光回線!マンションタイプとファミリータイプの違いは?

光回線には、マンションタイプとファミリータイプの二種類があります。この二つは何が違うのか説明できますか?タイプ別の違いを、工事や料金など要素別に紹介します。

光回線のインターネット契約には「マンションタイプ」「ファミリータイプ」の二種類があります。「家の種類で決まるんだろうな」となんとなく思っていても、細かい違いを説明できない人もいるのではないでしょうか。

この記事では、マンションタイプとファミリータイプの違いを紹介します。「うちはどっち?」「マンションでもファミリータイプを契約したい」という方は参考にしてください。

対象が集合住宅か戸建てかで適用タイプが異なる

マンションタイプとファミリータイプは、その名の通り入居している家の種類で適用プランが異なります。正確には、家の種類に応じて回線を引き込む方法が異なるため、対象のプランも違ってきます。

戸建て(ファミリータイプ) 電柱から直接光回線を自宅に引き込む。
集合住宅(マンションタイプ) 電柱から共用部まで引き込み済みの場合。
引き込んだ光回線は住人で共有する。

戸建て用のファミリータイプでは、引き込んだ光回線を独占できる分、回線速度はマンションタイプより速い傾向にあります。

マンションタイプとファミリータイプの工事内容の違い

光回線の引き込み方が異なるため、マンションタイプとファミリータイプでは工事の内容も違ってきます。

ファミリータイプの工事内容

ファミリータイプの工事は「1.電柱からの光ファイバーの取り込み」「2.室内への光ファイバーの引き込み」の二つの作業が必要です。

室内への引き込みは、エアコンの穴(ダクト)や電話線の穴を利用し、極力家を傷つけないよう行われますが、必要であれば壁に新たな穴を開けることもあります。

引き込んだあと、機器を接続するための光回線用コンセントを設置します。

マンションタイプ(光回線導入済み集合住宅)の場合

光回線導入済みのマンションの場合、共用部までの引き込みが完了していることが多いです。このケースでは、前述の「2.室内への光ファイバーの引き込み」のみ行います。

マンションタイプで工事なしになる場合

集合住宅で、部屋まで引き込み済みの場合もあります。この場合、作業員による工事はなく、機器を接続すれば即利用が可能です。

工事費はファミリータイプの方が高め

ファミリータイプは、電柱からの回線引き込み作業が発生する分、マンションタイプより高めの工事費が設定されています。

料金はマンションタイプのほうが安い

光回線の料金は、ほとんどの場合でマンションタイプのほうが安くなっています。光コラボ事業者と契約するケースなら、月額にして1,000円の差になることが多いです。

ビッグローブ光の場合、ファミリータイプとマンションタイプの月額料金は次のとおりです。

ファミリータイプ 税込5,478円
マンションタイプ 税込4,378円

※2022年4月現在の料金

集合住宅でもファミリータイプになるケースは?

ファミリータイプかマンションタイプかは、住居の種類で決まることが多いですが、集合住宅でもファミリータイプになるケースがあります。このケースは、管理会社や大家さんが想定していないことがあるため、事前に工事の許可を取っておきましょう。

では、どのような場合にファミリータイプの契約が必要になるのでしょうか。

光回線が引かれていない

比較的新しい建物なら、共用の光回線が導入されていることが多いのですが、古い集合住宅では光回線が通っていないことがあります。

この場合、戸建てと同じ工事が必要なのでファミリータイプを契約する必要があります。

ファミリータイプを使いたいと希望するとき

「より速い回線でインターネットを使いたい」「回線を共有するマンションタイプはセキュリティが心配」などの理由で、導入済みの回線とは違う回線を使いたい場合、別途ファミリータイプを契約できることもあります。

集合住宅でファミリータイプを契約したい場合、建物の状態によっては電柱からの光回線の引き込みができない場合もあります。申し込みの際に集合住宅であることを伝えておきましょう。

どちらになるかは住居の状況によって異なる

マンションタイプとファミリータイプのどちらになるかは、住居のタイプや状況によって異なります。集合住宅でどちらになるか分からないときは、大家さんや管理会社に光回線の導入状況を確認しましょう。

インターネットを最大限楽しむには「ビッグローブ光」の光回線がオススメ!

「インターネット回線が遅い」
「インターネット料金が高い」
などのお悩みはありませんか?

安定した速度とリーズナブルな光回線なら、
IPv6接続(IPoE方式)*1で最大1Gbps*2の「ビッグローブ光」がオススメです。

「ビッグローブ光」なら他社の光回線(フレッツ光・コラボ光)をお使いでもお乗り換えはかんたんです。
工事費実質無料、おトクな特典もご用意しています。

 

*1 IPv6に対応していないサービス/サイトはIPv4接続となります。

*2 最大通信速度は光回線タイプによって異なります。最大通信速度はお客さまのご利用機器、宅内配線、回線の混雑状況などにより低下します。

 

ビッグローブ光について詳しく知りたい方は、こちらのバナーをクリック! 

あなたにオススメ

いちはら

今日の晩御飯から不動産・転職までこなすマルチジャンルライター。Twitterでも活動中。Twitter:@IchiharaMakiwo