リモートワークで注目の「メッシュWi-Fi」とは?従来の中継機との違いも解説

Wi-Fi中継機とメッシュWi-Fi、それぞれの特徴を説明。特に最近注目を集めているメッシュWi-Fiについて、従来の中継機との違いをまとめつつ、選び方を紹介しています。

リモートワークが拡大している昨今。在宅勤務によってネットに接続する時間が増え、通信環境の見直しを考えている人も少なくないのではないでしょうか。最近、特に注目されているのが「Wi-Fi」の問題です。

自宅でインターネットに接続する際に、有線ではなくWi-Fiを使っている人も多いかと思います。ひと昔前と比べればWi-Fiの技術も向上していますが、それでもユーザーからの「つながりにくい」という声はまだまだ少なくありません。

そんな屋内のつながりにくさを改善してくれるのが、Wi-Fiの「中継機」です。最近は、従来のWi-Fi中継機に加えて、今まさに注目を集めている「メッシュWi-Fi」という名前をよく聞きますよね。この記事ではそれぞれの特徴と違いについて説明します。

Wi-Fiの「中継機」とは?

Wi-Fiの「中継機」とは、読んで字の如く「Wi-Fiの電波を“中継”して、電波の届く範囲を広げてくれる機器」を指します。

たとえば、Wi-Fiルーターをリビングに設置している場合。物理的に距離があり、いくつかの壁を隔てた遠い寝室や仕事部屋、子ども部屋までは、Wi-Fiの電波が十分に届かないケースがあります。Wi-Fi接続はできるものの「つながりにくい」状態ですね。

そこで役に立つのが、中継機の存在。リビングから離れた部屋の途中、廊下の隅などに中継機を設置すると、電波の届く範囲を広げて部屋まで届けてくれます。わざわざリビングまで行かなくても、快適にネット通信ができるわけです。


▲ BUFFALO WiFi 無線LAN中継機

「メッシュWi-Fi」とは?

では一方で、「メッシュWi-Fi」とはどのようなものなのでしょうか。在宅勤務の普及によって注目を集めつつありますが、耳慣れない人もまだ多いかもしれません。

メッシュWi-Fiも「Wi-Fiの電波を“中継”して、電波の届く範囲を広げてくれる機器」であり、従来の中継機と同様の役割を果たしてくれる存在です。ただし、仕組みは少々異なります。

「メッシュ」という名前のとおり、メッシュWi-Fiでは複数の中継機がつながりあって「網の目」のようなネットワークを構築しています。Wi-Fiルーターの親機と複数の子機が相互に接続し、メッシュ状に電波を広げますので、点と点をつなぐ従来の中継機よりも広い範囲をカバーすることができる、というわけです。


▲ TP-Link メッシュ Wi-Fi システム

メッシュWi-Fiなら、常に最適な通信接続を選んでくれる!

「網目状のネットワークを構築して電波を届ける」という特徴のあるメッシュWi-Fiですが、その仕組みゆえに従来の中継機との違いがほかにもあります。

従来の中継機も便利ではあるのですが、「場合によっては接続先を変更する必要があり、設定の手間がかかる」という問題がありました。ここでは一例として、「リビングから自室に移動してネット接続する」場合を考えてみましょう。

リビングでノートPCを開いてネット動画を見たあと、自室に移動して、同じノートPCでネット接続して仕事をする場合。その際、リビングで接続していたルーターの親機から中継機に接続するためには、手動で接続先を変更する必要があるのです。

ここで接続先を変更しなければ、PCの接続先はリビングの親機のまま。せっかく中継機があるのに、その電波の強さを生かすことができません。親機との接続が一度切れれば近い距離にある中継機に接続されるはずですが、「シームレスに接続先を変更できない」のは少し不便ですよね。

この問題を解決してくれるのが、メッシュWi-Fiです。

前述のとおり網目状のネットワークを構築しているメッシュWi-Fiは、親機と子機で設定を共有しています。つまり、「PCやスマホの位置に応じて、電波状況の良い子機に自動で切り替えて接続してくれる」わけです。これがメッシュWi-Fiの大きな特徴であり、メリットだと言えるでしょう。

従来の中継機とメッシュWi-Fiは、それぞれどんな家に適している?

では、以上のような特徴を持つメッシュWi-Fiと、従来の中継機、どちらを選べばいいのでしょうか。

まずは言うまでもなく、広範囲をカバーする必要がある広い家。2〜3階建ての家や複数階にまたがるオフィスのような場所では、メッシュWi-Fiが適していると言えます。

また、すでに中継機を使っているものの、接続の切り替えで不便に感じているという人もメッシュWi-Fiが選択肢に入ってきます。もちろん現時点で中継機が自宅にない人も、予算が許すようでしたらメッシュWi-Fiはおすすめです。

メッシュWi-Fiのデメリットを強いて挙げるとすれば、まさにその「予算」です。複数の子機を使うため、そのぶん費用がかさむのは当然と言えば当然ですが、従来の中継機と比べると割高に感じられるかもしれません。

部屋数の多くない家であれば従来の中継機で事足りるかも知れませんが、メッシュWi-Fiには以上のようなメリットもあります。本記事の内容が、ネット接続を見直す際の参考になれば幸いです。

あなたにオススメ

けいろー(@Y_Yoshimune)

フリーライター。ネット大好きゆとり世代。趣味のブログをきっかけに依頼をもらうようになり、勢いで独立。書評・アニメ・グルメ・旅行など何でもござれ。 ⇒ぐるりみち