LINEの「ノート」機能が便利

LINEといえば、一対一のみならず、グループで会話できる点も特徴の一つ。

たとえば、

  • 仲間同士で待ち合わせの場所を相談したいとき
  • 皆で行った旅行の写真を共有したいとき
  • 飲み会の日程を決めたいとき
  • 報告したいニュースやお知らせがあるとき

など、グループでトークすること、ありますよね。

ただ、トークはどんどん流れていってしまうので、自分以外の皆が相談していること自体、見落としてしまうことも。また、「あれ?結局どこに決めたんだっけ」「あの写真どこだっけ?」などと後から確認したくなっても、目当ての会話を見つけ出すのは至難の業だったりします。

そこでオススメなのが、「ノート」機能。みんなで相談したいときなどはトークではなくノートに投稿すれば、読み落とすことも、後から探せないことも、なくなるんです!

「ノート」はどこが便利なの?

画面で見てみましょう。通常、LINEのトーク画面を開くと、こんな感じですよね。

LINEの「ノート」機能が便利

もし、友人と最後に会話したのがトークではなくノートだった場合、下記のような画面が表示されます。

LINEの「ノート」機能が便利

一見、通常のトーク画面と変わりませんが、よく見ると、発言の下に「ノート>コメント」とか「ノート>いいね!」などという表示がありますよね。

これは、トークではなくノートを使ったという証。表示されている発言が、ノートに対するコメントとして、もしくはノートに対する「いいね!」として投稿されたことを意味しています。

ここでは発言の冒頭部分のみが表示されていますが、タップすると発言全体を読むことができます。

友人とノートで会話したのが最近ではない場合は、トーク画面右上にあるノート型のアイコンをタップすれば、すぐノート画面が表示されます。

LINEで相談や意見を募集するのなら、「トーク」機能を使おう!

既にノートを使っている場合、下記のようにノート履歴が表示されます。

LINEの「ノート」機能が便利

トークは、発言が一つ一つ時系列に表示されますが、ノートの場合、投稿した発言は、「最初に投稿された発言と、それに対するコメント」という形で表示されます(吹き出しマークと、その横にある6という数字は、この発言に対して6つのコメントが投稿されたことを表しています)。

なので、特定のテーマに対して、みんな(または相手)から発言をつのる場合などにノートを使うと、そのテーマ内でのやりとりだけを閲覧できて便利です。

後でそのノートを探したい場合も、トークとは別に、ノート一覧から探すことができるので、確認しやすいのです!

ちなみにワタシは、とある記事を執筆するために友人にアンケートに答えてもらう際、初めてノートを使いました。普通にメールで送ってもいいのですが、相手によってはLINEの方が気軽かつスピーディーにやりとりできるんですよね。

しかし会話はどんどん流れていく・・・というのがLINEの難点だったわけですが、ノート機能を使えば、そんなこともないわけです!

写真の共有にも便利

ノートの利点はまだあります。トーク画面で写真を送る場合、1枚ずつしか送信できませんが、ノートでは、一度に20枚まで送信できます。しかも前述したように後から見つけ出しやすいので、アルバムとして活用するのにも便利そうです。

また、トークと違ってノートは、発言ごとに削除することが可能。削除したい発言の上でスワイプすると現れる「削除」ボタンをタップすれば、簡単に削除できます(自分の発言以外は削除できません)。

必要なくなったノートを削除すれば、より無駄がなく見やすいノートになりますね。

ノートの投稿手順

では、実際にノートに投稿する手順を説明します。

会話したい友人とのトーク画面を開き、右上にあるノート型のアイコンをタップします。

LINEの「ノート」機能が便利

すると、下記の画面が表示されます(初めて利用する場合、「ノート機能の使い方」画面が現れるので「投稿」をタップします)。

LINEの「ノート」機能が便利

あとは、文章を入力したり、画像を選んだりした後、画面右上の「完了」をタップすれば投稿完了! 簡単ですね。ちなみに、スタンプもトークと同様に使うことができますよ。

これからは、約束や写真の共有などは、トークではなくノートでやりとりするのをオススメします。
あなたに合ったノートの活用法、みつけてみてください!

ピックアップ

ダヨリン(ヨダエリ)

パソコン通信からネットに親しみ、ユーザー視点に立ったデジタル活用術の記事を『日経新聞』『日経ネットナビ』など多数の媒体で手がける。「イマ・ヒト・ココロ」が執筆テーマで、恋愛アナリストとしての著書も。思春期はドイツ在住。好物はお茶とROCK。 ⇒ダヨリン普通日記

記事(210本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック