LTEや3G回線はスマホじゃなくても利用できる!

「3G」「LTE」といえば携帯電話の通信用語だと思っていませんか? 実はタブレットなどにも利用できるんです。

【更新】2014年3月3日 記事内の料金を税別表示にいたしました。

最近よく聞く「3G」「LTE」といった回線の名前。「ああ、スマホの速いヤツね」という認識の方も多いのでは。でもこれ、「携帯電話やスマホだけが使える回線」ではないんです。

そもそも3G、LTEって何なの?

まず3GのGとは「Generation」。つまり「第3世代の通信規格」であるということ。最近は「4G」なんていう言葉もよく聞くようになりました。
次にLTEは「Long Term Evolution」の略。こちらもやはり通信規格の名称で、上記「3G」を高度化したもので、「4G」への橋渡し的存在=「3.9G」として開発されたもの。なので「3.9G」と呼ばれることも。
どちらも「モバイル通信規格」の一種です。
・・・ん? モバイルって携帯電話のことじゃないの?
いいえ、それだけじゃありません。ノートパソコンやタブレットをお持ちの方でも、3GやLTEを利用する方法があるんです。

SIMカードを購入してタブレットやモバイルルーターに!

そのためには、3GやLTEへの接続が可能なSIMカードをゲットします。
次にタブレットなどには、「Wi-Fiモデル」と「3G(セルラー)モデル」があるので、SIMを差すスロットがあるか確認をします。

  • SIMスロットのあるタブレット ⇒ SIMを挿せばOK
  • SIMスロットのないタブレット ⇒ SIMをモバイルルータに挿す

という流れであれば、どちらのモデルでも3GとLTEへの接続が可能になります。
SIMカードには「nanoSIMカード」「microSIMカード」「SIMカード」といった種類があるので、こちらを参照にして、ご利用の端末に応じたものを選んでください。

月額料金もそんなに高くありません。
たとえば、「BIGLOBE LTE・3G」エントリープランなら、900円/月(税別)で利用することができますし、モバイルルータ(Aterm MR03LNクレードルセット)とあわせて申し込めるプランなどもあります(※)。
ちょっとした仕事など、PCはなくていいけど、タブレットがあれば・・・というときもありますよね。
この方法なら、外でも手軽にインターネットにつなげるのでオススメです!
※ エントリープランご利用の場合(「ベーシック」コース200円(税別)/月を含む)。別途ユニバーサルサービス料3円(税別)/月と、初期費用としてプラン申込手数料3,000円(税別)がかかります。

林さやか

フリーの編集者兼ライター。「本が好き」の一心で編集者になったものの、スポーツ、文学、手芸、東洋医学など興味はとことん「広く浅く」。父親のやっていたパソコン通信から中学生でインターネットにハマった1983年生まれ。

あなたにオススメ
Recommends