光回線の基本24「光回線があれば、家中どこの部屋でもWi-Fiに繋げるの?」

光回線のWi-Fi接続について、家の中のどこからでもつながるのかどうかを説明。基本的には場所を問わず接続できますが、家の広さや障害物が影響してつながりにくくなる場合もあります。

パソコンやスマートフォンなど、複数の端末をインターネットにつないでくれる光回線。ケーブルいらずで便利ですが、家の中のどこからでもWi-Fiで接続することはできるのでしょうか。

この記事では「光回線の基本24」と題して、屋内で光回線が使える場所に制限はあるのかどうかを説明します。

〈ポイント〉
・基本的には、光回線があれば家のどこからでもWi-Fiに接続できる(Wi-Fiルーターは必要)
・ただし、Wi-Fiルーターとの距離や障害物の問題でつながりにくくなる場合も
・障害物をなくしたり、中継機を導入したりすることで改善できる

光回線があれば、家中でWi-Fiが使える!

結論としては、基本的には「光回線があれば、家の中のどこからでもインターネットにWi-Fi接続できる」と言えます。

一軒家であったとしても、一般的な広さであれば、だいたいどの場所にもWi-Fiの電波が届くはず。「リビングに設置してあるWi-Fiルーターと、離れた寝室のスマホをつないで、ネットに接続する」なんてことも普通に可能です。

ただし、電波が届かないケースもゼロではありません。広さによっては接続が不安定になる可能性がありますし、障害物によって電波が阻害されることもあります。Wi-Fiルーターから離れた部屋でWi-Fiを使う際には、そういった問題も無視できません。

「つながりにくい」と感じたときの原因と対策

もし「Wi-Fiルーターから離れた部屋ではインターネットにつながりにくい」と感じたら、以下に挙げる対策を講じましょう。

広い一軒家や、特殊な構造の建物については、「中継機」の導入がおすすめ。これは文字通りWi-Fiの電波を“中継”してくれる機器であり、廊下などに設置することで、電波の届く範囲を広げてくれます。

また、Wi-Fiルーターの設置場所もポイント。

中継機を使わなくても、Wi-Fiルーターを置く場所を変えたり、障害物をなくしたりすることで、電波状況が改善されるケースもあります。Wi-Fiルーターの設置場所については下記記事で取り上げておりますので、興味のある方はあわせてご覧ください。

光回線の基本23 ルーターってどこにおいておくのがいいの?

インターネットを最大限楽しむには「ビッグローブ光」の光回線がオススメ!

「インターネット回線が遅い」
「インターネット料金が高い」
などのお悩みはありませんか?

安定した速度とリーズナブルな光回線なら、
IPv6接続(IPoE方式)*1で最大1Gbps*2の「ビッグローブ光」がオススメです。

「ビッグローブ光」なら他社の光回線(フレッツ光・コラボ光)をお使いでもお乗り換えはかんたんです。
工事費実質無料、おトクな特典もご用意しています。

 

*1 IPv6に対応していないサービス/サイトはIPv4接続となります。

*2 最大通信速度は光回線タイプによって異なります。最大通信速度はお客さまのご利用機器、宅内配線、回線の混雑状況などにより低下します。

 

ビッグローブ光について詳しく知りたい方は、こちらのバナーをクリック! 

あなたにオススメ

けいろー(@Y_Yoshimune)

フリーライター。ネット大好きゆとり世代。趣味のブログをきっかけに依頼をもらうようになり、勢いで独立。書評・アニメ・グルメ・旅行など何でもござれ。 ⇒ぐるりみち