マスクが買えなくても、家にあったハンカチで簡単に作れた!

新型コロナウイルスの感染予防に、マスクを買おうと思ったら売り切れ! どうしようかと思っていたら、誰でも簡単にできる手作りマスクというものがあるという。というわけでさっそく作ってみた!

新型コロナウイルスの影響で、日常生活がガラッと変わった人も多いんじゃないかな? そのひとつが外出時の”マスク着用”。みなさんがんばってコロナ対策しているから、外出時にマスクをしていない人は、ほとんど見なくなってきた。

でも、それと同時にマスクが購入できなくなってくるという弊害も。使い捨てマスクを洗って再利用するにしても、何十回も洗っていると毛羽立ったり、ボロボロになって使えなくなってしまう。手作りするにしても、ミシンなんか使ったことないしな……
と思っていたら、文部科学省のサイトに、超簡単なマスクの作り方が紹介されているではないですか! これならボクでも作れそうなので、実際に作ってみることにしました!

使用するのはハンカチとヘアゴムだけ!

文部科学省のサイトにアップされている動画に従って、さっそくマスクを手作りしてみることにしよう。準備するものは、ハンカチとヘアゴムだけだというので、まずはヘアゴムを調達にホームセンターへ。
ところがヘアゴムが売り切れ! もしかして、みんなマスクを手作りしているから、マスクどころか材料まで品薄になっているのかな? とりあえず家に帰って、代わりになるものがないか、探してみることにしよう。

まずは娘のヘアゴム。これはちょっと小さすぎかな。あとは……あった! これなんかどうかな?

パンツのゴム! これならどうにかなりそうだ。というわけで、ハンカチとパンツのゴムで、いざマスク作り!

次にハンカチを選んでみよう!

ハンカチは大きめで、目の細かいものがイイらしい。動画によると、50×50cmほどのハンカチがいいそうだ。大きさ的にハンカチというよりは、バンダナといった感じかな?

で、準備したのがこんなハンカチ。意外と大きめのものが見つかった。

1辺の長さを測ってみると51cmくらい。これならOKでしょう!

ヘアゴムは太めで長いものがいいというので、とりあえずパンツのゴムを25cmほど切って輪にしてみる。これで準備完了!

ハンカチを使った手作りマスクに挑戦!

材料がそろったところで、さっそくハンカチを作ってみよう!

まず、ハンカチを裏返して広げる。

それを半分に折りたたむ。

さらに半分に折っていく。

もう一度追って、幅を1/8にする。

折りたたんだハンカチを3等分する位置まで、ゴムを左右から通していく。

ハンカチの左右を折りたたむ。

片方の端を開いて、そのなかにもう片方の端を入れ込む。

これで準備完了。あとは着けるだけ!

手作りマスク着用! その着け心地は……

では、できあがったマスクを装着してみよう。

まずハンカチを口に当てて、ゴムを耳にかける。

ハンカチの上下をつまんで引っ張り、鼻とアゴが隠れるようにする。このとき上下へ引っ張りすぎると、上下に分かれて鼻が覆えなくなってしまうので注意。

 

これで完成。思った以上に簡単にできました!
実際に着けてみると、着け心地は柔らかくて快適。顔にもきちんとフィットするので、普段通りに動きまわってもズレる心配はない。
しかし数分間、家のなかをウロウロ歩きまわっていたら、自分の息でハンカチが湿ってきて、少し息苦しくなってきた。ウォーキングやジョギングなど、アクティブに動くのには適していないけれど、買い物くらいなら大丈夫かな?
「あっ、マスクを切らしちゃった!」なんてときには、この手作りマスクを試してみて!

関連記事

空のペットボトルと生クリームがあればOK! 5分でできる手作りバターの作り方

テレワークでも効率的に仕事を処理できる3つのコツ

家での過ごし方がネタ切れしてきたときのためのアイデア

牛島義之(うしじまよしゆき)

アウトドア雑誌の副編集長職を経て、フリーランスとして独立。以降、アウトドアをはじめ、遊びにまつわる数々の原稿を雑誌やWEBサイトにて執筆している。 ⇒今日も明日も『ゆる~い生活』

あなたにオススメ
Recommends