スマホで文字を入力するとき、記号の入力が面倒に感じたことはありませんか? iPhoneも、Androidのほとんどの機種も「や」を左右にフリックすると、「 」や《》、[ ]など、「かっこ」の記号を呼び出せることをご存知の方は多いと思います。え? 知らなかった? ぜひ、いますぐ試してみてくださいね。




ですが、ほかの記号を入力するには、iPhoneでは記号によって呼び出し方が異なり、Androidでは記号を入力する画面に切り替える手間が生じます。そこで覚えておきたいのが、読み方で記号を入力する方法です。たとえば、「 」や《 》は「かっこ」と入力すると変換候補に表示されますし、「...」は「てん」、「~」は「から」と入力すれば呼び出せます。

主な記号を入力するための読み方をまとめてみました。よく使う記号の読み方を覚えておけば、キーボードを切り替える必要がなくなり、メールをスピーディーに作成できること請け合いです。

「」《》 "" 【】 など かっこ
... ‥ てん
なみ/から
: ; てん(iOS)/ころん(Android)
こめ
★ ☆ ほし
✳︎ あすたりすく/ほし(iOS)
たす/ぷらす
ひく/まいなす
° ℃
- はいふん(Androidのみ)/ひく/まいなす
/ / すらっしゅ
¥ えん
→ ↑ ↘︎ など やじるし
ゆうびん
あんど
いげた
^ はっと
はてな(Android)
! !! !? など びっくり
♪など おんぷ
% ぱーせんと

ほかに、「わらい」と入力すると(笑)、「あせ」と入力すると(汗)というように、かっこ付きの漢字を呼び出すこともできます。もちろん、笑いや汗を表す顔文字や絵文字も呼び出せます。



iPhoneでは、「あっち」や「こっち」と入力すると、↗︎ や ↘︎ などの斜め向きの矢印を呼び出せます。また、「どっとこむ」で「.com」を入力できることも覚えておくと便利でしょう。




ちょっと変わった呼び出し方として、「すぐ」 、「ばっく」という記号を呼び出すこともできます。「すき」で ❤︎ やハートの絵文字を呼び出すこともできます。






また、iPhoneやXperiaでは「きょう」と入力すると、今日の日付を呼び出せます。同じように「きのう」や「あした」の日付も入力可能。「ことし」と入力すると「2016年」「平成28年」なども呼び出せます。「今年は平成何年だっけ?」と迷ったときにも役立つことでしょう。




さらに、Xperiaでは「じかん」で現在時刻も呼び出せます。



Androidは機種によって日本語の入力システムが異なります。自分が使っているスマホで、どんな読み方でどんな記号が入力できるかも試してみてくださいね。

ピックアップ

村元正剛(むらもとまさかた)

iモードが始まった1999年からモバイル業界を取材し続けているITライター。編集プロダクション「ゴーズ」を率い、雑誌、Webなどにさまざまな記事を寄稿している。趣味は演劇鑑賞と中国ウォッチング。

記事(39本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック