光回線でテレビを見る方法やメリットをご紹介

光回線を引く予定だから、同時にテレビも見られるようにしたい。でも、どんな仕組みなのか気になる……。そこで、光回線でテレビを視聴するメリットやデメリット、ケーブルテレビとの違いなどを解説!

光回線では、インターネットに接続するだけでなくテレビを見ることもできます。これから光回線を導入するなら、テレビも光回線にまとめるといいかもしれません。本記事では、光回線でテレビを視聴できる仕組みやメリット、デメリットなどについて解説していきます。

光回線でテレビを見る方法

最初に、光回線でテレビを見る方法と、その仕組みについて見ていきましょう。

回線事業者やプロバイダがサービスを提供している

光回線でテレビを視聴できるサービスは、回線事業者やプロバイダがオプションサービスとして提供しています。自宅に光ファイバーケーブルを引き込み、それを使用してテレビの映像データを受信する仕組みです。

映像用回線終端装置を使用する

光回線でテレビを見る際には、映像用回線終端装置(V-ONU)という専用の機器をレンタルして使用します。光ファイバーケーブルから、V-ONUを経由してパソコンとテレビに分岐させる形です。また、テレビ側ではインターネットとは全く別の通信方式が使用されています。そのため、テレビを視聴している間も、インターネットの速度が低下したり不安定になったりするなどの影響はありません。

複数台のテレビがある場合には

テレビを複数台使用する場合には、共聴工事が必要です。V-ONUとテレビとの間に分配器という機器を設置し、分配器から各テレビに配線を振り分けます。
共聴工事は後から追加で行うことも、導入時に行うことも可能です。現在テレビが1台だけでも、今後複数台のテレビを使う予定があるなら、最初からやっておく方がいいでしょう。

ケーブルテレビとの違い

ケーブルテレビでも、インターネット回線を利用してテレビを視聴できます。光回線でテレビを視聴するのとよく似ています。両者の大きな違いは回線速度です。最大通信速度で比べると、光回線は1Gbps程度なのに対して、ケーブルテレビでは320Mbps程度です。いずれも理論値なので、実際に出る速度はもっと遅くなりますが、それでも光回線の方が高速で安定していることは確かです。

光回線でテレビを見るメリット

光回線でテレビを見ることには、次のようなメリットがあります。

アンテナが不要

光回線でテレビを見る場合には、映像データを電波で受信するわけではないので、アンテナは必要ありません。屋根にアンテナを取り付けなくて済むため、その分の費用がかからず、外観もスッキリするでしょう。

天候に影響されない

アンテナで電波を受信するテレビの場合、天候が荒れると電波状況が悪くなり、正常に映らなくなることがあります。特に台風や大雪などの日には電波障害が発生しやすいです。
光回線なら有線で映像データを受信するという仕組みから、そのようなことはほとんど起こりません。悪天候の日でも、快適にテレビを視聴できます。

視聴できるチャンネル数が多い

光回線を利用したテレビでは、地上波やBS、CSに加えて、さまざまな専門チャンネルを視聴できます。映画、ドラマ、アニメ、音楽、スポーツなど幅広いジャンルの番組があるため、飽きることなく楽しめるでしょう。サービスによってはオンデマンド動画も視聴可能です。

光回線でテレビを見るデメリット

ただし、光回線で見るテレビには、次のようなデメリットもあります。

地域によっては利用できない

日本全国どこでも光回線でテレビを視聴できるわけではありません。都市部ではほぼ対応していますが、人口の少ない地域だと光回線を利用できない場合もあります。

賃貸住宅では利用できない場合も

賃貸住宅の場合には光回線を引く際にオーナーや管理会社から了承を得る必要があります。もし、了承が得られなかった場合には、光回線の工事そのものができません。無断で工事をすると、後々トラブルになることもあるため注意しましょう。

光テレビも楽しめる!インターネットは「ビッグローブ光」の光回線がオススメ

「インターネット回線が遅い」
「インターネット料金が高い」
などのお悩みはありませんか?

安定した速度とリーズナブルな光回線なら、
IPv6接続(IPoE方式)*1で最大1Gbps*2の「ビッグローブ光」がオススメです。

今回、ご紹介した光回線でのテレビ視聴にも対応。「ビッグローブ光テレビ」は月額750円で視聴できます。

「ビッグローブ光」なら他社の光回線(フレッツ光・コラボ光)をお使いでもお乗り換えはかんたんです。
工事費実質無料、おトクな特典もご用意しています。

 

*1 IPv6に対応していないサービス/サイトはIPv4接続となります。

*2 最大通信速度は光回線タイプによって異なります。最大通信速度はお客さまのご利用機器、宅内配線、回線の混雑状況などにより低下します。

 

ビッグローブ光について詳しく知りたい方は、こちらのバナーをクリック! 

あなたにオススメ

T.A

IT系やスマホの話題から、転職や節約術まで幅広いジャンルで執筆を手がけるWebライター。デジタルモノが好きで、新しいガジェットやWebサービスなどには目がない。