大容量から超クールデザインまで、マジでおすすめのモバイルバッテリー3選

仕事で遅くなった帰りの電車内、スマートフォンで音楽を聴こうとしたらバッテリーがない!これからインターネットしたり、あの人からのつぶやきに返事したりしようと思ってたのに・・・。

なんて経験、ありませんか?

せっかく便利なスマートフォンも、電源がなければ意味がありません。そこで今回はスマホ持ちの強い味方、モバイルバッテリーのおすすめ機種を3つご紹介します!

スマホ充電約5回分、頼れる大容量バッテリー

大容量から超クールデザインまで、マジでおすすめのモバイルバッテリー3選

本体重量 290g
バッテリー容量 10400mAh
デザイン ★★☆
携帯性 ★☆☆
お手ごろ感 ★★★

まず始めに紹介するのはcheero の 「Power Plus 2」
なんといっても容量10,400mAhは圧巻です。スマートフォンの充電ならおよそ5回分にも相当するパワーの持ち主。

重さは290g、と350ml缶ジュースよりやや軽い程度なので決して軽いとは言えませんが、これだけのバッテリー容量を求めるのであれば、300g以下の重さなんて許容範囲ですよね。

USBソケットは2つあり、1つにはスマートフォンを、もう1つにはWi-Fiルータをつなげば、カフェや電車の中で、思う存分インターネットに興じることができることでしょう。

充電だけじゃない。デジカメ写真をWi-Fi経由でスマホに転送

大容量から超クールデザインまで、マジでおすすめのモバイルバッテリー3選

本体重量 120g
バッテリー容量 2600mAh
デザイン ★☆☆
携帯性 ★★☆
お手ごろ感 ★★☆

お次はカメラ好きの方におすすめのアイテム「ポケドラ」

スマホの充電はもちろんなのですが、特筆すべきはWi-Fiストレージとしての機能です。

本体側面にあるカードスロットにSDカードを挿しこめば、Wi-Fiを通じてスマートフォンへSDカードのデータを転送できます。

つまり、いちいちパソコンを経由する必要がないのです!

旅先などでデジカメで撮った写真を、このポケドラ経由でスマートフォンに転送し、撮ったその場でSNSにアップやメール添付が簡単にできてしまうのです。これは画期的ですね。

SDカード以外にも、USBフラッシュメモリやHDDのデータもWi-Fi転送できます。ハードディスクにある動画をWi-Fi転送してスマートフォンで見るなど、使い方はあなた次第。

ダントツいけてる! スタイリッシュで選ぶならコレ

大容量から超クールデザインまで、マジでおすすめのモバイルバッテリー3選

本体重量 140g
バッテリー容量 4000mAh
デザイン ★★★
携帯性 ★★★
お手ごろ感 ★☆☆

最後はオシャレ重視なあなたにおすすめの充電器。いえ、この際「バッテリーチャージャー」と呼ばせていただきます。それほどにオシャレさ漂うその商品の名は「UFOtoGO」

思わず手に取りたくなる金属フォルムの質感、不気味に光るブルーのLED、ポケットにもスッと入る薄さと軽さ。その全てが、スタイリッシュに包まれています。

容量は4000mAh、とスマートフォン約2回分の充電容量を備えています。また、ブルーのLEDはただかっこよさのために光っているにあらず、バッテリー残量をさりげなくもクールに教えてくれるのです。

一見すると、何のアイテムなのかわからないのがこのアイテムのいいところ。

バッグやポケットからサっと取り出して「それ、なに?」という周りの反応を楽しむも良し。飲み会などの席でスマートフォンの充電が切れた人にさりげなく差し出すのも良し。

UFOtoGOを持ち歩く満足感はまさに未知数ですね。

おまけ:iPhoneの純正ケーブル、実は無償で交換できる

ちなみに、iPhoneについてくる純正の充電ケーブルは、iPhone購入日から1年以内なら無償で交換してもらえます。

僕はコンセント側の付け根のカバーが剥けてしまった状態となり、直接Apple Storeに持ち込んで、その場で交換してもらえましたが、近くにApple Storeがない方でも電話で申し込めば、宅配便を利用して交換することができます。

なかなかデリケートなケーブルですので、断線したという方は新しいケーブルを買う前に、交換サービスを利用してみてくださいね。

※商品の仕様や対応機種については、購入前に商品サイトにて必ずご確認ください。
※記事内の評価はライターによる私見です。

ピックアップ

うえやま

競馬カメラマンからWEB業界へ異色の転身後、WEB制作に加えて大手メールマガジンやツイッターキャラクターの中の人までこなす。三度の飯より件名を考えるのが好き。

記事(208本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック