テキスト入力やキャプチャーが楽になる、Macのショートカット24連発

WindowsからMacに乗り換えると、しばしばショートカットの壁にぶち当たります。似ている部分もあれば、全く違う部分もあるのでその都度調べてなくてはいけません。

そこで今回は、「基本編」「スクリーンショット編」「テキスト入力編」の3編に分けて、おすすめのショートカットを一挙にご紹介したいと思います。

まずはショートカット「基本」編

command + A すべて選択
command + Z 取り消す(元に戻す)
command + shift + Z やり直す
command + C コピー
command + V ペースト
command + H 使用中のアプリのウィンドウを隠す
command + Q 最前面のアプリを終了

「すべて選択」「取り消す」「コピー」「ペースト」はWindows OSと似ていますが、Macの場合、「やり直す」は「command + shift + Z」です。Windowsの感覚だとつい「command + Y」を使いたくなりますがアプリによっては動作しない場合があるため、「command + shift + Z」で使うように心がけましょう。

Windowsより断然便利な「スクリーンショット」編

Macのスクリーンショットはとっても多機能。画面全体や特定の場所をいとも簡単にキャプチャーできてしまいます。

command + shift + 3 画面全体のスクリーンショットを画像として保存する
command + shift + control + 3 画面全体のスクリーンショットをクリップボードにコピーする
command + shift + 4 画面の一部のスクリーンショットを画像として保存する
command + shift + control + 4 画面の一部のスクリーンショットをクリップボードにコピーする
command + shift + 4 を押した後に、スペースキー 特定のウィンドウのスクリーンショットを画像として保存する

中でも、一部のスクリーンショットを画像として保存する「command + shift + 4」は、一度慣れてしまうと手放せません。

WEBサイトのスクリーンショットを切り取ってSNSに投稿したり、デジカメで撮影した写真を開いて、「command + shift + 4」でキャプチャー保存してしまえば、専用の画像処理ソフトを立ち上げずに簡単にトリミングできてしまいます。

Windows パソコンでプリントスクリーンとペイントソフトを駆使していたあの手間は一体なんだったのか・・・、とさえ思えてきます。

「control」を制するものはタイピングを制す! 「テキスト入力」編

最後はテキスト入力編。削除も変換も移動も「control」キーを使いこなせば、テキスト入力は劇的に速くなるはずですよ。

<変換が楽になるショートカット>
control + K 入力文字列をカナに変換
control + L 入力文字列を全角英数に変換
control + ; 入力文字列を半角英数に変換
<削除が楽になるショートカット>
control + D カーソルの右の1文字を削除
control + H カーソルの左の1文字を削除
control + K カーソルの右側の文字から行/段落の末尾までをまるごと削除

Windowsでいうところの「delete」キー=「カーソルの右の1文字を消す」ショートカットがあるではないですか! これは習得するしかありませんね。「control + K」も意外と便利です。

<カーソルの移動が楽になるショートカット>
control + A 現在の行/段落の先頭に移動する
control + E 現在の行/段落の末尾に移動する
control + P 1行上に移動する(「↑」キーと同じ役目)
control + N 1行下に移動する(「↓」キーと同じ役目)
control + F 1文字進む(「→」キーと同じ役目)
control + B 1文字戻る(「←」キーと同じ役目)

行頭や行末への移動は確かに便利なのですが、最後の4つは矢印キーの「↑」「↓」「→」「←」で出来てしまいますし、そもそもそのほうが使い慣れていると思います。

では、なぜこんなショートカットが用意されているのか! と僕なりに考えてみたところ、文字入力中の右手と左手の基本ポジションを絶対に崩してたまるか、というMacのストイックさが見えてきました。

キーボード上の右下に位置する矢印キーに右手を持っていく手間すらも省きたい、そんな思いから、これらのショートカットが生まれているのではないでしょうか。

とは言っても、この移動系ショートカットを習得するのはかなり大変です。

1文字でも多く、1秒でも速く打ちたいんだ! という方はぜひマスターして頂いて、そこそこ速くなればいいんです・・・、という僕のような方は、行頭・行末の移動のショートカットをマスターするくらいでも十分だと思いますよ!

ピックアップ

うえやま

競馬カメラマンからWEB業界へ異色の転身後、WEB制作に加えて大手メールマガジンやツイッターキャラクターの中の人までこなす。三度の飯より件名を考えるのが好き。

記事(210本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック