光回線の基本7 光回線を引くのに必要な費用はいくら?工事費と月額料金を確認しよう

光回線の導入にかかる初期費用と、月額費用の相場について。契約料と工事費を含む初期費用と、月々のインターネット料金のおおよその金額をまとめました。

高速通信が可能な光回線ですが、いざ導入しようとなると気になるのが「費用」の問題。

回線工事も必要と聞きますが、実際にはどのくらいお金がかかるのでしょうか。この記事では光回線の基本⑦として、大まかな初期費用と月額料金をチェックしてみました。

〈ポイント〉
・光回線の初期費用は20,000円程度が相場
・工事費は16,500円または26,400円に設定しているサービスが多い
・光コラボのキャンペーンを利用すれば、工事費は無料に!
・月額料金は4,000〜6,000円

工事費は高額?光回線を導入する際の初期費用

光回線の初期費用としては、「契約料」と「工事費用」があります。

まず契約料に関しては、フレッツ光が880円。それ以外の光コラボ事業者は多くのサービスで3,300円に設定されています(※一部安いサービスも)。

一方、問題の工事費用については、集合住宅か戸建住宅かによっても若干の違いがあります。

集合住宅のほうが安い傾向にあり、安いところで16,500円程度。戸建住宅だと19,800円程度が最安になっています。もちろん費用は事業者によって幅があり、26,400円設定のサービスも多いほか、高いところだと40,000円を超える場合もあります。

キャンペーンを利用すれば実質無料!?

しかし同時に、多くの光コラボ事業者では「工事費無料」を謳うキャンペーンやキャッシュバックも実施中。

キャンペーンを利用すれば実質無料となるため、工事費用はかからないものとして計算することもできます。ただしキャンペーンの適用には条件もありますし、事務手数料は基本的に割引になりません。契約の際には注意しましょう。

光回線のおおよその月額料金は?

では、実際に光回線を契約し、工事も完了した後。月々のランニングコストについては、どのくらいかかるのでしょうか。

サービスによってインターネット料金は異なりますが、集合住宅は4,000〜5,000円程度、戸建住宅は5,000〜6,000円程度が月額料金の相場だと言われています(※プロバイダー利用料と回線使用料を合わせた金額)。

月額料金については、中には「初月無料」「○ヶ月割引」などのキャンペーンを実施しているサービスもあります。光回線を選ぶ際には、そのあたりも判断材料として比較検討してみてください。

インターネットを最大限楽しむには「ビッグローブ光」の光回線がオススメ!

「インターネット回線が遅い」
「インターネット料金が高い」
などのお悩みはありませんか?

安定した速度とリーズナブルな光回線なら、
IPv6接続(IPoE方式)*1で最大1Gbps*2の「ビッグローブ光」がオススメです。

「ビッグローブ光」なら他社の光回線(フレッツ光・コラボ光)をお使いでもお乗り換えはかんたんです。
工事費実質無料、おトクな特典もご用意しています。

 

*1 IPv6に対応していないサービス/サイトはIPv4接続となります。

*2 最大通信速度は光回線タイプによって異なります。最大通信速度はお客さまのご利用機器、宅内配線、回線の混雑状況などにより低下します。

 

ビッグローブ光について詳しく知りたい方は、こちらのバナーをクリック!    

あなたにオススメ

けいろー(@Y_Yoshimune)

フリーライター。ネット大好きゆとり世代。趣味のブログをきっかけに依頼をもらうようになり、勢いで独立。書評・アニメ・グルメ・旅行など何でもござれ。 ⇒ぐるりみち