どうも「貯まる」ものらしいけど...マイルってなに?マイレージと違うの?

「マイルが貯まる」という言葉をよく耳にするものの、実は「マイルってなに? でも今さら聞けない......」という人は少なくないのではないでしょうか?

「どうやら飛行機に関わりがあるらしいけど、どんな関係?」「どうやって貯めるの?」「貯めたらどんないいことがあるの?」

今回はそんな「マイル」の疑問について解説します!

今さら聞けない「マイル」って?

「マイル」とは、航空会社が顧客に行うポイントサービス「マイレージプログラム」(マイレージサービス)で貯まるポイントのことを指します。

マイレージプログラムを使うと、飛行機に乗るたびにポイントが貯まります。そしてポイント数が貯まると、無料の航空券や、エコノミークラスからビジネスクラスやファーストクラスにアップグレードできる特典などと交換ができるのです。

「マイル」とは長さや距離を表す単位であり、1マイル=1.60934キロ。
もともとマイレージプログラムは、飛行機に乗った距離に応じてマイルが貯まる仕組みだったのが始まりです。

現在は、マイルはかならずしも距離によって貯まるわけではなく、どれだけマイルが貯まるかは、購入した座席の種類やフライトのプランなど、さまざまな条件によって異なります。

マイルはどうやったら貯まる?

マイルを貯めるには大きく分けて二つの方法があります。

ひとつめは、航空会社のマイレージプログラムに入会し、飛行機を利用すること。飛行機に乗るたびに距離に応じてマイルが貯まり、一定数のポイントが貯まると特典に交換できるようになります。

ふたつめは、クレジットカードを利用すること。日々の買い物や公共料金の支払いなどで貯めたクレジットカード会社のポイントをマイルに移行したりすることもできます。

かつてマイルは「飛行機に乗って貯めるもの」でしたが、クレジットカードを活用することで、飛行機に乗らずして効率的にマイルを貯め、特典を手に入れられる時代なのですね。

「マイル」と聞くとなじみのない人はなんだか難しく感じてしまうかもしれませんが、「ポイントカードのポイントを貯めて使う」という感覚で気軽に貯められるものなんです

マイルを貯めると何ができる?

マイルが貯まると、国内外問わず、無料航空券と交換することができます。必要なマイル数は目的地や座席の種類、搭乗するシーズンによって異なります(旅行ハイシーズンは必要ポイント数が高い)。

また、マイルを使ってエコノミークラスからビジネスクラス、ファーストクラスに座席をアップグレードすることが可能です。自腹では無理だけど、マイルを使ってゴージャス感を味わうのも楽しそう。

また、航空会社のマイルによっては、Suicaなどの電子マネーや楽天ポイントなどのポイントに移行することもできます。ただ、航空券などに使うよりも交換レートが下がるのでご注意を。

マイルを使うためには、たとえばANAなら「ANAマイレージクラブ」、JALなら「マイレージバンク」への入会が必要です。会員登録や、クレジットカード会社のポイントからマイルの移行に時間がかかることがあるので、旅行に使いたいと考えている人は、時間に余裕をもってマイルを使ってくださいね。

目標マイル数を決めて、旅行を計画するのもワクワクしますね!
今まで興味がなかった人も、意識して貯めてみてはいかがでしょうか?

関連記事

電波がない状況でも、スマホで動画や漫画を楽しむ方法
使いきれなかった海外の小銭を電子マネーに! 自動交換機「トラベラーズボックス」
iPhoneのカレンダーやGoogle Mapsに自分の旅行予定が知らぬ間に登録されてた不思議

ピックアップ

Kana.mM(かな)

編集プロダクション勤務を経てフリーライターとして独立し、そろそろ10年。旅行、不動産、広告、生活系のジャンルで執筆活動中。趣味は野球観戦と戦争ゲーム。アナログ心を忘れないデジモノ好きを目指しています。

記事(216本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • Google+で最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック