太陽が沈んだら、iPhone画面の色を自動でやんわりさせるNight Shift

ブルーライトを低減する機能がiPhoneにそなわっているのをご存知ですか?  Night Shiftモードを利用することによって、太陽が沈んだら自動的にiPhone画面の色温度をやんわりさせることができるのです。

iOS9.3で登場した新機能「Night Shift」

ブルーライトを夜に見続けてしまうと寝つきが悪くなる、そんな研究結果が数多く出ているそうで、少し前に「ブルーライトをカットするメガネ」なんてのも登場し、話題になりましたよね。
そんなブルーライトへの対応が、実はiPhoneにも施されています。iOS9.3から新登場した「Night Shift」モードです。
※利用可能端末は、iPhone 5s 以降、iPad Pro、iPad Air 以降、iPad mini 2 以降、iPod touch (第 6 世代)

Night Shiftのオンの仕方は?

Night Shiftはコントロールセンターから簡単にオンにすることができます。
コントロールセンターを開いたら、このマークをタップし、オンにするだけ。

時間や色温度をカスタムするには?

Night Shiftをもっと細かく設定するには、設定方法は「設定」⇒「画面表示と明るさ」⇒「Night Shift」から可能です。
たとえば、自分の好きな時間だけオンにしたり、色温度を好みの色に設定することもできます。初期設定では、日の入りから日の出までの時間、画面の色温度を暖色系にしてくれます。
日の入り後にNight Shiftがオンになってしまうのでは早すぎる、という方は、21:00から翌朝5:00など、好きな時間に設定してみてくださいね。

関連記事

iPhoneアプリ、毎回終了させるのは逆効果らしい
iPhoneでスクリーンショットをワンタップで撮る方法
ブルーライト対策にメガネはいらない!簡単にできるディスプレイの設定

うえやま

競馬カメラマンからWEB業界へ異色の転身後、WEB制作に加えて大手メールマガジンやツイッターキャラクターの中の人までこなす。三度の飯より件名を考えるのが好き。

あなたにオススメ
Recommends