いつかデジタル化したい。そう思いながら手をつけずにいるモノの一つ、アナログ・レコード

懐かしのLPレコードをCDにダビングする3つの方法

もはや手元にプレーヤーがない。ゆえに「物置にしまったまま・・・」という人は多いのではないでしょうか?

もしくは、プレーヤーはあるけれども滅多に使わない。ゆえに「レコードはラックに入れたままオブジェと化している・・・」という人もいるでしょう(我が家がコレ)。

しかし、レコードはCDと違ってどんどん劣化します。再生を繰り返したことによる音質低下はもちろん、放置しているとカビが生えたり、垂直に立てていないと盤に歪みが出たりすることも!

でも、今のうちにデジタル化しておけば、少なくとも現時点での音質で音源を保管することができます。早いに越したことはないのです。

というわけで今回は、用途や環境に応じて選べるレコードのダビング方法を3つ紹介します!

【1】レコードプレーヤーがある人向け

プレーヤーはあります!という人にオススメなのは、変換用アイテムの購入。

たとえば、I-O DATAの「フォノイコライザー搭載 USB接続オーディオキャプチャー AD-USB」。

一見普通のケーブルですが、実はかなりのスグレモノ。
付属のソフトをインストール後、レコードプレーヤーとパソコンをUSBケーブルで接続してレコードを再生し、簡単な操作をするだけで音楽CDを作成できます。

レコードプレーヤーから直接パソコンに接続して録音しようとすると、CDの約1/1000の非常に小さな音量で録音されてしまいますが、この製品は音量を大きく補正するイコライザーを搭載しているのもポイントです。

【2】レコードプレーヤーがないが、自分でダビングしたい人向け

手元にプレーヤーがない、でも大事なレコードだから自分でCDにしたい。もしくは、レコードが大量にあるので外部サービスを頼むとお金がかかりそう。そんな人にオススメなのが、レコードプレーヤーのレンタルサービスです。

でんすけレンタルは、「SONY PS-LX300USB」など、レコードをパソコン経由でCD化できるプレーヤーを貸し出してくれます。料金は、1泊2日4,300円・2泊3日なら5,300円(詳しい料金表はコチラ)。

週末を使って一気に手持ちのレコードをCD化しよう!なんてときに良さそうですね。

【3】レコードプレーヤーがなく、自分でダビングする時間もない人向け

手元にプレーヤーがない。そして自分でダビングをするには時間がない。そんな人にはダビングサービスがオススメ。

様々なメディア変換サービスを行うアップルワンは、「思い出変換サービス」として、アナログレコードからCDへの変換を行ってくれます。料金は、LPレコード1枚あたり3,440円(消費税・CDメディア代金込み。見積もりなど問い合わせはコチラ)。

自分で行うのに比べると割高ですが、デジタル化したいレコードが大量にあるわけではない人、時間がない人にはありがたいサービスですね。

レコードをデジタル化すれば、CDプレーヤーはもちろん、パソコンやMP3プレーヤー、スマートフォンなどでも気軽に楽しめるようになるのがいいですよね。タンスのこやしならぬ、押し入れのこやしになっているレコード、近いうちに手をつけてみては?

ピックアップ

ダヨリン(ヨダエリ)

パソコン通信からネットに親しみ、ユーザー視点に立ったデジタル活用術の記事を『日経新聞』『日経ネットナビ』など多数の媒体で手がける。「イマ・ヒト・ココロ」が執筆テーマで、恋愛アナリストとしての著書も。思春期はドイツ在住。好物はお茶とROCK。 ⇒ダヨリン普通日記

記事(210本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック