光回線の基本13「光回線を自宅に引き込む方法は?回線工事の方法を簡単に説明!」

光回線がどうやって自宅まで届いているかを説明。街中の電線や電柱をどのように通っているのか。回線工事では具体的にどのような「工事」が行われるのか。簡単にまとめました。

私たちがインターネットを快適に使えているのは、インターネット回線の存在のおかげ。近年は光回線も普及し、一般家庭でも高速通信が可能になりました。

ところで、光回線といえば、よく聞くのが「回線工事が必要」という話。光回線を使うためには、自宅に回線を引かなくてはなりません。

では、具体的にはどのように回線を“引いて”きているのでしょうか。

〈ポイント〉
・光回線も電話などと同じように、電線と電柱を通って各家庭に届いている
・回線工事によって、電柱の中を通る光ファイバーを建物に引き込む
・最近は壁に穴をあけることは少なく、マンションでも光回線を引き込める

光回線はどこを通っているの?

私たちの生活に欠かせない「線」といえば、真っ先に思い浮かぶもののひとつが「電線」ですよね。電気はもちろん、電話やインターネットなどの通信回線も、街中に張り巡らされた電線によって各家庭に供給されています。

では、光回線は街中のどこを通っているのでしょうか。実は光回線も、電話などと同じ「通信用電線」に含まれています。

通信用電線には、電話用のメタル通信ケーブルのほかに、光信号を伝える「光ファイバーケーブル」があります。この光ファイバーケーブルを使ってデータ通信を行うインターネット回線が、光回線である――というわけです。

▼参考記事
光回線の基本① そもそも「光回線」って?光ファイバーって何のこと?

「回線工事」は具体的に何をしているの?

自宅で光回線を利用するためには、光ファイバーケーブルを電柱から建物へと引き込まなければなりません。

光回線の導入に必要な「回線工事」の内容が、ずばりこの作業です。

電柱からケーブルを引き込む方法は建物によって異なりますが、工事ができるのは戸建住宅だけではありません。マンションでも共有部分にケーブルを引き込み、各部屋に光回線を接続することができます。

また、ケーブルは電話線の配管などを使って引き込むことができるため、壁に穴をあけるようなケースは意外と多くありません。ただし「建物の近くに電柱がない」など、周辺の状況によっては工事が難しい場合もあります。

もし光回線の導入を検討しているということでしたら、まずは回線事業者やプロバイダーに問い合わせてみてください。

インターネットを最大限楽しむには「ビッグローブ光」の光回線がオススメ!

「インターネット回線が遅い」
「インターネット料金が高い」
などのお悩みはありませんか?

安定した速度とリーズナブルな光回線なら、
IPv6接続(IPoE方式)*1で最大1Gbps*2の「ビッグローブ光」がオススメです。

「ビッグローブ光」なら他社の光回線(フレッツ光・コラボ光)をお使いでもお乗り換えはかんたんです。
工事費実質無料、おトクな特典もご用意しています。

 

*1 IPv6に対応していないサービス/サイトはIPv4接続となります。

*2 最大通信速度は光回線タイプによって異なります。最大通信速度はお客さまのご利用機器、宅内配線、回線の混雑状況などにより低下します。

 

ビッグローブ光について詳しく知りたい方は、こちらのバナーをクリック! 

あなたにオススメ

けいろー(@Y_Yoshimune)

フリーライター。ネット大好きゆとり世代。趣味のブログをきっかけに依頼をもらうようになり、勢いで独立。書評・アニメ・グルメ・旅行など何でもござれ。 ⇒ぐるりみち