冬から春にかけて、花粉症に悩まされている人って多いよね。かく言うボクも、小さいころから花粉症に悩まされてきたうちのひとり。春になると毎年憂鬱になる。

でも最近、スギ花粉の飛散する時期が過ぎても、症状がなかなかよくならないことがある。「アレ? 風邪かな?」なんて思ったりもするんだけど、実はコレ、スギ花粉以外が原因の花粉症みたいだ。

調べてみると、花粉症を引き起こすのはスギだけではなく、いろんな植物の花粉も花粉症を引き起こしている。そしてそれらの花粉、なんと一年中飛んでいるというのだ。


これが花粉症を引き起こす植物だ!



これが花粉症の原因となる代表的な植物。日本では約60種類の花粉が、花粉症を引き起こすと報告されているそうだ。

時期 花粉名 地域
1~6月 ハンノキ(カバノキ科) 全国
2~4月 スギ(ヒノキ科) 北海道を除く全国
3~4月 オオバヤシャブシ(カバノキ科) 関東
3~5月 ヒノキ(ヒノキ科) 関東以南
3~5月 スズメノカタビラ(イネ科) 全国
3~5月 スズメノテッポウ(イネ科) 全国
4~5月 ネズ(ヒノキ科) 北海道を除く全国
4~5月 シラカンバ(カバノキ科) 関東以北
4~5月 コナラ(ブナ科) 全国
4~5月 リンゴ(バラ科) おもに東北
4~7月 カモガヤ(イネ科) 全国
4~7月 オオアサガエリ(イネ科) 全国
4~7月 ハルガヤ(イネ科) 全国
4~7月 ホソムギ(イネ科) 全国
5~6月 ヒメスイバ(タデ科) 全国
5~8月 ギシギシ(タデ科) 全国
8~9月 ヨモギ(キク科) 全国
8~10月 ブタクサ(キク科) 全国
8~10月 オオブタクサ(キク科) 北海道を除く全国
8~10月 カナムグラ(アサ科) 全国
9~10月 カラムシ(イラクサ科) 北海道を除く全国


いっぱい飛んでるね~(苦笑)


季節によって、花粉にも特徴がある


こうやって見ると、冬から春にかけては花粉症の代名詞とも言えるスギやヒノキといった樹木の花粉が多い。これらの花粉は数10kmに渡って広範囲に飛ぶのが特徴。

で、スギ花粉の季節が終わった~と思って安心すると、次にやってくるのが草花の花粉の季節。春から夏にかけて飛ぶのはイネ科の植物が多いようだ。代表的な植物はカモガヤ。

そして、夏から秋にかけて飛ぶのがキク科の植物の花粉。代表的な植物はブタクサで、これに悩まされている人もけっこう多いみたい。

草花の花粉は樹木の花粉とは違って、飛ぶ範囲が10数メートルと狭い。なので、花粉症の原因となる草花が生えている場所に近づかなければ、あまり症状が出ない。

河川敷や畑、空き地などに生えていることが多いので、症状のある人はあまり近づかないほうがいいかも。

花粉症を悪化させないためには・・

「花粉症の症状、日によって違うんだよね」なんてこともあると思うけれど、これって生活習慣や体調に影響を受けているらしい。

花粉症の症状を悪化させる習慣のひとつが喫煙。タバコの煙が鼻の粘膜を刺激して、花粉症の症状を悪化させてしまうのだ。アルコールもまた、鼻の粘膜を充血させてしまうので鼻づまりを悪化させるようだ。

そのほかにも、睡眠不足だったりストレスが溜まっていたり、風邪気味の場合でも、症状を悪化させてしまうらしい。

花粉症の症状がひどいなと思ったら、タバコやお酒を控えて、よく眠るように心がけよう。そうすれば症状も軽くなって、楽に過ごせるかも!

ピックアップ

牛島義之(うしじまよしゆき)

アウトドア雑誌の副編集長職を経て、フリーランスとして独立。以降、アウトドアをはじめ、遊びにまつわる数々の原稿を雑誌やWEBサイトにて執筆している。 ⇒今日も明日も『ゆる~い生活』

記事(271本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック