引っ越し先でインターネット回線を継続利用する際の手続き

引っ越すことになったけど、現在のインターネット回線に不満はないので引越し先でも継続利用したい。そのためにはどんな手続きが必要?

転勤や持ち家の購入などで引っ越す際には、電気やガスなどと同様にインターネット回線の契約も移転手続きが必要です。とはいえ、具体的に何をすればいいのか分からない人も多いかもしれません。本記事では、現在のインターネット回線を引っ越し先でも継続して使いたい場合の手続きについて、説明していきます。

引越し先で現在のインターネット回線が利用可能かどうかの確認

回線業者によって、利用可能なエリアが異なります。まずは現在利用している回線業者が引っ越し先でも利用できるのかどうか確認しておきましょう。

光コラボレーションモデル(以下、光コラボ)の場合は、フレッツ光の回線を使用しているため、フレッツ光の対応エリアがそのまま利用可能なエリアになります。auひかりの回線とセットになったプランなども提供されていますが、その場合も同様です。ただし、引っ越し先が集合住宅の場合には、回線事業者が指定されているケースもあります。現在使用している回線が導入されているか、もしくは新たに引くことができるかどうかの確認もしておきましょう。

回線事業者への連絡・手続き

引っ越し先で現在のインターネット回線を利用できることを確認したら、回線事業者に連絡を入れます。引っ越すことになった旨と、引っ越し先で継続利用したい旨を伝えましょう。主に電話か専用の手続きフォームで行えます。

移転希望日を決める

手続きの際には移転希望日を尋ねられるため、あらかじめ希望を整理しておきましょう。移転希望日に引っ越し先で工事が行われ、インターネットを利用できるようになります。

工事を済ませるまでは、移転先でインターネットが使えないので、引っ越し後できるだけ早い日程にするのが望ましいです。ただし、工事の際には立ち会いが必要になるため、自分か家族が自宅にいる日を選びましょう。

また、移転希望日は、引越しの連絡と手続きが終わった日からあまり近い日にすることはできず、通常1ヶ月程度は先になってしまいます。春先など混雑している時期だと、2〜3ヶ月程度後になってしまうこともあるかもしれません。タイミングが悪ければ、引っ越しは終わっているのに新居ではインターネットが開通しておらず、使えないという状況になってしまうことも。そのため、引越しが決まったらできるだけ早く手続きを済ませておくようにしましょう。

現在使用している回線の撤去工事も必要

戸建住宅では、現在使用している回線の撤去工事も行わなければなりません。移転希望日を決める際に、撤去工事の日程を尋ねられるため、引っ越し前の日時を指定しましょう。集合住宅の場合には、管理会社やオーナーに事前確認が必要です。

レンタルしている機器に関する確認

ONU(回線終端装置)やホームゲートウェイなど、回線事業者からレンタルして使用している機器がある場合は、そうしたレンタル機器をどうすればよいかの確認も必要です。継続利用する場合でも、いったん返却しなければならないことが多いです。

プロバイダと別々に契約している場合には

プロバイダと回線事業者を別々に契約している場合には、引越しの手続きも両方に対して行わなければなりません。プロバイダの方の手続きを忘れてしまうと、料金が二重に発生したり、引っ越し先での利用開始が遅れたりする可能性があるため注意しましょう。

引越し先での工事当日の流れ

戸建て住宅の場合には、電柱から光ファイバーケーブルを室内に引き込み、ONUを設置します。基本的に新規契約で工事をするときと同じと捉えて問題ありません。工事開始から完了まで1〜2時間程度かかります。集合住宅の場合には、共有スペース内に光ファイバーケーブルがすでに引き込まれているところが多いので、戸建住宅よりも簡単な工事で済むケースが大半です。

工事費用はどうなるのか

引っ越し後の継続利用の場合には、別途工事費用がかかってしまう場合もあります。プロバイダーや回線事業者によってまちまちであるため、事前に確認しておきましょう。

たとえばビッグローブ光で3年プランをご利用なら、何度引っ越しても工事費は0円です(光回線設置以外のビッグローブ光電話、ビッグローブ光テレビなどの工事費は有料)。現在ビッグローブ光を利用しているなら、引っ越し後も継続利用するのがお得です。

余裕を持って早めに手続を済ませておこう

引っ越し後も現在のインターネット回線を継続利用する際には、新規で利用開始するときと同じ内容の工事が必要になることが多いです。混雑している時期だと工事の日程が先になってしまう可能性があるため、できるだけ早めに手続を済ませておきましょう。
また、工事費用やレンタル品の扱いに関しては、業者によって異なるため、事前に確認しておくことが大切です。

インターネットを最大限楽しむには「ビッグローブ光」の光回線がオススメ!

「インターネット回線が遅い」
「インターネット料金が高い」
などのお悩みはありませんか?

安定した速度とリーズナブルな光回線なら、
IPv6接続(IPoE方式)*1で最大1Gbps*2の「ビッグローブ光」がオススメです。

「ビッグローブ光」なら他社の光回線(フレッツ光・コラボ光)をお使いでもお乗り換えはかんたんです。
工事費実質無料、おトクな特典もご用意しています。

 

*1 IPv6に対応していないサービス/サイトはIPv4接続となります。

*2 最大通信速度は光回線タイプによって異なります。最大通信速度はお客さまのご利用機器、宅内配線、回線の混雑状況などにより低下します。

 

あなたにオススメ

T.A

IT系やスマホの話題から、転職や節約術まで幅広いジャンルで執筆を手がけるWebライター。デジタルモノが好きで、新しいガジェットやWebサービスなどには目がない。