いよいよ始まった日本シリーズ。阪神とソフトバンクの熱戦が続いているが、その初戦の国歌斉唱を努めた着物姿の女性歌手に注目が集まっている。

彼女の名前はティーナ・カリーナ。一見海外のアーティストに見える名前だが、関西(大阪府池田市)出身の日本人アーティスト。ティーナ・カリーナは本名の「田中里奈」から来ている。等身大の関西弁で詰め込まれた珠玉のラブソングとして話題になった2012年のデビュー曲「あんた」でレコード大賞の新人賞を受賞、テレビで熱唱したアーティストといえばご存じの方も多いだろう。

今シーズンの阪神の本拠地開幕戦でも国歌独唱を努めたティーナ・カリーナ。今季二度目の登板となったが「今回は違った気持ちで歌った。私も(阪神の)日本一を見たい。一緒に戦うつもりで歌わせていただきました」との思いが通じたのか、試合は見事に阪神の勝利に終わった。元阪急百貨店サービス優秀販売員(金バッチ受賞)という異色の経歴を持つ彼女。同じグループの野球チームの勝利に貢献することで、故郷に錦を飾った格好だ。

一方この国歌独唱の模様が全国に放映されたことで、Sonymusic Official YouTube内にて公開されているデビュー曲「あんた」のMUSIC VIDEOは600万再生を一気に突破した他、急上昇ワードは2位、リアルタイムは7位まで上昇。

NAVERまとめサイトが立ちあがるなど「ティーナ・カリーナって誰?」「バリバリの関西人」「芸名の由来が面白い!」「デビュー前に阪急百貨店で6年勤めていた元デパ地下店員」「日本レコード大賞で新人賞を獲った人」などと話題となった。

ティーナ・カリーナは今後、東京・大阪でのBillboard Liveでのワンマン公演(11月3日 Billboard Live Tokyo公演、11月5日 Billboard Live Osaka公演)を控えている。日本シリーズの行方だけでなく彼女の今後の活躍にも注目だ。

ティーナ・カリーナ Official Homepage

アーティスト情報

Discography

1st フルアルバム「田中らボタモチ

\3,146(税込) /全国SHOP他にて発売中/全12曲収録

Live

ティーナ・カリーナBillboard Live 2014 ~ TSUNAGU ~
2014年11月3日(月・祝)東京 Billboard Live TOKYO
2014年11月5日(水)大阪 Billboard Live OSAKA

Profile

tiinakariina-201410-3.jpg

1986年1月16日生まれ。大阪府池田市出身。 元阪急百貨店サービス優秀販売員(金バッチ受賞)という異色の経歴を持つ、27才シンガーソングライター。

2011年3月初旬、25才となった彼女はラストチャンスという強い想いを込めて、DEMO音源を50社のオーディションへ応募した。
送付より1ヶ月以上が経っても、残念ながら1社として彼女の元に連絡を入れた会社は無かった。しかし、諦めかけていた2011年5月中旬、意外な場所から彼女の元に1本の電話が入る。

その電話は仙台を拠点とする音楽事務所「エドワードエンターテインメントグループ(株)」からであり、2011年3月11日に発生した東日本大震災の影響を受けた同社宛の発送資料が、2ヶ月近くも遅れて届いていたためだった。

復旧作業で慌ただしい日々を送っていた同社音楽プロデューサーは、震災で社が全壊し仮オフィスとなっていた最中、DEMO音源を聴いた。

震災後間もない仙台という地で、奇しくも阪神大震災を経験していたティーナ・カリーナの歌声がプロデューサーの心に響いた。目頭が熱くなるほど情熱的でまっすぐな歌声、強い想いの込められた力強いメッセージ、彼女の魅力を知るには音源だけで十分たるものだった。

「是非一緒にやりましょう。」

1000キロ以上も離れた大阪と仙台が、奇跡を起こして繋がった瞬間だった。

こうして彼女は25年間住み慣れた大阪から、仙台という新しい地へ移住することとなり、音楽業界初となる"大阪出身・仙台発信アーティスト"、ティーナ・カリーナが誕生した。

そしてデビュー前である2012年4月には、POLA企業CMソングとして「輝いて」が大抜擢。

地元大阪をこよなく愛し、等身大の関西弁で詰め込まれた珠玉のラブソング「あんた」を収録した、デビューミニアルバム「ティーナ・カリーナ」(全7曲収録)で、2012年9月12日メジャーデビュー。2012年末、「あんた」で第54回日本レコード大賞・新人賞を受賞。その後、関西弁恋唄シリーズとして「あかん」(2013年5月)、「しもた」(2013年11月)を発表。

持ち前の歌唱力と愛嬌あふれるキャラクターで人気を広げ、地上波のテレビ番組などへ多数出演するなどお茶の間へも進出、ブレイク期待のシンガーソングライターだ。

ピックアップ

編集部有本

元エンジョイ!マガジン編集長(2014年10月時点)。かつてBIGLOBE MUSICを担当していた経験を活かし、よりエンジョイ!でウェッサイ!!なマガジンを目指していきます。

記事(137本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック