Word でメイリオフォントを使うと、行間が広くなるのを直す方法

Wordの日本語フォント「メイリオ」を使って原稿を書くと、行間がとっても広くなるという現象に困っていませんか? でもコレ、意外と簡単に直せるんです! その方法を紹介します。視認性の高い「メイリオ」が好きな人はぜひ試してみてください。

Microsoftの日本語フォント「メイリオ」は、Windows Vistaから採用されている標準フォント。
これまでのゴシックフォントに比べると視認性が高く、画面上で見ても印刷しても明瞭で読みやすいと評判のフォントだ。「メイリオ」という名前は「明瞭」から付けられているのだとか。
そんなメイリオを使って、Microsoft Wordで原稿を書くと、行間がミョーに広くなっちゃう。このフォントは気に入っているんだけど、行間を設定するのが面倒で、使っていないんだよね~。
そこで、重い腰を上げて行間を適切に設定する方法をインターネットで調べてみたら、けっこう簡単だった。というわけで今回は、メイリオの行間を最適にする設定の方法を紹介しましょう!

※記事内はWord 2010を使用しています。

行間設定でファイルの行間を調整する

メイリオフォントだけを使用している場合、次のような手順を行えば、簡単に行間の調整ができる。

[Ctrl+A]で、文書全体を選択。[ホーム]タブの[段落]グループの右下をクリックして、[段落]ダイアログ ツールを起動。

[インデントと行間隔]タブ内にある[1ページの行数を指定時に文字を行グリッド線に合わせる]のチェックボックスをオフにする。
[行間]ボックスは[倍数]を選択。[間隔]ボックスには0.87と入力して[OK]をクリックする。

次に、[ページ レイアウト] グループの右下をクリックし、[ページ設定]ダイアログ ボックスを表示させる。

[ページ設定]ダイアログ ボックスの[文字数と行数]タブ内にある[標準の文字数を使う]のラジオボタンをクリックし、[OK]をクリックする。
これで、このファイルのメイリオ フォントの行間問題は解決!

関連記事

Wordとの違いは?Googleドキュメントの基本の使い方
【Word】続きの文字まで太字や斜体文字になるのがうっとおしい。
【Word】一発でページを変える方法【地味に神テク】

あなたにオススメ

牛島義之(うしじまよしゆき)

アウトドア雑誌の副編集長職を経て、フリーランスとして独立。以降、アウトドアをはじめ、遊びにまつわる数々の原稿を雑誌やWEBサイトにて執筆している。 ⇒今日も明日も『ゆる~い生活』