光回線の基本29「大学生の一人暮らし!光回線は自分名義で契約できる?」

「一人暮らしの学生は、光回線を契約できるの?」という疑問にお答えします。自分名義で契約できるのか、保護者の同意書は必要なのか、支払い方法はどうすればいいのか、まとめて説明します。

大学生の一人暮らしには、インターネット環境が不可欠。課題や調べものでネットを使う機会は多いでしょうから、なるべく固定回線を使えるようにしたいところですよね。

ですが、ここでひとつの疑問が浮かんできます。一人暮らしの学生は、光回線を契約できるのでしょうか。

この記事では「光回線の基本29」と題して、「18歳で一人暮らしをしている学生は光回線を契約できるの?」という疑問にお答えします。

〈ポイント〉
・学生や専門学生も、自分名義で光回線を契約できる
・18歳以上なら「成人」扱いなので、保護者の同意書も不要
・クレジットカードがなくても、口座振替で料金を支払える

保護者の同意書も不要!学生でも光回線の契約は可能

結論から述べますと、大学に入学したばかりの一人暮らしの学生であっても、光回線を契約することは可能です。それも自分名義で、保護者の同意も必要ありません。

2022年4月に成人年齢が引き下げられたことで、現在は18歳以上が「成人」として認められています。つまり18歳以上であれば、大学生や専門学校生も「未成年」ではありません。社会人と同様に自分名義での契約が可能です。

収入面で不安があるなどの場合は保護者名義で契約することもできますが、あとで自分名義に変えたくなっても簡単にはできないことがあるので要注意。後々名義変更をする可能性があるなら、最初から自分名義で契約しておいた方が無難かもしれません。

また、光回線の料金は口座振替で支払いができるため、クレジットカードを持っていない学生さんでも安心です。詳しくは下記ページで説明しておりますので、気になる方はそちらも参照ください。

▼光回線の基本27 光回線の料金はどうやって支払うの?

インターネットを最大限楽しむには「ビッグローブ光」の光回線がオススメ!

「インターネット回線が遅い」
「インターネット料金が高い」
などのお悩みはありませんか?

安定した速度とリーズナブルな光回線なら、
IPv6接続(IPoE方式)*1で最大1Gbps*2の「ビッグローブ光」がオススメです。

「ビッグローブ光」なら他社の光回線(フレッツ光・コラボ光)をお使いでもお乗り換えはかんたんです。
工事費実質無料、おトクな特典もご用意しています。

 

*1 IPv6に対応していないサービス/サイトはIPv4接続となります。

*2 最大通信速度は光回線タイプによって異なります。最大通信速度はお客さまのご利用機器、宅内配線、回線の混雑状況などにより低下します。

 

ビッグローブ光について詳しく知りたい方は、こちらのバナーをクリック! 

あなたにオススメ

けいろー(@Y_Yoshimune)

フリーライター。ネット大好きゆとり世代。趣味のブログをきっかけに依頼をもらうようになり、勢いで独立。書評・アニメ・グルメ・旅行など何でもござれ。 ⇒ぐるりみち