光回線の基本2 「光回線の「速度」ってどういう意味?」

光回線の「速度」について説明。回線の「速さ」や「通信速度」が意味するものを、改めて解説。速度が速い場合、遅い場合にどういった影響があるのかもまとめました。

通信の「速さ」に定評がある光回線。

ですが、光回線の「速度」とは、いったい何が「速い」のでしょうか。この記事では、光回線の基本②としてネット通信の「速度」の意味についておさらいします。

〈ポイント〉
・ネット通信の「速度」とは、データを送受信する速さのこと
・光回線が「速い」のは、まとめて送受信できるデータの量が多いから
・速度が速い光回線なら、高画質の動画もすぐに見られる

光回線の「速度」とは

光回線に限らず、データ通信を行う回線には「速度」の違いがあります。

たとえば、画像がたっぷり使われているサイトに接続してなかなかページが表示されないときに、「重い」という言葉を使いますよね。これは、大量のデータ通信を行うことで「読み込みに時間がかかっている」ことを指しています。

しかし一方で、同じ「重い」はずのページでも、光回線だと一瞬で表示されることがあります。高画質の動画もすぐに再生されたり、大容量ソフトのダウンロードもあっという間だったり。

なぜなら、光回線は一度に送受信できるデータの量が多いから。

まとめて送受信できるデータの量が多いと、当然、画像や動画もサクサク表示されます。読み込みに時間がかからない、つまり「速く(早く)」ページが表示される――このことを、「通信速度が速い」と表現しているわけですね。

通信速度が違うと、どんな影響がある?

では、光回線をはじめとする通信速度の違いは、私たちにどのような影響を与えているのでしょうか。

まずは先ほどの例のように、サイトの表示時間に違いが出てきます。高速回線なら一瞬で表示されるサイトも、低速回線では読み込みに何十秒もかかってしまう、なんてことも珍しくありません。

サイトだけでなく、SNSのタイムラインやゲームのダウンロードについても同様です。画像の多いInstagramなどは低速だと時間がかかりますし、大容量のゲームソフトはダウンロードするだけでも何時間も必要になるケースもあります。

もちろん、文字情報がメインの「軽い」ページを中心に見ている人であれば、大きな問題はありません。しかしSNSや動画コンテンツが全盛の現在、通信速度の重要性は無視できないと言えるでしょう。

インターネットを最大限楽しむには「ビッグローブ光」の光回線がオススメ!

「インターネット回線が遅い」
「インターネット料金が高い」
などのお悩みはありませんか?

安定した速度とリーズナブルな光回線なら、
IPv6接続(IPoE方式)*1で最大1Gbps*2の「ビッグローブ光」がオススメです。

「ビッグローブ光」なら他社の光回線(フレッツ光・コラボ光)をお使いでもお乗り換えはかんたんです。
工事費実質無料、おトクな特典もご用意しています。

 

*1 IPv6に対応していないサービス/サイトはIPv4接続となります。

*2 最大通信速度は光回線タイプによって異なります。最大通信速度はお客さまのご利用機器、宅内配線、回線の混雑状況などにより低下します。

 

ビッグローブ光について詳しく知りたい方は、こちらのバナーをクリック!    

あなたにオススメ

けいろー(@Y_Yoshimune)

フリーライター。ネット大好きゆとり世代。趣味のブログをきっかけに依頼をもらうようになり、勢いで独立。書評・アニメ・グルメ・旅行など何でもござれ。 ⇒ぐるりみち