Web会議で相手に自分の声が聞こえているか確認する方法

オンライン会議や打ち合わせなどで、利用が増えているWeb会議システム。つないだものの、お互いの声がうまく聞えなくて手間取った、そんな人もいると思います。自分の声がマイクを通じて入力されていることが確認できれば、相手に声が届いていない心配もなくなります。確認方法をご紹介します。

在宅勤務やサテライトオフィスなどからも参加できて、とても便利なWeb会議システム。そんなWeb会議で、今年いちばん使われた言葉は、これではないでしょうか?
「聞こえてますか?」
自分の声が相手に聞こえているのかがわからなくて、お互いにこう言い合ってから打ち合わせや会議が始まる、そんな場面がたくさんあったのではないでしょうか?

自分の声がマイクを通じて入力されていれば、相手に声が届いていることになります。
通常はスピーカーからは、マイクから入った自分の声は出ませんが、確認できる方法があります。

その前に…どうして自分の声はスピーカーから出ないの?

Web会議システムでは、自分の声はスピーカーやヘッドフォンからは出ない設定になっています。
これは、スピーカーから自分の声が出ると、「キーン」というような不快な音が出るハウリングという現象が起こることがあるためです。
また、スピーカーから出た自分の声がマイクに拾われてしまい、ループという現象が起こって声がぐるぐる回ってしまう、ということもあります。
そうしたことを防ぐため、自分の声はスピーカーから出ないようになっています。

自分の声を確認する方法

PCの設定を変更して、マイクから入った自分の声が相手に届いているか確認することができます。
スピーカーから声が出るとハウリングが起こることがあるので、ヘッドセットやイヤホンを使いましょう。
ヘッドセットであれば、ヘッドセットに送られた声がふたたびマイクに拾われることがないので、ハウリングすることもありません。

Windowsの画面、右下の通知領域に表示されているスピーカーのアイコンを右クリック、またはスタート画面の「設定」から「サウンドの設定を開く」を選びます。

Windowsの設定画面で、サウンド設定の画面が表示されます。
入力デバイス(音が入力される装置)が「マイク」(マイク配列)になっていることを確認して、「デバイスのプロパティ」をクリックします。
マイクになっていない場合は、枠の中をクリックしてマイクに切り替えます。

そのすぐ下にある「デバイスのプロパティ」画面で、「追加のデバイスのプロパティ」をクリックします。

 

「マイク配列のプロパティ」画面で「聴く」タブを選び、「このデバイスを聴く」にチェックを入れます。
「OK」をクリックすると、自分の声がマイクから入力されているかどうか、ヘッドセットで聴いて確認できるようになります。

ヘッドセットから自分の声が聞こえないようにする(もとに戻す)

チェックが終わったら、自分の声がヘッドセットから聞こえないように、もとに戻しておきましょう。
「このデバイスを聴く」のチェックを外すと、自分の声はスピーカーから聞こえなくなります。

いざWeb会議で慌てないためにも、不安な方は一度チェックしておくことをおすすめします。

あなたにオススメ

下司智津惠

IT系ライター/コピーライター/PC講師でフォトグラファー。下北沢の一軒家で配信型ライブハウスも展開中。プロデューサー兼ライブ配信エンジニアとして、音楽配信も。趣味はギター。