LINEで友だちを追加する方法を、状況別にまとめてみた

友だちとLINEでつながろうと思ったとき、「友だち追加ってどうすればいいんだっけ・・・」と手間取ること、ありませんか?「ふるふる」機能が終了したので余計に「あれ?」となることも。状況別にどんな方法で友だち追加するのがベストかまとめてみました!

LINEに友だちを追加する方法はいくつかあります。
2020年5月に「ふるふる」機能が終了したので、なおさら戸惑ったりしますよね。どんな場合にどの追加方法が適しているのかも含めて説明します!

 

※iOSのLINEアプリを例としています

相手がそばにいる場合:「QRコードを見せる(見せてもらう)」

すぐ近くに友だちがいる場合は、相手のQRコードを読み取らせてもらう方法がおすすめ。
まず、友だち追加の画面で「QRコード」をタップします。

QRコードリーダーが立ち上がるので、友だちの端末でLINEのQRコードを表示してもらい、撮影します。

これで完了です。
ちなみに、自分の端末でLINEのQRコード画面を表示するには、QRコードリーダーの右下にある「自分のQRコード表示」をタップするだけ。友だちが表示で手間取っていたら教えてあげてください!

相手が遠くにいてIDを設定している場合:「ID」を教えてもらう(教える)

今そばにいない相手を、LINEの友だちに追加したい場合、QRコード撮影という方法は不可能です。そんなときは、電話やメールなどで相手のIDを教えてもらいましょう!
友だち追加の画面で「ID検索」をタップします。

友だちのIDを入力すれば完了です。

ただ、この方法は、相手があらかじめLINEにIDを登録していないと教えてもらうことができません。
IDを登録するには、「設定」→「友だち」→「ID」の順に進むと表示されるID設定画面で自分の決めたIDを登録できます。

相手がそばにいない場合:「QRコード送信(受信)」で登録

相手がIDを設定していない場合は、次の方法を使ってみましょう。この方法は、相手が自分のメールアドレスを知っていれば使うことができます。
まず、友だち追加の画面で「QRコード」をタップします。

QRコードリーダーの右下にある「自分のQRコード表示」をタップします。

自分のQRコード画面の右上にある「∨」ボタンをタップします。

「メールで送信」をタップします。

友だちのメールアドレスを入力して「送信」をタップすれば、自分の操作は完了。

さて、メールを受け取った相手はどうすればいいかというと・・・。
メールに表示されているQRコードをカメラロール(ライブラリ)に保存→LINEを起動し、QRコードリーダー画面の左下にある「ライブラリ」をタップ→保存した画像をタップ→「追加」をタップで完了。
相手にLINEに友だち追加してもらえば、自分のLINEにも友だちとして登録されます。

相手がIDを設定していない場合:「別の共通の友だちにLINEを通じて教えてもらう」

ID検索をしようとしてもできなかったという場合、共通のLINEの友だちがいれば、その人からLINEを通じて教えてもらうということができます。

やり方は、共通の友だちに以下のことをしてもうだけ。

あなたとのトーク画面を開き、下部の「+」をタップして、「連絡先」をタップし、「LINEの連絡先」からこれから友達になる人を選択してチェックして、あなたに送信。

あなたが、共通の友だちとのトーク画面に表示された、これから友達になる人をタップするとプロフィール画面が開くので、そこから友だち追加をします。下記の記事に詳しく紹介しているのでぜひ参考にしてください。

▼友だちのLINEアカウントを、別の友だちに教える方法|エンジョイ!マガジン

まとめ

人それぞれやりやすい方法はあると思いますが、代表的な4つの方法を紹介しました。自分が使いやすい方法はどれか、一度すべて使ってみるのもいいと思いますよ!

スマホの利用にも「ビッグローブ光」の光回線がオススメ!

スマホの通信量が足らずに、ギガ不足になっていませんか?
自宅でスマホを利用するときには、Wi-Fiで通信することで
スマホの通信量を節約することができます。

ご自宅でのWi-Fi環境導入には
IPv6接続(IPoE方式)*1で最大1Gbps*2の「ビッグローブ光」がオススメです。
工事費実質無料、おトクな特典もご用意しています。

 

*1 IPv6に対応していないサービス/サイトはIPv4接続となります。

*2 最大通信速度は光回線タイプによって異なります。最大通信速度はお客さまのご利用機器、宅内配線、回線の混雑状況などにより低下します。

 

ビッグローブ光について詳しく知りたい方は、こちらのバナーをクリック!

あなたにオススメ

ダヨリン(ヨダエリ)

パソコン通信からネットに親しみ、ユーザー視点に立ったデジタル活用術の記事を『日経新聞』『日経ネットナビ』など多数の媒体で手がける。「イマ・ヒト・ココロ」が執筆テーマで、恋愛アナリストとしての著書も。思春期はドイツ在住。好物はお茶とROCK。 ⇒ダヨリン普通日記