光回線の基本1 そもそも「光回線」って?光ファイバーって何のこと?

「光回線」の基本について説明。そもそも光回線とは何なのか。「光」は何を指すのか。一緒によく聞く「光ファイバー」とは。なぜ高速通信が可能なのか。簡単にまとめました。

CMや広告でよく見かける、「光回線」という言葉。本記事では、光回線の基本①として、「そもそも光回線って、どういうものを指すんだっけ?」という疑問に答えます。

〈ポイント〉
・光回線は、インターネット回線の種類
・光ファイバーを使ってデータの送受信を行う
・データをレーザー光に変換して送受信するため、電気信号よりも高速
・電磁波やノイズの影響を受けにくく、安定性のある通信が可能

「光回線」とは

光回線は、インターネット回線の種類のひとつ。光ファイバーを利用して通信を行うインターネット回線を指します。

いきなり「光ファイバー」と言われてもピンとこないかもしれません。これは一言で説明すると、「光を送受信するケーブル」のことです。

光ファイバーケーブルは、インターネット通信のための独自のケーブル。普段はあまり意識しませんが、電線や電話線などとは別に、このケーブルも街中に張り巡らされています。

光回線が高速なのはなぜ?

「とにかくネット通信が速い!」というイメージのある光回線ですが、なぜ高速通信が可能なのでしょうか。

これは、文字通り「光」を使ってデータを送受信しているから。従来の電気信号によるやり取りではなく、データをレーザー光に変換することで高速通信を実現しています。

このレーザー光を、速く、無駄なく届けてくれるのが、光ファイバーケーブル。電磁波やノイズの影響も受けないため、通信の安定性にも定評があります。

以上が、光ファイバーを用いたデータ通信の簡単な仕組みです。光回線を導入する方法など、より詳しい解説はほかのページでもまとめています。興味のある方は、あわせてご覧ください。

インターネットを最大限楽しむには「ビッグローブ光」の光回線がオススメ!

「インターネット回線が遅い」
「インターネット料金が高い」
などのお悩みはありませんか?

安定した速度とリーズナブルな光回線なら、
IPv6接続(IPoE方式)*1で最大1Gbps*2の「ビッグローブ光」がオススメです。

「ビッグローブ光」なら他社の光回線(フレッツ光・コラボ光)をお使いでもお乗り換えはかんたんです。
工事費実質無料、おトクな特典もご用意しています。

 

*1 IPv6に対応していないサービス/サイトはIPv4接続となります。

*2 最大通信速度は光回線タイプによって異なります。最大通信速度はお客さまのご利用機器、宅内配線、回線の混雑状況などにより低下します。

 

ビッグローブ光について詳しく知りたい方は、こちらのバナーをクリック!    

あなたにオススメ

けいろー(@Y_Yoshimune)

フリーライター。ネット大好きゆとり世代。趣味のブログをきっかけに依頼をもらうようになり、勢いで独立。書評・アニメ・グルメ・旅行など何でもござれ。 ⇒ぐるりみち