世界中の船舶の運航状況がわかる「ライブ船舶マップ」がおもしろい

世界中の船舶が今どこを航行しているのかがわかる「ライブ船舶マップ」。大海に浮かんだ無数の船を見ていると、旅行気分を味わえるかも!?

最近、豪華客船でのクルーズが人気だとか。大型船に乗って世界一周・・・なんて憧れる旅のひとつですよね。海の上で過ごすのは非日常なこと。だからこそ「船」は特別な乗り物なのでしょう。

そんな船舶の運航状況を、自宅にいながら見られるWebサービスがあるのを知っていますか? その名も「ライブ船舶マップ」。
ちなみに、androidアプリiPhoneアプリもあります。
客船や一定以上のトン数の船舶に搭載が義務付けられている「AIS(自動船舶識別装置)」から送られた船舶情報をGoogleマップ上に表示するしくみです。
ページを開くと、世界地図上に数字が書かれた緑色の四角が出てきます。これらはすべて、その海域を航行している船舶の数を表しています。
数字をクリックすると、そのエリアを拡大して確認することができます。特に船舶数が多い上海周辺を拡大してみたところ、沿岸がおびただしい数の船舶マークで埋め尽くされ、びっくりしてしまいました! 
最も多く見える緑は貨物船、青は旅客船、赤はタンカーなど、マークは種類ごとに色分けされています。詳細を見たい船をクリックすると、所有国、種別、サイズなどの船舶に関する情報や、速力、針路、目的地、入港予定時刻といった運航状況が確認できます。
「航跡の表示」をクリックすれば、これまでの航跡を地図上で確認することも可能。「この船は●●から出発して、△△へ向かうのね」などと、船が移動する様子を想像して旅気分を味わうのも楽しいですね。
同じようなWebサービスに、鉄道の運行予定情報をもとに、電車がどこでどのように走っているのかをマッピングするサービス「鉄道NOW」もあります。鉄道好きな人であればいくら眺めていても飽きないかも!? 

関連記事

1度は乗ってみたい豪華客船!体験者が船旅の疑問に答えます
飛行機がどこを飛んでるのかがリアルタイムでわかる「flightradar24」が楽しい
旅のルートを自動で記録するGoogle マップの新機能「タイムライン」とは??

あなたにオススメ

池田園子(いけだ そのこ)

86年生まれのフリーライター。楽天でポータルサイト運営、ITベンチャーでメディア運営を経て独立。10以上の媒体に執筆中。恋愛やWeb、スマホ、会社、ガジェットネタ、広告案件などを手がける。著書に『フリーランスで食っていきたい!』がある。Sonoko Blog