LINEでお互いが友達になっているのか、わからないときの確認方法

LINE交換をしたはずの相手と、うまくメッセージのやり取りができない……。そんな経験、ありませんか? LINEの友達システムは、実はちょっとわかりにくいもの。この記事を読んで、しっかりつながれるようにしましょう!

LINEで知人と新たに友達になったとき、こんな経験をしたことはありませんか?
「メッセージを送っているのに、既読がつかない…」
「なんだか会話が噛み合わない…もしかして、前のメッセ―ジを読んでいない?」

筆者もこのような切ないタイムラインを経験しました。

お互いが友達になっているか確認する方法

日常的に会える人や、他の連絡手段でつながっている人ならば「友達追加できました?」と聞けば簡単ですが、なかなか会う機会がなく他の連絡手段もない人の場合、本当に相互で友達関係になれているのか心配になることもあるでしょう。
そんなときに、友達追加できてるかできてないかを、LINE上でチェックする方法をいくつかご紹介します。

1.相手のタイムラインが見えれば友達

相互フォローを確認したい人のアイコン→ホーム画面下の「投稿」とタップし、次の画面でその人のタイムライン投稿が見られたら、それが相手に友達追加されている明確な証です。
ただ、タイムラインに投稿をしていない、もしくはタイムラインを非公開にしている人もいるので、確実な方法ではないということをご承知おきください。

2.無料電話がつながれば友達

無料電話はお互いが友達にならないと使えません。相手が電話に出てくれたら、バッチリです!
とはいえ、友達追加をしてくれている状態であっても、そもそも電話に出てくれない可能性もあります。だから、「電話に出てくれない」=「友達に追加してくれていない」とは言い切れないのでご注意を……。

3.長く既読マークがつかないときは黄色信号

LINEの設定の1つに「メッセージ受信拒否設定」というものがあります。
「設定」→「プライバシー管理」と進むと設定できるこの項目は、LINE上で友達ではない人からのメッセ―ジは受け取らないというもの。この設定をオンにしている人には、あなたが送ったメッセージは届かないので、既読がつくこともありません。長く既読がつかないときは、友達になっていない可能性を疑ってみたほうがいいかもしれません。
友達に追加してくれているかわからなくてモヤモヤ。そんな状態を回避するためには、LINE交換後すぐに確認し合うのがベスト! 対面で交換したなら、「友達追加できた?」と相手に聞き、ほかのメッセージアプリなどでID交換をしたら、そのアプリ上で確認するといった方法がいいかもしれませんね。

あなたにオススメ

青木美帆(あおき みほ)

ライター/エディター。バスケットボール専門誌の編集部を経て、バスケット、野球、サッカー、その他スポーツや教育の現場を奔走中。目標は日本のバスケット文化を豊かにすること。ITオンチ代表として、身近な疑問をやさしく丁寧に解決します。⇒twitterfacebook