鳴り止まないLINEグループの通知をオフにする方法

LINEの友だち間でメッセージを送り合えるグループ機能は、便利な反面、通知に悩まされることも。人と一緒にいるときや、仕事に集中したいときは、迷わず通知をオフにするのが最善策なんです。

みなさん、LINEのグループ機能を活用していますか?
複数名でメッセージをやり取りしていると、つい盛り上がることがありますよね。
とはいえ、、人と一緒に居てスマホを見られなかったり、仕事に集中しないといけなかったりすると、通知がうるさく感じることもあるはず。
そんなときは、グループを退会するのではなく、通知をオフにしましょう!

LINEの通知をオフにする方法

通知をオフにしたいグループのトーク画面を開き、画面右上のメニューアイコンをタップします。
すると、メニュー画面が表示されるので、あとは「通知OFF」をタップするだけ。

これで、新着メッセージが届いた際に通知されなくなります。
通知がオフになると、グループ名の右に”通知OFF”のアイコンが表示されます。
通知をオフにしていることはグループ内のメンバーには知られませんし、必要に応じて、再度オンにすることもできます。

通知音やポップアップはないものの、ホーム画面のアイコンには新着メッセージのマークが表示されるので、メッセージが届いたことはすぐにわかります。
グループトークだけでなく、1対1でのトークでもこの方法は有効です。

一時停止機能を使う

LINEの通知を一定時間だけオフにする方法もあります。
設定するには、「その他」→「設定」→「通知」で、通知の詳細画面を開きます。

次に、「一時停止」をタップして、停止したい時間帯を選択しましょう。

少しの時間だけ停止するなら「1時間停止」、夜間の通知をストップしたいなら「午前8時まで停止」を選びます。

すべての通知をオフにする

個別に通知をオフにするのが面倒な場合は、「通知」機能自体をオフにするのもひとつの手です。

通知をオフにするには、「その他」→「設定」→「通知」で、「通知」をオフにするだけ。通知をオフにしていても、ホーム画面のアイコンには新着メッセージのマークが表示されます。
状況に応じて通知機能を使い分けてみると、LINEがもっと便利になりますよ!

あなたにオススメ

今西絢美(いまにしあやみ)

編集プロダクション「ゴーズ」所属の三十路女史。スマートフォンなどのデジタルガジェットを中心に、アプリや関連サービスに関する記事をウェブや雑誌で執筆中。食べ歩きネタと”嵐”のチェックはライフワーク。