元日を過ぎて、だんだん新年にもなじみはじめたころにやってくる、1月7日の「七草粥の日」。なぜ七草なのか、どういう意味を持つ食べ物なのか、知ってますか?同じ時期に迎える「鏡開き」についても解説します!

七草粥の七草、全部言える?

1月7日が近づくと、スーパーで「七草粥セット」が売り出されますよね。七草粥はその名の通り7種類の草が入ったお粥のこと。平安中期頃に中国から伝わり、江戸時代になって、少しずつ庶民の間に広まったといわれています。七草は、早春にいち早く芽吹くことから「邪気を払う」といわれており、無病息災を祈って七草粥を食べる風習が広がったそうです

種類は、セリ・ナズナ・ゴギョウ・ハコベラ・ホトケノザ・スズナ(蕪)・スズシロ(大根)とされていますが、地域によってはもっと数が多い場合もあるそうです。
これらは日本のハーブとも呼ばれ、ミネラルたっぷりのハコベラや、利尿作用を促進するナズナなど、それぞれ優れた栄養価をもっています。

単なる年中行事のように思えますが、おせち料理やおもちなどを食べるお正月は胃が疲れ気味になるため、胃に優しいお粥で体をいたわる、理にかなった食べ物なのです。

ちなみに本来の風習では、七草粥を食べるのは朝なんだとか。6日の夜に七草を刻んでおくなどの下ごしらえをしておいて、7日の朝にお粥にまぜれば忙しい朝も七草粥が楽しめますよ!


鏡餅って、なんで「鏡」なの?

お正月に飾っていた鏡餅を、割って食べる日のことを「鏡開き」といいます。鏡餅とは神様に供えた縁起物であり、鏡開きには一家の円満を願いながら餅を食べる風習がありました。

なぜ「鏡」かというと、一説には、丸い餅のかたちが昔の銅鏡に似ていたから。また、「鏡」=「鑑みる(かんがみる)」という、良い手本に照らして考えるという意味の言葉からとったという説もあります。

鏡開きの日は地域によって違う!?

鏡開きが行われるのは、正月の飾りを飾っておく期間「松の内」が終わったあととされています。
古来、日本の松の内は1月15日までとされ、鏡開きは1月20日に行われるのが通常でした。しかし、徳川家光が亡くなったのが4月20日であることから20日を「忌日」として避け、関東では1月11日に鏡開きを行う風習が広まりました。この風習は関西には根付かず、現在でも1月15日に鏡開きを行っているそうです。

この鏡開きの変更に伴って、関東の「松の内」は1月7日に変更されました。そのため、地域によって鏡開きの日が異なるのです。
ちなみに京都の松の内は三が日までとされ、鏡開きは1月4日に行われるとか。

見慣れたお正月の風習や縁起物には、きちんと意味や願いが備わっているのですね~。たまには日本らしい行事を大切にしてお正月を迎えるのもいいかもしれません!

ピックアップ

Kana.mM(かな)

編集プロダクション勤務を経てフリーライターとして独立し、そろそろ10年。旅行、不動産、広告、生活系のジャンルで執筆活動中。趣味は野球観戦と戦争ゲーム。アナログ心を忘れないデジモノ好きを目指しています。

記事(247本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック