曲がるとこんなに便利!デジ系L字コネクターいろいろ。

デジタルガジェットのケーブル類はまっすぐなものが多い。素直でまじめなのはよいが、融通が利かないのがたまに傷。そんな欠点を補うL字コネクターのいろいろを調べてみた。

スマートフォン・タブレットの不満

スマートフォン・タブレット用のUSBケーブル。多くのアンドロイドスマホでは底にUSBの差し込みがある。iPhoneのLightningケーブルも下部にある。スマホからまっすぐ、ネズミの尻尾のように伸びるこのケーブルのおかげで、充電中の使用に不便を感じることが多い。
例えば、レシピサイトを見ながら料理をするために、ちょっと立てかけようと思っても充電中にはそれができない。ケーブルが邪魔で立てかけられないために、手放しでのビデオ通話や動画再生ができないのだ。
外出中に、モバイルバッテリーを使ってカバンの中で充電する時なども、まっすぐなケーブルはとても邪魔になっているのだ。それは差込口が横にあるタイプでも同じこと。

L字アダプターで解決!

そんなときに便利なのが、L字アダプター
差込口からL字型にケーブルが出ているタイプのアダプターで、これを使えばこういった不便が解決できるのだ。
アンドロイド機の多くが採用しているマイクロUSB規格のL字アダプターには、大きく分けてふたつのタイプがある。最初からL字コネクターがついたケーブルと、ストレートプラグをL字コネクターに変換するアダプターだ。


この機会に充電ケーブル自体をもう1本ほしいという人は前者を、今使っているケーブルを無駄にせずL字で使いたい人は後者を選ぶといい。
どちらの場合も、購入の際に気をつけたいのはL字の向きに「左右」があるということ。
自分のスマホの差込口の位置と使うときのシチュエーションをよく考えて選ぼう。
iPhone・iPadのLightningプラグの場合、選択肢は”L字コネクターのついたケーブル”のみになりそう。「左右」どちら側にも伸ばせるので向きを意識する必要はないが、Apple未公認の商品も多く、また公認ケーブルでも相性があるようなので、レビューなどをよく見て商品を選びたい。

ヘッドホン問題

スマホ関連では、ヘッドホンケーブルもまっすぐであることが災いするケースが多い。ポケットやカバンに入れた状態で使うことが多いので、よく使う人にとってはUSBやLightning以上に深刻だ。
選択肢は「変換プラグ(コネクター)」と「最初からL字プラグ付のヘッドホン」の二つだが、今使っているヘッドホンを生かす場合は前者になる。
これも「左右」どちら側にも伸ばせるので向きを意識する必要はないが、使用するスマホとヘッドホンの極数には注意が必要だ。
極数はプラグ先端部のラインの数によって判断ができるので、使いたいヘッドホンとプラグ先端部のラインの数が同じものを選ぶのが基本だ。

HDMIの悩み

せっかく薄型の液晶TV(ディスプレイ)を買ったのに、HDMIケーブルがまっすぐなので、壁に寄せられない。これもよくあるケース。多くのTVでは電源ケーブルには気が配られていて下向きなのだが、HDMIは後ろ向きになっているケースが多い。これもL字プラグ(コネクター)で解決しよう。
HDMIケーブルは値段が高いので、安価な変換ケーブルがおすすめ。注意点は、曲げ方向が左右だけでなく、前後にもあること。実際に飛び出すスペースを減らすには前後タイプが有効だ。最終的にケーブルをどの方向に導くのかをよく考えプラグを選ぼう。


L型で気分すっきり

電源コンセントの前に隙間がない。テレビアンテナが出っぱる。外付けのハードディスクのUSBケーブルが邪魔……。デジタル生活の中で、まっすぐな電線が引き起こす不便は意外に多い。そんなときは放置しないで「L字コネクター」を探してみよう。
使い勝手や見た目だけでなく、自分の気持ちも少しすっきりするはずだ。

よしざわ りゅう

天体写真やタイムラプス動画を撮影しつつ、バンド活動も謳歌している遊び大好中年。 スマホ活用からマニアックな撮影までレポートします。本業はWEBマーケティング会社役員。

あなたにオススメ
Recommends