自宅のWi-Fiがつながらない・不安定になったらこれで解決

煩わしいケーブルなしに、家中どこからでもインターネットに接続できるWi-Fiは、今やなくてはならない家庭内インフラのひとつです。とはいえ、見えない電波を操るためトラブルが多いのも現実。不安定になったときの対処法を紹介します。

街ナカでもよく見かけるようになった「Wi-Fi」という言葉。「Wi-Fi使えます」「Free Wi-Fi」などの看板を見かけたこともあるのでは?

もちろん、お店や公共施設だけでなく、自宅でWi-Fiを設定している人もいることでしょう。Wi-Fiは、無線LANのこと。ケーブルレスでPCをインターネットの世界に接続するだけでなく、家中のWi-Fi対応機器をつなげることもできます。

とはいえ、目に見えるケーブルを使っていないだけあって、つながらない、つながりにくい、不安定になるなどのトラブルがつきもの。この記事では、Wi-Fiにつながりにくいときの対処法をまとめました。

なお、インターネットにつながらないという根本的な問題がある場合は、別記事「インターネットがつながらない!ときの解決チェックポイント」を参考にしてみてください。


▲Wi-Fiルーターとの不安定な接続を解決するには、ほとんどの場合ルーターの設定画面を開く必要があります。上図はそのような設定画面のひとつです

Wi-Fiルーターとの距離を見直す

Wi-Fiの規格 IEEE 802.11には2.4GHz帯と5GHz帯という2つの周波数帯があります。2.4GHz帯では、壁や床といった障害物を通り抜けられるため電波が届きやすいといったメリットがある反面、電子レンジやIHクッキングヒーターでも使われるため、電波干渉を受けやすく、電波が弱くなるというデメリットがあります。

5GHz帯は、Wi-Fi専用の周波数帯なので、ほかの電子機器の影響を受けづらいというメリットがありますが、障害物があると電波が弱まってしまうというデメリットがあります。

主に利用している周波数帯が5GHz帯であれば、Wi-Fiルーター(またはモバイルルーター)との距離や障害物の有無によって、電波が弱まっており、そのため不安定になっている可能性があります。

「インターネット接続が不安定だ」「通信速度が遅いような気がする」という場合は、電波状況を確認してみましょう。

Wi-Fiルーターとの距離に問題がないか確認するには?

確認方法は簡単です。通知領域のアンテナの本数を見るだけで良いのです。

Windows OS搭載PCであればディスプレイ下部のタスクバー(右側の通知領域)に、macOSを搭載したMacBookシリーズやiMacであればディスプレイ上部のメニューバー(右側のステータスメニュー)に、それぞれ表示されています。

▼Windows


▼macOS


▼スマホ


アンテナの本数が少なければ電波は弱く、多ければ電波が強い状況を表しています。

もし、弱いようであれば中継器またはメッシュWi-Fiを構築するサテライトルーターを追加してみましょう。

中継器は、Wi-Fiルーターの親機からの電波を中継することで、電波のつながる範囲を広げる役割があります。親機と異なるメーカー製のものでもWPS(Wi-Fi接続の設定をワンタッチで行える機能)に対応していれば使えるため、比較的に導入のハードルが低いといえます。

しかし、自動的に接続先(ホスト)を切り替えられないため、接続端末(クライアント)を別の部屋で使う際に、手動でより電波の強いホストに切り替えなければならないというデメリットがあります。

サテライトルーターは、親機と同様の役割を、親機から離れた場所で担う機器です。PC作業する場所に設置すれば、たとえそこが親機から離れた場所であったとしても、すぐ近くに親機があるのと同じ電波強度を保つことができます。

また、同じ接続先名(SSID)、同じパスワードで接続でき、クライアントが場所を移動すれば、自動的にホストを切り替え、常に最も強度の高い電波をつかめるというメリットも。


▲サテライトルーターを利用したメッシュWi-Fiの例(BUFFALO Wi-Fi EasyMeshに関するプレスリリースより)

サテライトルーターのデメリットは、ほとんどのものが同じメーカー製品しか組み合わせられないということ。Wi-Fi EasyMesh規格に非対応の製品では、「親機は高いメーカーのものを買ってしまったけど、こっちのメーカーのサテライトルーターのほうが安いからこっちにしよう」ということができません。

また、中継器に比べると高価なこと、導入によりわずかではありますが速度が落ちることなどもデメリットとなるでしょう。

同時接続の台数を確認する

Wi-Fiルーターなどには、同時に接続できる台数に制限があります。取扱説明書を読み、同時に接続できる台数を確認しましょう。

特に、最近ではスマート家電が増えつつあります。インターネットに接続するPCやスマートフォンの台数が家族の人数分しかないとしても、照明器具、自動調理器、エアコンなどとつなぐことがあるため、Wi-Fiルーターの同時接続可能台数を簡単に超えやすくなっています。


▲ひとつのWi-Fiルーターに接続されているデバイスリストの例。同時接続台数には上限があります

中継器では、親機への台数負荷を減らせませんが、メッシュWi-Fiであれば負荷を分担させることができます。「接続台数が増えたな……」と心当たりがあるのであれば、親機から取り替えることを考えるタイミングかもしれません。

ファームウェアやドライバーを最新にアップデートする

Wi-Fiルーター等、通信機器のファームウェアを更新することで不具合が解消されることがあります。使用している製品のファームウェアをダウンロードし、書き換えを行いましょう。

同じように、パソコン側にインストールされているルーターのドライバも、最新にアップデートしておきましょう。

なお、最近のWi-Fiルーターでは夜間など利用していない時間帯を指定して、自動的にファームウェアアップデートを行う機能を持つものもあります。取扱説明書、またはメーカーサイトで確認してみましょう。

チャンネルの設定を見直す

Wi-Fiの規格には2.4GHz帯と5GHz帯があり、それぞれの周波数帯はさらに細かく(2.4GHz帯では14あるが実際に使えるのは4、5GHz帯では19)に分割されています。それをチャンネルと呼びます。チャンネルに分けることで、複数の利用者が同時に同じWi-Fiルーターに接続してもインターネットにつながる、というわけです。

基本的に、クライアントがWi-Fiルーターに接続しようとするときに、最も状況の良いチャンネルへと自動的につながる仕組みになっています。しかし、最初は調子が良くても、接続しっぱなしにしていると状況が変わり、混雑してきて電波干渉を起こし、接続が不安定になることも。

そのようなことにならないためにも、チャンネルの自動切り替え設定を行っておきましょう。

具体的なチャンネルの切り替え方法は、Wi-Fiルーターの取扱説明書を確認してください。以下に挙げたリンク先でもおおよその方法を確認できます。チャンネルを切り替えられるWi-Fiルーターでは、チャンネルの選択肢にある「自動」という項目を選ぶようにしましょう。

  • Atermシリーズをご利用の方はこちら
  • BUFFALOのルーターをご利用の方はこちら
  • IO DATAのルーターをご利用の方はこちら

Wi-Fiルーターのステルス機能をオフにする

Wi-Fiルーターにつなごうとすると、場所によってはいくつもの接続先名(SSID)が表示されることがあります。電車の中などでFree Wi-FiにつなげるためWi-Fi設定を開くと「ヒロシのiPhone」などと表示されるのがそれです。

言い換えてみれば、自宅のSSIDが、家の前を通っている人、お隣さんなどからも見えてしまう、ということです。

それを嫌って、「ステルス」つまり、自分のWi-Fiルーターを他人から見えなくするのが「ステルス機能」です。

ステルス機能を使うと、他人から自分のSSIDが見えなくなるため、不正アクセスされにくくなる、と言われていましたが、最新のWi-Fiルーターは、パスワードの総当り攻撃を防ぐ「WPA3」というセキュリティ規格に対応しているものがほとんど。たとえSSIDがわかったとしても、不正アクセスされる恐れはほとんどありません。

むしろ、ステルス機能をONにすることで、接続が不安定になる、つながらないといったトラブルを招くことが報告されています。

また、ステルス機能をONにしたからといって、セキュリティ強度があがるわけではありません。つまり、ステルス機能をONにしたところで、自宅のSSIDが他人から見えなくなること以外のメリットがなにもないのです。

見えなくしたことで、セキュリティ対策をおろそかにするより、見えた状態でセキュリティを強化することのほうが、安心してインターネットを楽しめます。

もし、ステルス機能を有効にしていることがWi-Fiルーターとの接続を不安定にしているのであれば、この際、無効に切り替えてしまいましょう。

MACアドレスのフィルタリング設定を確認・変更する

パソコンやスマートフォン、プリンタなどWi-Fiを受信できる端末は、それぞれMACアドレス(マック・アドレス)を持っています。「アドレス」という名称からわかるとおり、これは各機種を識別するための住所で、数字と「a〜f」のアルファベットから構成される2桁×6セクションで構成されています。

Wi-Fiルーターに、クライアントのMACアドレスを登録しておけば、それ以外の機器を接続できなくなるため、電波の無断使用、不正アクセス、ネットワークへの不正侵入を防止できます。

しかし、新しい端末を買った際、または端末不具合で修理に出したものの戻ってきた端末が別のMACアドレスを持つ同型の端末の場合、ネットにつながらずにイライラする、ということになりかねません。

また、前項で触れたように、最新のWi-Fiルーターは、不正アクセスを許可しない強固なセキュリティ機能が搭載されています。

よほど漏れてはいけない機密事項を扱っている、という場合でない限り、MACアドレスの制限を解除しても問題ないでしょう。


▲MACアドレスを無効にしている例。有効にした場合、右側の「MACフィルターリスト」に、接続可能端末を追加していくことになります

MACアドレスの制限をかけ続けたいのであれば、接続が不安定になっているクライアントのMACアドレスが登録されているかどうかを見直し、設定を変えることで、安定してつながるようになります。

まとめ

電波は目に見えないため、いったん不調になってしまうとサジを投げたくなってしまいがち。そのため、Wi-Fiルーターの設定が苦手、という人もいることでしょう。

でも、単に端末とWi-Fiルーターの場所が離れていてつながりにくかった、Wi-Fiルーターの接続上限台数を超えていた、チャンネルが混雑していた、そもそも接続端末として登録していなかったなど、原因が簡単な場合も多いものです。チェックリストを作り、ひとつひとつ原因と思われるものを根気よくつぶしていけば、解決することでしょう。

それでも解決しなかった、という場合は下記から各メーカーのQ&Aサイトをチェックしてみてください。

あなたにオススメ

渡辺まりか

デジタルガジェットをこよなく愛するフリーライター。専門学校で約10年の講師経験あり。小型船舶操縦士免許2級、乗馬5級、普通自動二輪免許など趣味多し。