坂井朝香

坂井朝香という人間からは、風格だったり堂々さだったり、どこかオーラを感じる。でも、それはデビュー前から既に備わっていたという。
前回の記事はこちら

「LinQのオーディションを受けたときに、今は絶対出せないであろう自信───誰に何か言われたとかではなく自然と───。若いときしかないキラキラした自信ってあるじゃないですか。そのときはすごく堂々としていたんだろうなって。『私を合格させたときどう思ったんですか?』とスタッフさんに後で聞いたのですが、『堂々としていたよ』『姿勢がよかった』『目がまっすぐだった』とか言っていただけて、たぶん若いなりの根拠のない自信(笑)があったのかと思いますね。」

でも、それは今も変わらず自信にあふれているのではと思うのだが...

「いやいやいや(笑)。今の自信とは種類が違いますね。今の自信は、...なんだろう(しばし沈黙)

ダンスも昔に比べてうまくなったし、人に伝えようとするようにもなったし、そういう小さなことの積み重ねの自信というか...。努力、ではないんですよ。好きなことは努力しているって言わないから、努力ではなく本当に小さいことの積み重ねの自信かなって今思いますね、今の自信は。」

12カ所に渡るサーキットツアーを終えた彼女は、そこから明らかに変わり始めた。まるで日本全国を日々走り回る中で、足に筋肉をつけたように。そして鍛えられたその足がより彼女を支えてきた。そして意識だけではなく姿勢も、そして何より感覚も変わり始めた。

「元々はどちらかというと『私を見て』(笑)じゃないけれど、アイドルとして踊っていたんですよ。でも今はあえてバックダンサーだと思って踊っているんです。

アーティストの後ろにいるバックダンサーって『主役』ではないじゃないですか。でもダンサーがいないとアーティストは成り立たないし、目立たない。アーティストを際立たせるために大きなパフォーマンスをしたらやっぱり見る人はいるので、その人に伝わればそれでいいかなと。あとマイクを持っているときは歌や言葉で伝えられますが、マイクがなくても迫力だったり何か伝わるものってあるじゃないですか。だからあえて私はバックダンサーになった気持ちで踊ってます。」

そんな彼女がひときわ際立つ曲が「シアワセのエナジー」。冒頭で彼女がセンターの位置に来て、ゆっくりと天に向かって手を上げるシーンが何より印象に残る曲だ。

坂井朝香

「相当こだわりがあります。センター譲りたくないです(笑)。ファンの方も『エナジーといえば坂井朝香』とか、私がセンターに来たら『エナジーが始まる』とか期待してくださるからパフォーマンスの手は抜きたくないし、『いつもカッコイイね』『やっぱり坂井朝香のエナジーだね』って言われたいから特にカッコよく踊りたいって思いますね。」

特にサーキットツアー追加公演では、「GARNET」の曲の終わりで坂井朝香がセンターに出てきてそのまま「シアワセのエナジー」に入る流れにファンがしびれた。「坂井朝香がセンターに来ただけで何かが起こる」。彼女はそんな猛烈な期待感を与える存在になっている。

「『すごい』じゃなくて『うわぁーきたきたきた!』みたいな興奮をしていただけるとうれしいし、興奮してもらえることに私がやっている意味があるから、そんなライブを作っていきたいんです。

ライブを見る姿勢が変わったんですね。ファンとして見に行く、ではなくてライブ構成を見に行くというか。例えばソロシンガーの方だったらその人ではなく周りのダンサーを見て『踊り方や伝え方がすごい』とか。」

坂井朝香

それはいつから変わったのか。何かきっかけがあったのか。たいてい人が変わるときは大きなタイミングというのがある。ところが彼女には明確なそれはない、という。

「徐々に...本当に最近なんですよ。言い過ぎかもしれないのですが、2月から自分が変わっているんです。どこかのタイミングから、ではなく徐々に考え方が変わって...日々変わっているという感じです。たくさんライブをしても、『すごくいい』って言われても自分の中では『まだ伝えられたな』って。『楽しい』で終わりたくなくなったというか。

