やっぱり有線LANは快適!無線LANにはない魅力を紹介

無線LANはとっても便利ですが、ゲームが遅くなったり、リモート会議で音声が途切れたりしたことはありませんか?そんな時は有線LANにすると改善できる場合があります。

みなさんがご家庭でインターネットを使う時、きっと無線LANを使っていますよね?今やスマートフォンやタブレット、ノートパソコンにも無線LANは標準で装備されているので、家のインターネットを使うのに無線LANがないなんて考えられない時代です。

そんな無線LANですが、ご家庭で使っていて不便を感じる事はないでしょうか?例えばなんだか再生中の動画が途切れがちだったり、ダウンロードに時間がかかるなど、主に通信速度の安定面で不満が出ることが多いと思います。

そんな時に安定したインターネットが楽しめるのが有線LANです。ご家庭のルーターの背面にある端子にLANケーブルを接続し、そこからパソコンやゲーム機と接続することで安定したインターネット環境が得られます。

そこで今回は無線LANと有線LANの違いや特徴、より快適に有線LANを使うためのお話をさせてもらおうと思います。

なぜ遅くなるの?目に見えない電波の不思議

そんな便利な無線LANにおいて不便を感じるのは恐らく、動画再生が途中で止まったり、リモート会議中に音声や映像が途切れるといった通信の不安定さではないでしょうか?

無線LANが不安定な理由として有名な物は主に2つあります。1つは電子レンジなど、同じ周波数帯を使う機器の稼働により電波干渉が発生し、速度低下する場合があること。これは周波数2.4GHz帯の無線LANを使っていると発生しやすい現象です。

もう1つは、無線LANルーターと使用者の端末の間に壁などの遮蔽物があると速度が低下する場合があること。これは周波数5GHz帯の無線LANを使う場合に起こる現象です。

このように現在の無線LANでは主に2種類の周波数帯を使っているのですが、いずれも得意、不得意な要素があり、不得意なところでは速度が大幅に低下してしまいますので、無線LANルーターを置いた部屋以外では2.4GHz帯を、同じ部屋なら5GHz帯を使う事で、これら不得意な要素は多少解消できます。

原因がわからないことも……

これらは明確に速度低下の原因がわかっている事例ですが、無線LANにおいては、明確な原因が分からないのになぜか遅くなるといった事例も多く見受けられます。機材の故障や設定など調べれば分かる部分に原因があるなら改善の余地もあるのですが、目に見えない電波干渉などのトラブルが発生している可能性もあり、こうなると原因の特定は個人では困難の極みです。

人に迷惑をかけないためにも

通信の不安定さは特にリモート会議やオンラインゲームといった常に一定の通信速度での接続が必要な場合に問題になります。リモート会議中に音声が途切れてしまうと、もう打ち合わせその物が成立しなくなってしまいますので困ってしまいますよね。

また、オンラインゲームでは通信速度が不安定になると、”ラグ”と呼ばれる、ゲーム内での遅延が発生することとなり、ゲームをプレイしている本人だけでなく、むしろ一緒にプレイしている仲間に迷惑をかけることになってしまいます。

他にもオンライン講座を発信しているような個人事業主の方の場合、配信その物がビジネスの種なわけですから、通信状態が悪い配信でお客様にご迷惑をかけるわけにはいきません。

このような時に家庭内で安定したインターネットを実現するのが有線LANなのです。

有線LANってこんなに快適!

使うのはLANケーブルと「無線LANルーター」でOK

有線LANを使うのには、みなさんがご家庭で使用している無線LANルーターを使用します。

無線LANルーターの背面を確認してみましょう。おそらく写真のように、「LAN」と書かれた端子がいくつか空いていることと思います。有線LANではLANケーブルを無線LANルーターの背面にある端子に接続し、そのケーブルを使いたい機材の端子に接続することで簡単に利用できます。既に設置済みの無線LANルーターであれば、空いているLAN端子に接続すればいいだけなので、あまり難しいことはないでしょう。

接続はシンプルなのに速度は圧倒的!

有線LANのメリットはとにかく安定した高速通信が挙げられます。例えばパソコンで通信の応答速度を測るコマンドに「ping」というものがありますが、これを使って無線LAN接続のパソコン同士でどのくらいの応答速度が出るかを測ってみると、大体平均3ミリ秒でしたが、速い場合で2ミリ秒、遅い場合だとミリ秒近くかかっていました。

これを有線LAN接続のパソコン同士で測定すると平均1ミリ秒未満、最も遅い場合も1ミリ秒しかかかっていないという結果が出ました。数値で見ると数倍も応答速度が速くなっているのがわかります。

特筆すべきは速さ以上に安定性

速さ以上に体感できるのは安定性です。前述のpingによる測定でも、無線LAN同士の測定の場合、何度も繰り返しているとたまに応答速度が30ミリ秒以上かかってしまう場合がありますが、有線LANの場合、何回繰り返しても、その結果がほとんど変わりません。

ミリ秒という単位はあまりピンと来ないかもしれませんが、1秒は1,000ミリ秒です。こう聞くと「30ミリ秒でも十分に速いのでは?」と思う人もいるかもしれません。ですが、リモート会議や動画配信などの世界ではこうしたちょっとの遅延が積み重なって、全体の遅延や音の途切れを生み出します。

このことは実際の映像配信やゲームプレイでも如実に現れます。特に安定した配信ができている場合はいいのですが、無線LANで不安定な環境だった人は有線LANに変更するだけで、劇的な改善が期待できる場合があります。

▲有線LANで繋いだパソコン同士のping結果。1ms未満は1ミリ秒未満で反応が返ってきたことを示します。端的に言うと超速いです

▲無線LANで繋いだパソコン同士のping結果を見てみると、有線LANの場合と比べてばらつきが大きく、反応速度もちょっと遅いです。このわずかな遅延が常時通信を続ける動画配信やオンラインゲームの不安定な動作を生み出します

有線も無線もあまり状況が変わらない場合は、無線LANルーターとホームゲートウェイの間のLANケーブルの確認や、プロバイダーや回線事業者など、光回線自体に原因がある可能性が高いため、そちらを調べてみるのがいいでしょう。

LANケーブルのチョイスに注意!

このように有線LANにはメリットも多いですが、その設置には注意が必要です。最も注意するべきポイントはケーブルです。

まずはケーブルの種類が重要です。ポイントとなるワードは「カテゴリ」と「ストレート」、そして「UTP」です。

LANケーブルにはカテゴリ(Cat)と呼ばれる種類があります。家電量販店などに行くと様々な種類のケーブルが販売されていますが、ご家庭にギガビットの光回線を導入しているなら、カテゴリは「Cat5e」、「Cat6」、「Cat6A」のどれかにしましょう。

そしてケーブルの種類は「ストレート」を選択し、「クロス」を選択してはいけません。最後に「UTP」と「STP」については「UTP」をチョイス。これでバッチグーです。

安くても「Cat5」のケーブルは避けて!

恐らく安いLANケーブルの中にはカテゴリが「Cat5」の物もあるでしょう。しかしこれは選択してはいけません。なぜならCat5のケーブルは最大通信速度が100Mbpsのため、1Gbpsのギガビットの光回線の速さを活かせない場合があるからです。

ちなみに、これはあくまでも規格上の話であり、実際にはCat5ケーブルで1Gbpsのギガビットの光回線でも正常に動作する場合もあるようですが、今からどうせ買うならCat5以上のケーブルを買うのが無難でしょう。

逆に高級なケーブルの中にはカテゴリが「Cat7」や「Cat8」の物もあるかと思います。通常なら最も高級な物であれば間違いはないはずなのですが、LANケーブルに関しては異なります。これらはUTPではなくSTPとなっているため、これらもおススメしません。

LANケーブルのUTPとSTPって?

UTPとSTPの主な違いはシールドの有無です。シールドとは文字通り、ノイズや混線といった外部からの干渉を防ぐシールドです。こうして聞くとシールドの付いたSTPの方がより安定した通信ができそうなイメージですが、実際のところSTPケーブルは対応した機器に接続しないとシールドの効果が活かせません。

活かせないだけならまだしも、返って別のトラブルが発生してしまう恐れがあります。残念ながらご家庭で使う無線LANルーターやゲーム機、パソコンといった機器はこのSTPには対応していないので、これらを選んでも余計なトラブルが増えるだけです。そのため、ここではSTPケーブルはおススメできないのです。

 

エレコムのCat5e準拠の有線LANケーブル「LD-CTN/BU3」

LAN端子のないPCもあるので注意!

そして、最近の薄型ノートパソコンでは有線LAN端子を標準で搭載していない物も増えてきました。こうした製品で有線LANを使うにはUSBなどで繋げる外付けの有線LANアダプターが必要になりますので、お手持ちのノートパソコンで有線LANが使えるか、事前に確認しておくのがよいでしょう。

有線LANのデメリットとは!?

ここまで、有線LANのメリットをたくさんご紹介してきましたが、デメリットもあります。

最も大きなデメリットは、ケーブルを引かなければならないということです。キレイなお部屋に線が這うことで見た目が悪くなりますので、これは大きなデメリットと言えるでしょう。

見た目だけでなく、ケーブルに足を引っかけてしまったり、猫や犬などのペットのいたずらで断線してしまう場合があるなど、取り回しで苦労するのが有線LANの最大のデメリットと言えるでしょう。これについての回避方法は必要な時だけ線を出し入れするようにすることで補うのがいいですね。

安定性抜群の有線LAN!

以上、有線LANと無線LANの違いや速度低下の原因などについて解説しました。

有線LAN端子はちょっと昔のパソコンには必ず搭載していましたが、使う人が減ってしまったせいか、最近では搭載していないパソコンも増えてきました。
お手元のパソコンに有線LANがない場合は、USB接続の有線LANアダプターを買うのがいいでしょう。また、タブレットやスマートフォンでもこうした外付けの有線LANアダプターを使うことができますので、気になる人は調べてみてください。

BUFFALOのUSB LANアダプター「LUA4-U3-AGTE-NBK」
パソコンだけでなく、有線LANを搭載していないゲーム機、任天堂の「Nintendo Switch」でも使えます

もし有線LANに変更してもあまり改善されない場合は、ホームゲートウェイと無線LANルーターの間を繋ぐLANケーブルの交換、最終的には光回線事業者やプロバイダーの見直しが必要になってくるでしょう。

光回線を引いたのに、無線LANでインターネットを使っているとイマイチ快適にならないと感じているのでしたら、是非一度有線LANを試してみてはいかがでしょうか?

インターネットを最大限楽しむには「ビッグローブ光」の光回線がオススメ!

「インターネット回線が遅い」
「インターネット料金が高い」
などのお悩みはありませんか?

安定した速度とリーズナブルな光回線なら、
IPv6接続(IPoE方式)*1で最大1Gbps*2の「ビッグローブ光」がオススメです。

「ビッグローブ光」なら他社の光回線(フレッツ光・コラボ光)をお使いでもお乗り換えはかんたんです。
工事費実質無料、おトクな特典もご用意しています。

 

*1 IPv6に対応していないサービス/サイトはIPv4接続となります。

*2 最大通信速度は光回線タイプによって異なります。最大通信速度はお客さまのご利用機器、宅内配線、回線の混雑状況などにより低下します。

 

ビッグローブ光について詳しく知りたい方は、こちらのバナーをクリック! 

あなたにオススメ

池紀彦

パソコン、スマホ、新しいガジェットやカバンなどが大好きな副業ライター。他にもユニークなサービスや面白いことなど幅広くチェック!自分の目と耳で体感した内容をまとめる体当たり系記事が得意。