「スマートフォンの紛失」は現代社会の悪夢です。

愛用の携帯電話を失くしてしまったら・・・スケジュール、連絡先、メールにはアクセスできません。またFacebookやInstagramなどのSNSも投稿・閲覧できず、電話も使えなくなります。さらに、スマートフォンを拾った人が悪意を持っていたら、写真やメールといった個人情報を盗まれる危険性も出てきます。
もしスマートフォンが戻ってこなかったら新しく携帯電話を購入しないといけないので、お金がかかってしまいます。このようにホラー映画もビックリするほどの恐怖に次々と襲われます。

こんな事態にならないためには、スマートフォンを失くさないことがイチバンの対処策です。しかし、どれだけ注意しても失くすときは失くしてしまいます。問題は、紛失した際にスマートフォンを見つける機能を事前に設定しておくことです。

Googleが「スマートフォンを探す」機能をスタート!

iOSは「iPhoneを探す」、Androidユーザーは「Androidデバイスマネージャー」事前に設定しておけば、手元から消えてもどこにスマートフォンがあるか地図上で教えてくれます。しかし、場所が判明しても、取り戻せるかどうかは別問題ですが・・・。

iPhoneを探す」や「Androidデバイスマネージャー」はとても便利ですが、iPhone・Androidの両方を持っているユーザーはそれぞれのサービスにアクセスしないといけないので、面倒でした。しかし、Googleがスタートした「スマートフォンを探す」機能はAndroid・iPhoneが交じっていても一括で管理してくれます。

▲「スマートフォンを探す」のトップ画面。管理しているスマートフォンの一覧が表示される

▲iPhoneを選択すると、このように表示される

Googleのアカウントを持っていればOK

Googleのアカウントを持ち、ログインした状態で利用すれば、自動的にこの機能を使うことができます。

しかし、これらのサービスはAndroid版は充実しているものの、iOS版はまだまだ機能が不十分です。「スマートフォンを探す」でiPhoneを選ぶと次のようなメニューが出てきます。

・iPhoneを探してロック
・スマートフォンに電話をかけてみる
・スマートフォンをログアウトする
・携帯通信会社に連絡する
・最寄りの遺失物取扱所に連絡する

「iPhoneを探してロック」はAppleのサービスである「iCloud」に飛ばされるだけ。「スマートフォンに電話をかけてみる」「携帯通信会社に連絡する」「最寄りの遺失物取扱所に連絡する」は、案内文章が表示されるだけです。「スマートフォンをログアウトする」は、利用しているGoogleの全サービスからログアウトするので、自分のスマートフォンを他人が操作し、情報を盗むのを防いでくれます。

Androidで利用する際は、iPhoneにはない「スマートフォンを呼び出す/位置を特定する」という機能があります。これはその名前の通り、紛失したスマートフォンにコールする・現在端末がある場所をGoogleマップ上で教えてくれます。

iPhone1台だけを利用しているユーザーは、「iPhoneを探す」だけで問題ありません。しかし、複数のスマートフォンやタブレットを持っている人は、この機能を使って管理してみてはどうでしょうか?

※2016年7月20日現在の機能です

ピックアップ

江原顕雄

PC、インターネットが得意ジャンルのフリーの編集・ライター。「ぁゃιぃわーるど」「下水道」で誕生して、「あめぞう」で乳児期を過ごし、「壺」で育ててもらいました。

記事(25本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック