光回線の基本22「光コンセントって何?普通のコンセントと違うの?」

「光コンセント」について解説。通常のコンセントとは形状が異なる、光回線をインターネットと接続するためのコンセント。建物や物件によってはすでに設置されている場合もあります。

光回線について調べていて、初めて「光コンセント」の存在を知った――そんな人も、少なからずいらっしゃるのではないでしょうか。

この記事では、「光コンセント」が普通のコンセントとどう違うのかについて説明します。

〈ポイント〉
・「光コンセント」は、光回線専用のコンセント
・通常のコンセントとは形状が異なり、光回線を接続するためのもの
・建物や物件によっては、すでに設置されている場合もある

「光コンセント」とは?

実際に「光コンセント」という単語自体を初めて聞いた人、まったく耳慣れない人も少なくないのではないでしょうか。

まず真っ先に「普通のコンセントと何が違うの?」という疑問が浮かびますが、何も難しい説明はありません。これは文字通り、「光回線専用のコンセント」です。

「コンセント」という名称ではありますが、通常のコンセントとは形状が異なります。すでに光回線を引き込んでいる建物や物件であれば、屋内の壁面を探せば光コンセントが見つかるはず。通常のコンセントと並んで設置されている場合もあります。

光コンセントの役割は?

光コンセントの役割は、電柱から引き込んだ光回線を屋内につないで、インターネットと接続させること。

基本的には「ONU」と呼ばれる装置と光コンセントをケーブルでつなぎ、ONUをルーターと接続することで、家庭内のデバイスでインターネットを使えるようになります。ONUについては下記記事で解説していますので、興味のある方はご覧ください。

ONUとルーターの違いがわからない!2つの機器の特徴と役割を解説

もし光コンセントがすでに設置されているようであれば、光回線の導入時に工事が不要になる可能性があります。光回線の契約を検討中の方は、壁面に光コンセントがないか探してみてください。

インターネットを最大限楽しむには「ビッグローブ光」の光回線がオススメ!

「インターネット回線が遅い」
「インターネット料金が高い」
などのお悩みはありませんか?

安定した速度とリーズナブルな光回線なら、
IPv6接続(IPoE方式)*1で最大1Gbps*2の「ビッグローブ光」がオススメです。

「ビッグローブ光」なら他社の光回線(フレッツ光・コラボ光)をお使いでもお乗り換えはかんたんです。
工事費実質無料、おトクな特典もご用意しています。

 

*1 IPv6に対応していないサービス/サイトはIPv4接続となります。

*2 最大通信速度は光回線タイプによって異なります。最大通信速度はお客さまのご利用機器、宅内配線、回線の混雑状況などにより低下します。

 

ビッグローブ光について詳しく知りたい方は、こちらのバナーをクリック! 

あなたにオススメ

けいろー(@Y_Yoshimune)

フリーライター。ネット大好きゆとり世代。趣味のブログをきっかけに依頼をもらうようになり、勢いで独立。書評・アニメ・グルメ・旅行など何でもござれ。 ⇒ぐるりみち