私たちが発する言葉一つ一つも、重みのある言葉、魂のある言葉を伝えたいと思うから、簡単に『ありがとう』『楽しかった』って言いたくなくて。本当にファンの方が心から『楽しかった!』と言ってもらえるようなライブがしたくて。お客さんが今とても楽しいかどうか、顔つきなどで私たちに伝わるから、やっぱり『心から楽しい』『LinQをまた見に行きたい!』って思ってもらえるようなライブパフォーマンスをプレゼントしたいなと。」


彼女の、ライブに対する姿勢が変わり始めた。
もっと歌だけでなくダンスでも伝えたい。
もっと楽しんでもらえるパフォーマンスをしたい。
もっと魂のある言葉を伝えたい。

彼女の、LinQでの活動に対する姿勢が変わり始めた。
もっと人の心に残るいいライブをしたい。
もっと引っ張っていかなければ。

もっともっと...


思えばあの夜のMCは、その思いが一気に決壊した瞬間だったのかもしれない。

坂井朝香

続編を公開しました


「LinQ 4th Anniversary ~ Welcome to the LinQworld!!」ダイジェストムービー

ハレハレ☆パレード(4th Anniversary ~ Welcome to the LinQworld !!)

BATON(4th Anniversary ~ Welcome to the LinQworld !!)

ダイジェスト(4th Anniversary ~ Welcome to the LinQworld !!)

リリース情報

LinQメジャー7thシングル
「LinQuest~やがて伝説へ・・・」

発売日:2015年9月9日 
ワーナーミュージック・ジャパン

<通常盤>価格:\926+税 WPCL-12184
M-1 LinQuest ~やがて伝説へ・・・
M-2 アイ、スクリーミン。
M-3 LinQuest ~やがて伝説へ・・・ -instrumental-
M-4 アイ、スクリーミン。 -instrumental-

<初回限定版>価格:\1,852+税 WPZL-31071/2
【CD】
M-1 LinQuest ~やがて伝説へ・・・
M-2 Jump Jump Jump!
M-3 LinQuest ~やがて伝説へ・・・ -instrumental-
M-4 Jump Jump Jump! -instrumental-

【DVD】
LinQ Lady Super Live Tour 2014
M-1 LinQ Theme (CLUB NIGHT REMIX)
M-2 Going my way!(SHiNTA PLANET REMIX)
M-3 笑顔にLinQ (SHiNTA RAINYDAY PLANET REMIX)
M-4 手をつないで (SHiNTA PLANET REMIX)
M-5 マケナイガールズ(SHiNTA PLANET LADY REMIX)
M-6 Let's feel together (SHiNTA PLANET REMIX)
M-7 Bye-bye baby love (SHiNTA PLANET REM
IX)
M-8 My Letter (SHiNTA PLANET REMIX)

LIVE DVD & Blu-ray
「LinQ 4th Anniversary ~ Welcome to the LinQworld!!」

発売日:2015年09月09日
ワーナーミュージック・ジャパン
<DVD>価格:\5,800(本体)+税 WPBL-90344/5
<Blu-ray>価格:\6,800(本体)+ 税 WPXL-90105

主なライブ情報

2015年8月8日(土)
LinQ第670回公演 伊藤麻希Birthday公演「伊藤祭祭~ITOSAISAI2015~」

2015年8月9日(日)
LinQ第671回公演 坂井朝香Birthday公演「あ~誕祭2015」
※いずれも福岡・天神ベストホール

首都圏の主なイベント
2015年8月26日(水)
しずる館Festival 2015 in 亀有

2015年8月29日(土)
@JAM EXPO 2015

2015年8月30日(日)
汐留ロコドル甲子園2015 決勝戦


■Information■

LinQ OFFICIAL WEB
http://loveinq.com/

ピックアップ

編集部有本

元エンジョイ!マガジン編集長(2014年10月時点)。かつてBIGLOBE MUSICを担当していた経験を活かし、よりエンジョイ!でウェッサイ!!なマガジンを目指していきます。

記事(137本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック