スマホや携帯で、文字を入力する時に重宝する予測入力。よく使う単語や文章を記憶して、入力途中で予測表示してくれるとっても便利なこの機能、パソコンでも使えるってご存知でしたか?

日本語入力システム「Microsoft IME(マイクロソフト・アイエムイー)」では、Office IME 2007よりこの予測入力機能が搭載されているんです。ぜひ設定して使ってみましょう!

パソコンに入っているIMEのバージョンを確認してみよう

ご自身が使っているIMEのバージョンが不明な方は、バージョンを確認してみましょう。

言語バーの「ヘルプ」ボタンをクリックし、「Microsoft IME」→「バージョン情報」を選択すると、表示されます。

「バージョンがOffice IME 2007よりも古い」という方でも、Microsoft Office XP/2003/2007/2010がPCにインストールしてあるユーザーなら、無料でMicrosoft Office IME2010をダウンロードすることが可能です!

パソコンにOfficeが入っていない方でも、Google 日本語入力を使えば、予測変換機能を利用することができますよ!

予測入力ができるとこんなに便利!

予測入力機能をオンにしておくと、同じ言葉を2回以上入力して変換すると、3回目以降はその読みの先頭の2文字を入力した時点で、Tabキーを押すと、予測変換候補が表示される機能です。よく使う単語や文章を入力時間が短縮できてとっても便利!

携帯と同じく「予測変換」入力をパソコンでもできるようにする方法

予測入力の設定方法

※記事では「Microsoft office IME 2010」を使用しています

日本語入力がオンの状態で、ショートカットキー[Ctrl]+[F10]、または [Ctrl]+[変換]を押すと、Microsoft IMEのメニューが表示されます。

[プロパティ]→「予測入力」タブ内にある「設定」の「予測入力を使用する」にチェックをつければ、予測入力が設定されます。

携帯と同じく「予測変換」入力をパソコンでもできるようにする方法

設定完了後にWordやExcelなどで文字を入力してみてください。

文字を入力すると、下記のような表示がでますので、ここで[TAB]キーを押すと予測変換リストが表示されます。

予測変換リスト

予測変換候補が表示されるタイミングを変える

初期設定では、2文字入力した時点で予測変換候補が出るようになっています。何文字目で候補が出るようにするかは、設定で変更が可能です。

先ほどと同様にMicrosoft IMEのメニューを表示させたら[プロパティ] →「予測入力」タブ内にある[予測候補を表示するまでの文字数] で、予測候補を表示する未確定文字列の文字数を入力して[OK]を押して完了。

携帯と同じく「予測変換」入力をパソコンでもできるようにする方法

キーボード入力の時間をグッと短縮できる予測入力機能。ぜひ利用してみてくださいね!

ピックアップ

Kana.mM(かな)

編集プロダクション勤務を経てフリーライターとして独立し、そろそろ10年。旅行、不動産、広告、生活系のジャンルで執筆活動中。趣味は野球観戦と戦争ゲーム。アナログ心を忘れないデジモノ好きを目指しています。

記事(247本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック