「Nintendo Switch Lite」って通常Switchと何が違うの?

2019年9月ついにリリースとなった「Nintendo Switch Lite」。「Nintendo Switch」の廉価版ということで、すでに入手した人も多いでしょう。

しかし、まだ手に入れていない人にとっては、「通常のNintendo Switchと比べて何が違うの?」という部分が気になるところだと思います。

そこでこの記事では、「Nintendo Switch Lite」は通常のNintendo Switchと何が違うのか紹介します!

持ち運びに便利でお財布にやさしい

Nintendo Switch LiteとNintendo Switchの最大の違いは、コントローラーと一体型になったことで、小さく、軽く、持ち運びやすいというメリットが加わり、外出先や通学・通勤時にも気軽にゲームを楽しめるようになったことでしょう。そのため、自宅で家族や友人とTVの大画面でゲームを楽しみたいという方は、やはり通常のNintendo Switchを購入するべきですが、外出先や通勤、通学など移動中に遊びたいという方にはNintendo Switch Liteがおすすめです。

また、値段も通常版の29,980円(税別)よりも安い19,980円(税別)ということで、リーズナブルになったところもうれしいところですね。

バッテリー駆動時間も長くなって外出時でも安心

Nintendo Switchは、確かに家でも外出先でもプレイできる点が魅力でしたが、残念ながらバッテリーは2~3時間ほどしか持たないため、新幹線や飛行機などで遠出する際には、途中で電源が落ちてしまう点が難点でした。

しかし、Nintendo Switch Liteになってバッテリーの駆動時間が4時間~6時間程度に向上。途中で電源が切れるという残念な事態になりづらいため、旅先や出張先に持っていく機会が増えそうです。両ハードを持つ筆者としては、地味にこの部分が一番うれしいメリットといえますね。

Nintendo Switch Liteではできなくなったことも

通常のNintendo Switchでは、「TVモード」、「テーブルモード」、「携帯モード」という3つのプレイスタイルで遊べる点が大きな特徴でした。しかし、Nintendo Switch Liteはコントローラーと一体型のハードであるため、携帯モード専用となっています。したがって、コントローラーの取り外しができず、TVの大画面にゲーム映像を出力してプレイすることはできません。

一部携帯モードに非対応のソフトがある

Nintendo Switch Liteには一部携帯モード非対応のソフトや、遊び方に制限があるソフトも存在します。携帯モードに非対応ソフトの場合、以下のように別途Joy-Conを接続しないとプレイできないものがあります。

・スーパーマリオパーティ
・1-2-Switch(ワンツースイッチ)
・Nintendo Labo Toy-Con 01: Variety Kit(バラエティキット)
・Nintendo Labo Toy-Con 02: Robot Kit(ロボットキット)
・Nintendo Labo Toy-Con 03: Drive Kit(ドライブキット)

なお、上記ソフトの中には、コントローラーが変わる関係上、Nintendo Switchと若干ゲーム体験が異なるものも含まれます。ソフト購入前に、必ず対応状況を確認するようにしましょう。

詳しくは任天堂公式サイトをご確認ください。

外出先でSwitchをプレイする人にはオススメ!

今回は、Nintendo Switch Liteと通常のNintendo Switchは何が違うのか紹介しました。やはり、サイズがコンパクトになりバッテリー駆動時間がアップしたことで、断然携帯用ゲーム機としてのスペックが上ったことが最大の魅力といえるでしょう。さらに、お値段も安くなっていうことなしですね。今年のクリスマスプレゼントを検討している方は、候補のひとつに挙げてみてはいかがでしょうか。

関連記事

「eスポーツ」を知りたい!競技の種類は?部活や全国大会もあるの?
位置情報ゲームが再ブーム? Pokémon GOだけじゃないおススメを紹介
ゲーマーにおすすめ!ゲームモード搭載のセキュリティソフトを紹介

ラチーコ

IT、エンタメ、ファッションから介護、債務整理関係まで節操なくカバーする副業ライター

記事(9本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック