ホーム・社内・パブリックネットワークの違いと選ぶポイント!

Wi-Fi接続時にパソコンからネットワークの選択を求められることがあります。ここでは、ホームネットワーク・社内ネットワーク・パブリックネットワークの違いと、選ぶポイントを解説します。

Windows OSのパソコンでは、初めてのWi-Fiに接続するとき「このネットワーク上の他のPCやデバイスが、このPCを検出できるようにしますか?」と選択を求められることがあります。

これは、自分のパソコンを「同じネットワークに接続している他のデバイスからでも検出できるようにするかどうか」の設定で、選択によって自分のパソコンを周りから認識できる範囲が決まります。選択肢はホームネットワークと社内ネットワーク、パブリックネットワークの主に3つ。

※Windows OSのバージョンによっては、ホームネットワークと社内ネットワークは「プライベートネットワーク」に表記が統一されていることがあります。

多くの方々はネットワークごとの特徴を理解せず、何となく選択しているのではないでしょうか。
ただ、どのネットワークを選択するのかによって、使い勝手やセキュリティなどに大きく影響してくるため、ネットワークごとの特徴を理解せず選択してしまうのはとても危険です。

そこで今回は、ホームネットワークと社内ネットワーク、パブリックネットワーク、それぞれのネットワークの特徴と、どの状況でどのネットワークを選択すればいいのかを解説します。

ネットワークごとの特徴

では早速、ネットワークごとの特徴を見ていきましょう。

ホームネットワーク

ホームネットワークは、「ホーム(自宅)」とあることからも分かるように、自宅用の設定です。
このネットワークに接続(設定をオン)すると、ネットワーク上すべてのデバイスが認識され、互いにフォルダやファイル、プリンターなどを共有できるようになります。

社内ネットワーク

一方、社内ネットワークは「社内」というように、社内用の設定です。
このネットワークに接続(設定をオン)すると、前述のホームネットワークと同様、ネットワーク上のほかのデバイスとフォルダやファイル、プリンターなどを共有できます。

パブリックネットワーク

パブリックネットワークは喫茶店や空港、駅など共の場所用の設定です。

先のプライベート(ホーム・社内)ネットワークと異なり、このネットワークに接続(設定をオン)すると、ネットワーク上のほかのデバイスからは存在が隠されます。もちろんフォルダやファイルの共有も一切できません。つまり、セキュリティレベルがもっとも高いのが、このパブリックネットワークです。

基本は「パブリックネットワーク」を選べばいい

今回は、ホーム・社内・パブリックネットワークの特徴をまとめてきました。では、結局のところ、どのネットワークを選べばいいのかですが……。

ほかのデバイスとネットワークを通じてフォルダやファイルなど共有しないのであれば、とりあえず「パブリックネットワーク」を選択しておきましょう。
反対に、ほかのデバイスと、フォルダやファイル、プリンターなどを共有したいのなら、「プライベート(ホーム・社内)ネットワーク」を選択する必要があります。

”ホーム・社内・パブリック”と聞くと、「パソコンや他のデバイスを使用する場所」に応じて選択するもののように勘違いされがちですが、あくまでも「ほかのデバイスと共有したいかどうか(利用目的)」が重要になるので、間違えないよう注意してください。

インターネットを最大限楽しむには「ビッグローブ光」の光回線がオススメ!

「インターネット回線が遅い」
「インターネット料金が高い」
などのお悩みはありませんか?

安定した速度とリーズナブルな光回線なら、
IPv6接続(IPoE方式)*1で最大1Gbps*2の「ビッグローブ光」がオススメです。

「ビッグローブ光」なら他社の光回線(フレッツ光・コラボ光)をお使いでもお乗り換えはかんたんです。
工事費実質無料、おトクな特典もご用意しています。

 

*1 IPv6に対応していないサービス/サイトはIPv4接続となります。

*2 最大通信速度は光回線タイプによって異なります。最大通信速度はお客さまのご利用機器、宅内配線、回線の混雑状況などにより低下します。

 

ビッグローブ光について詳しく知りたい方は、こちらのバナーをクリック! 

あなたにオススメ

堀本一徳

世界24カ国を旅した自由人。現在はライター兼カメラマン兼ウェブデザイナーとして活動中。得意分野はIT(情報系学科出身)、旅行、教育(教員免許あり)