光回線の基本34「ルーターの再起動とリセットの違い|Wi-Fiがつながらないときの対処法」

Wi-Fiルーターの「再起動」と「リセット」の違いを説明。一見すると似た言葉にも感じますが、「ルーター本体が初期化されるかどうか」という大きな違いがあります。

「インターネットの接続不良には、Wi-Fiルーターの再起動が有効」と言われますが、それでも解決しないときの代替案として、「リセット」があります。一見すると同じ動作にも感じられますが、どのような違いがあるのでしょうか。

この記事では「光回線の基本34」と題して、ルーターの「再起動」と「リセット」の違いを説明します。

〈ポイント〉
・再起動は、「ルーターを一度寝かせて起こす」操作
・リセットは、「ルーターを工場出荷時の状態に戻す(初期化する)」操作
・再起動とリセットの違いは、「ルーターが初期化されるかどうか」

ルーターの「再起動」とは?

まず、ルーターの「再起動」について。

これは文字通り「再び起動する」動作を指し、「電源を一度OFFにして、改めてONにする」ことです。本体の電源を一度落とすことで、接続不良や不調の原因が自動で修正されます。「リブート(Reboot)」とも言いますね。

ボタンを押して操作する以外に、電源コードを抜き差しすることでもルーターを再起動できます。詳しくは下記記事で説明していますので、参照ください。

▼光回線の基本33「ルーターを再起動するにはどうすれば?3つの方法を紹介!」

ルーターの「リセット」とは?

では、一方で「リセット」とはどのような操作なのでしょうか。

意味合いとしては再起動と近いようにも感じますが、実はまったくの別物。先ほど再起動を「リブート(Reboot)」と言い換えましたね。これは「リセット(Reset)」とは別の単語です。

リセットは「再設定」と言い換えることもできます。ただし、ここでは「初期化」と表現したほうがしっくりくるかもしれません。リセットは「ルーターを工場出荷時の状態に戻す」ための操作であり、初期化後は本体に保存されているWi-Fiの設定なども消えてしまうからです。

イメージとしては、再起動は「一度寝かせて、起こす」ようなもの。電源を落としても設定は消去されません。しかしリセットは、言うなれば「記憶を消す」操作。ルーターを購入時の状態に戻すため、起動後は改めて初期設定から行うことになります。

もちろん、リセットによってルーターの不調が改善される場合もあります。まずは再起動を試してみて、それでもダメだった場合の最終手段として、リセットも選択肢に入れておくといいでしょう。

インターネットを最大限楽しむには「ビッグローブ光」の光回線がオススメ!

「インターネット回線が遅い」
「インターネット料金が高い」
などのお悩みはありませんか?

安定した速度とリーズナブルな光回線なら、
IPv6接続(IPoE方式)*1で最大1Gbps*2の「ビッグローブ光」がオススメです。

「ビッグローブ光」なら他社の光回線(フレッツ光・コラボ光)をお使いでもお乗り換えはかんたんです。
工事費実質無料、おトクな特典もご用意しています。

 

*1 IPv6に対応していないサービス/サイトはIPv4接続となります。

*2 最大通信速度は光回線タイプによって異なります。最大通信速度はお客さまのご利用機器、宅内配線、回線の混雑状況などにより低下します。

 

ビッグローブ光について詳しく知りたい方は、こちらのバナーをクリック! 

あなたにオススメ

けいろー(@Y_Yoshimune)

フリーライター。ネット大好きゆとり世代。趣味のブログをきっかけに依頼をもらうようになり、勢いで独立。書評・アニメ・グルメ・旅行など何でもござれ。 ⇒ぐるりみち