sns_memorial

家族や友人との連絡手段として欠かせなくなったLINEアプリ。そのLINEにとても便利な機能があるのをご存知でしょうか。トーク内にある画像から文字起こしが簡単にできてしまうのです。しかも、起こした文字をそのまま翻訳することも!

これまでは、PC版・Android版のアプリで使える機能だったのですが、ついにiOS版でも利用できるようになったので早速試してみました。 

例えば、相手から送られてきたスクリーンショットから必要な文字を取り出したり、わからない英語の部分を翻訳したりと、この機能を知っていると何かと便利に使うことができます。そこで今回はLINEの文字起こし&翻訳機能を紹介しましょう。

文字起こしの仕方

sns_memorial

1.トーク内にある画像を開きます。
2.右上の「T」のアイコンをタップします。

sns_memorial

3.認識された文字部分が四角い枠で囲まれるので、読み取りたい部分を指でなぞります。
4.なぞった指を離すと、あっという間にその部分の文字起こしが完了します。

sns_memorial

5.右下の「次へ」アイコンをタップします。
6.すると、メッセージ入力欄に読み取った文字が入力された状態となります。

なんて簡単なのでしょう。

ちなみに、上記5の段階で、画面左下にあるコピーアイコンをタップすると、読み取った文字のコピーも可能です。

「翻訳」もできる!

次は翻訳の仕方です。指でなぞるところまでは上記方法と同じです。その後、「地球」アイコンをタップすることで翻訳までできてしまいます。

sns_memorial

このように「日本語」が「英語」に翻訳されました。あっという間に翻訳してくれます。これはイイですね!

英語以外にもたくさんの翻訳に対応

翻訳は英語以外にも、中国語、韓国語、タイ語、インドネシア語、スペイン語、ポルトガル語、ロシア語など主要な言語はほぼ網羅しているといえます。

sns_memorial

英語以外にも対応してくれているのはありがたいですね。中華料理や韓国料理のお店に行ったときなどに試してみたくなる機能です。

また、海外旅行はもちろんですが、旅行に行く前の下調べをLINE上で友達や家族とやりとりしているときなどにこそとても役立ちそうな気がします。iOS、AndroidのLINEアプリどちらでも利用できる機能なので、一緒に利用する人に制限がないのも嬉しいポイントですね。気になった方はぜひ試してみてください。

関連記事

「ひとりLINE」って何?備忘録としてLINEを活用する画期的アイデア
スピードもレベルも高クオリティ!LINEで翻訳がオススメ!
LINEがお財布がわりに! LINE Payを使ってみたらこんなに便利だった

うえやま

競馬カメラマンからWEB業界へ異色の転身後、WEB制作に加えて大手メールマガジンやツイッターキャラクターの中の人までこなす。三度の飯より件名を考えるのが好き。

記事(208本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック