込)となっています。
一方、パッケージ版(オンラインコード版)の家庭向けプラン「Office Personal 2019」は、32,784円(税込)と割高ですが、一度購入すれば、何年でも使い続けることができます。ただし、新しい機能の追加はなしで、新機能を使いたいときには再度パッケージを購入する必要があります。また、将来でてくる新しいOSで、ちゃんと動くかは保証されていません。サポートは2025年までとされています。
パッケージ版のOfficeシリーズはおおよそ3年に1回ほどの頻度で更新されています。そのため、3年に1回より長い期間でパソコンを買い替えるという人で、最新の機能は必要ないよという人には、パッケージ版の方が割安になるかもしれません。
逆に言えば、パソコンを3年くらいで買い替えている人ならMicrosoft 365を使う方が割安と言えます。
また、Microsoft 365はスマホとの相性が良い、というのも注目したい点です。データ同期機能や、パソコンとスマホを両方使っている人には特に重宝します。また、OneDriveのデータ保存やSkypeの通話機能は、スマホと組み合わせて使うと一層便利です。パソコンだけでなくスマホも使いこなしているよ! という人にはMicrosoft 365は間違いなくおすすめできます。
▼Microsoft 365の詳細はコチラから
▼Microsoft Office Personal 2019 (永続版)|オンラインコード版の購入はコチラ
※金額はすべて税込表記です。2020年9月1日時点の情報です。最新の金額などの情報は公式サイトをご確認ください。

あなたにオススメ
Recommends

石井徹(いしいとおる)

スマホにハマり100台以上購入。携帯電話専門のニュースサイトで記者を経験後フリーランスに。鉄道旅行好きで全国踏破が目標(残り2県)。ときどき料理男子。