ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータを買ってみたぞ!

1983年に販売された伝説のゲーム機「ファミリーコンピュータ」が33年の時を経て、小さくなって復活しました! 製品発表直後から注目されているこの製品をいち早くレビュー!

2016年11月10日に任天堂から発売された「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」(以下クラシックミニ)。この名前からもわかるように、これは1983年(昭和58年)に発売された「ファミリーコンピュータ」を小さくし、ゲームを最初から30本内蔵させて復刻させたものです。
製品が小さいため、昔のファミコンカセットは利用できません。
値段は税別で5,980円とリーズナブル。製品の発表直後から話題を呼び、予約がスタートしても申し込み多数で、どこの販売店もすぐに完了してしまいました。(その後、2018年6月28日より店頭での販売が再開されました)幸い私は、発売日に手に入れることができましたので、早速レビューしてみたいと思います。

見ているだけで嬉しくなる製品

クラシックミニの魅力はたくさんありますが、最大の特徴は「見た目の愛らしさ」です。ファミコン世代の人であれば、間違いなく見た瞬間に恋に落ちるでしょう。
手の平にのる大きさ。小さいコントローラー。再現されたギミック……などなど。
そして本体もカワイイですが、箱もやはり小さくて素敵です。

手の平に乗るおおきさ

箱もオリジナルの時とほぼ同じ

素敵な箱を開けると、クラシックミニの本体、モニターに接続するHDMIケーブルと、給電用のUSBケーブル、説明書が入っています。
HDMIの端子に対応していれば、テレビはもちろんPCモニターでもプレイが可能です。
クラシックミニには、給電用のUSBケーブルは梱包されているのですが、家庭用コンセントに接続するUSB用のACアダプターがついていません。ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ専用ACアダプター」も販売されているのですが、こちらは本体以上に入手が難しい状態になっています。
しかし、専用のACアダプターを使わなくても、一般的なUSB端子に接続すれば問題ありません。テレビについているUSB端子で代用できることもあれば、スマートフォンの充電用に使っているアダプター、もしくはモバイルバッテリーでも稼働させることができます。もしもそれらを持ってない人は専用のアダプターを購入するか、同じ機能を持つアダプターを購入しましょう。詳しくわからない人は、販売店に相談すれば、対応した製品を教えてくれるはずです。
なぜ標準でACアダプターがついていないのでしょうか?
任天堂は正式にコメントを出していません。恐らく価格を抑えるためと、これだけUSB端子からの給電が一般的になっている現状を考えると、あえて付属させなくても良かったのではないかと、任天堂は考えたのではないでしょうか。
梱包されているのは説明書と本体、USBケーブル、HDMIケーブルのみ

もう1つ注意点があります。それは、給電用のUSBケーブルがあまり長くないこと。コンセントとテレビの位置が離れている人は、長めのUSBケーブルを用意しておきましょう。

30本のソフトから選ぶ楽しみ

クラシックミニを接続して、電源をいれると、ずらりとファミコンソフトのパッケージが現れます。コントローラーを使って、プレイしたいゲームを選ぶとスタートします。

起動するとこのような画面が表示され、プレイしたいゲームをセレクトする

ファミコンになくて、クラシックミニにある機能がいくつあります。
最大の特徴は、どこでもセーブができる点でしょう。セーブしたい時点で、リセットボタンを押せば、一時的にゲーム内容が保存されます。
違うゲームをスタートさせると、このデータは破棄されてしまうのですが、専用のフォルダに保存すると、データは消されません。中断ポイントが保存できる数は4つまで。
30ものゲームがあることを考えると、保存できる数は少なく感じますね。
また、クラシックミニは、画面の設定を次の3つから選ぶことができます。
通常の「4:3」モード。画面の描画をよりハッキリさせた「ピクセルパーフェクト」モード。走査線を疑似的に入った「アナログテレビ」。
美しい画面でプレイをしたいのであれば、「ピクセルパーフェクト」モードがお勧めです。「アナログテレビ」も面白いのですが、ノイズの演出がハッキリと見えるため、プレイはしにくかったですね。
画面のモードは3つから選べる

クラシックミニの欠点!?

デザイン良し、ゲームの数も豊富、値段もお買い得……と、良いところだらけのクラシックミニですが、最大の欠点があります。
それは「コントローラー」が小さい点です。まずそのサイズから、大人の手だとやや持ちにくい。
そして、十字キーの操作がなかなか難しく、微妙な操作が求められるゲームはプレイが大変です。特にシューティングゲームの「グラディウス」では、操作を誤って地面に激突しました。

コントローラーが小さい!

次の問題は多くの人が感じることだと思いますが、「ファミコンのゲームは難しい」ことです。現在発売されているゲームと違って、プレイヤーにとってゲームが優しくありません。
今では一般的になっている最初のチュートリアルもありませんし、どのような目的・ゴールなのかもゲーム内では説明がありません(当時の説明書が任天堂のサイトに公開されています)。
「マリオブラザーズブラザーズ」「ドンキーコング」といった任天堂のゲームは、ゲームバランスが優れていますが、「魔界村」「ロックマン2」といったゲームは、かなり難易度が高めです。
しかし、昔プレイをしたことがある人であれば「懐かしい!」と間違いなく感じますし、やったことがない人でも「過去の名作ゲームを触れる」ことは、良い刺激になるのではないでしょうか。
クラシックミニに興味がある人は、購入をお勧めします。
※2019年1月4日に記事の一部を更新しました。
江原顕雄

PC、インターネットが得意ジャンルのフリーの編集・ライター。「ぁゃιぃわーるど」「下水道」で誕生して、「あめぞう」で乳児期を過ごし、「壺」で育ててもらいました。

あなたにオススメ
Recommends