光回線の初期設定は難しい?初心者がつまずくポイントをチェック

光回線の初期設定、なんだか不安……と思っている方も多いですよね。ここでは、光回線の初期設定で、初心者がつまずきやすいポイントをまとめてご紹介します。

光回線の契約が済み、スムーズにネットが開通できるはずが……、実は初心者がつまずきやすいポイントがいくつかあります。ここでは、光回線を契約して、自分でルーターを用意する場合に、初心者がつまずきやすいポイント4つをご紹介します。

光回線の初期設定、初心者がつまずきやすい4つのポイント

光回線を契約した後、開通工事が終わって光回線が開通すれば、すぐにネットが使える! と思っていませんか。

実は、光回線が開通した後に、初期設定やルーターの設定、配線周りを自分で整えなければいけません。開通工事が終わった後、実際にインターネットを使い始めるまでに、どんなことに気を付けておけば良いのか事前にチェックしておくとスムーズです。

以下で、初心者がつまずきやすいポイント4つをみていきましょう。

1.光回線対応のルーターかチェックしておこう

もっとも重要なのは、規格に合った適切なルーター選びができるかどうかです。ルーター選びを間違えると、せっかくの高速インターネットでも、その速度を十分に発揮できないこともあります。もし自分でルーターを選ぶのが不安な場合は、プロバイダや光コラボ事業者によるレンタルを利用するのもひとつ。契約時に、オプションで選べることがほとんどですので、チェックしておきましょう。

また、地域や時間帯の影響を受けにくく、快適なインターネット接続ができる「IPv6サービス」を利用したい場合は、必ず対応機種かどうかチェックしておきましょう。

ルーター選びのもうひとつのポイントとしては、現在の最新規格「Wi-Fi 6」に対応しているかどうか。ただし、Wi-Fi 6を利用する場合は、ルーターだけでなく、接続するスマートフォンなどの機器も対応していることが前提となります。

2.初期設定をするパソコンを準備しておこう

光回線の初期設定では、スマートフォンかパソコンが必要になります。スマートフォンでWi-Fi設定をしたことがない場合は、パソコンの方が作業がスムーズかもしれません。パソコンを使って初期設定する場合は、直接ONU(光回線を利用する場合の変換装置)とパソコンを接続すれば、インターネット接続設定を進められます。

3.配線周りをイメージしておこう

配線周りを具体的にイメージしておくと、インターネット接続設定の際に迷うことがありません。たとえば、ONUとルーターを設置する際、電源が2つ必要です。

また、パソコンを使ってインターネット初期設定を行う場合は、ONUとパソコンをLANケーブルで接続します。一方で、初期設定が完了した後、ルーターの設定を行う際は、ONUとルーターをLANケーブルで接続します。

ONUとパソコンをつなぐ時は、何も考えずにパソコン側のLANポートにLANケーブルを差し込みますが、ルーターにLANケーブルを差し込む際は「LAN」ではなく「WAN」と記載されたところとONUのポートを接続します。

もちろんプロバイダや光コラボ事業者から、契約時に詳しいインターネット接続ガイドが配布されるはず。しかし、初めての場合はイメージができず、どのパターンで接続設定を行うのかわかりにくいこともあります。特にインターネットの初期設定とルーターの設定で混乱してしまいがちです。

4.プロバイダから届くIDやパスワードの書類

意外と盲点になるのが、プロバイダや光コラボ事業者から届くIDとパスワードの用紙をどこに保管していたかな? というもの。IDやパスワードが記載された用紙がないと、インターネットの初期設定が進められません。開通工事の時に配布されるのではなく、事前に自宅に郵送されてくるので大切に保管しておきましょう。

接続アカウントが「xxx@xxx.xxx.ne.jp」のように、メールアドレスのような形式になっていることもあり、接続時のIDとパスワードかわかりにくく、ちょっとしたつまずきポイントになっています。

訪問サポートも上手に活用して初期設定をスムーズに

初心者がつまずきやすいポイントがわかっていれば、初期設定がスムーズになりそう。

光回線のインターネット初期設定は、度々行うものでもないので、久しぶりの対応に困ってしまうこともありますよね。不安な場合や、忙しくて時間が取れない場合は、訪問設定サポートを利用するのもひとつです。光回線の初期設定をする際には、参考にしてみてくださいね。

インターネットを最大限楽しむには「ビッグローブ光」の光回線がオススメ!

「インターネット回線が遅い」
「インターネット料金が高い」
などのお悩みはありませんか?

安定した速度とリーズナブルな光回線なら、
IPv6接続(IPoE方式)*1で最大1Gbps*2の「ビッグローブ光」がオススメです。

「ビッグローブ光」なら他社の光回線(フレッツ光・コラボ光)をお使いでもお乗り換えはかんたんです。
工事費実質無料、おトクな特典もご用意しています。

 

*1 IPv6に対応していないサービス/サイトはIPv4接続となります。

*2 最大通信速度は光回線タイプによって異なります。最大通信速度はお客さまのご利用機器、宅内配線、回線の混雑状況などにより低下します。

 

ビッグローブ光について詳しく知りたい方は、こちらのバナーをクリック! 

あなたにオススメ

中野友希(なかのゆき)

税理士補助や経理、職場の衛生管理者としてメンタルヘルスケアに取り組むなど、探求心旺盛な会社員時代を過ごす。出産後、楽しい物事を文章で伝えることに使命感を燃やしながら、フリーライターとして独立。ヘルスケア、ペット専門のオウンドメディアなどを中心に執筆中。