5Gとは?4Gとの違いや普及後の見通しも解説

最近になって発売されたスマホは5Gに対応しているものがほとんど。5Gは凄いってよく聞くけど何ができるのか分からない。今までの4Gの電波とどう違うの?

最近では5Gに対応しているスマホが増えてきました。5Gの対応エリアも少しずつ広がってきています。しかし、5Gとはいったいどんなものなのか、よく分からないという人も多いのではないでしょうか。本記事では5Gについて解説していきます。

第5世代の通信規格

5Gとは「5th Generation」の略で第5世代のモバイル通信の規格のことです。
モバイル通信は、1979年に自動車電話として初めてサービスが提供され、約10年周期で新しい世代の規格が誕生してきました。
世代が1つ進むごとに劇的な進歩を遂げてきましたが、今回の5Gもこれまでの4Gよりはるかに高性能なものになっています。

これまでの4Gとどう違うのか

5Gと4Gの具体的な違いについて見ていきましょう。

通信速度が格段に向上!

4Gでは下りの最大通信速度が1Gbpsでしたが、5Gでは20Gbpsと20倍に向上しました。これまでなら、ダウンロードするのに1分かかっていたファイルを3秒でダウンロードできるということです。光回線でも1Gbpsが主流ということを考慮すれば、かなりの速度だということが分かるでしょう。

通信遅延が生じにくい!

通信遅延というのはデータを要求してから実際に送信されるまでのタイムラグのことです。4Gでは10ミリ秒程度でしたが、5Gではその約10分の1の1ミリ秒に抑えられています。

また、1ミリ秒というのは1,000分の1秒のことです。非常に短い時間であるため、1ミリ秒でも10ミリ秒でもあまり変わらないと思ってしまう人もいるかもしれません。しかし、短時間に細かなデータを繰り返し何度も送受信するような場合には、違いを実感できることが多いです。

例えば、動きの激しいオンラインゲームなどでは、通信遅延の違いがよく分かります。

基地局に同時接続可能な端末台数が100倍に!

1つの基地局に接続できる端末の台数は、4Gでは100台程度でしたが、5Gではその100倍の1万台接続できるようになります。1平方キロメートルで見ると、最大100万台程度の端末を接続可能です。

モバイル通信では時間帯によって混雑してつながりにくくなることがたまにあるでしょう。これは、近くの基地局に接続しようとしているユーザーが、接続可能な数以上にいるためです。その点、5Gなら同時接続可能な端末の台数が飛躍的に増えるので、そのような理由で混雑することはほとんどなくなります。

5Gが普及すると生活やビジネスはどう変わる?

5Gが普及することで、我々の生活やビジネスなどはどのように変わるのか見ていきましょう。

IoTがより便利に

5Gの普及により、接続可能な端末数が一気に増えるため、スマホやタブレットに限らず家電製品などをインターネットに接続して使用するIoTが促進されるでしょう。
自宅で動いている家電製品の状況を外出先から確認したり、遠隔で操作したりできるようになりますから、日々の生活がより便利になるでしょう。

スポーツの試合やライブのリアルタイム配信

スポーツの試合やライブなどでは、100台以上のカメラを使用したマルチアングルでのリアルタイム配信が可能になります。まるでその場にいるかのような没入感が得られるでしょう。

医療への活用

低遅延の5Gなら、遠隔操作を行う際に緻密な動作もずれることなくリアルタイムで行えます。そのため医療の分野では、遠隔操作用のロボットによる手術なども普及するでしょう。これまでなら遠方の地域の病院に行って受けるしかなかった難易度の高い手術も、近隣の病院で受けられるようになるかもしれません。

数年後は我々の生活が劇的に進歩するかも

5Gは、これまでの4Gよりもはるかに高速で低遅延の通信を実現できるうえに、同時接続できる端末の台数も飛躍的に増えています。あと数年も経てば5Gがさらに普及し、我々の生活やビジネス環境は、劇的な進歩を遂げるでしょう。

そうなると、光回線は不要なのではと思ってしまう人もいるかもしれません。しかし、5Gはあくまでモバイル回線ですから、光回線とは役割が異なります。モバイル回線だと通信制限があるため、使用量に注意が必要です。また、5Gと光回線の両方があれば、通信障害などで万一どちらかがつながらなくなっても、もう片方が使えるので安心です。
5G普及後も自宅では光回線を使用するのがおすすめです。

インターネットを最大限楽しむには「ビッグローブ光」の光回線がオススメ!

「インターネット回線が遅い」
「インターネット料金が高い」
などのお悩みはありませんか?

安定した速度とリーズナブルな光回線なら、
IPv6接続(IPoE方式)*1で最大1Gbps*2の「ビッグローブ光」がオススメです。

「ビッグローブ光」なら他社の光回線(フレッツ光・コラボ光)をお使いでもお乗り換えはかんたんです。
工事費実質無料、おトクな特典もご用意しています。

 

*1 IPv6に対応していないサービス/サイトはIPv4接続となります。

*2 最大通信速度は光回線タイプによって異なります。最大通信速度はお客さまのご利用機器、宅内配線、回線の混雑状況などにより低下します。

 

ビッグローブ光について詳しく知りたい方は、こちらのバナーをクリック! 

あなたにオススメ

T.A

IT系やスマホの話題から、転職や節約術まで幅広いジャンルで執筆を手がけるWebライター。デジタルモノが好きで、新しいガジェットやWebサービスなどには目がない。